アーカイブ - 2012年 8月 24日 - car

モンゴル、視聴覚障害者へのサービスの充実化

モンゴルにおいて、視覚障害者が無料のDAISYプレイヤーの配布を受けられるよう法律が改正され、7月1日に新しい法律が施行されたようです。ウランバートル市公共図書館においてDAISY図書作成等の支援をしてきたNPO団体EIFLが、記事を掲載しています。

Ref.
Mongolia library success sparks law change(EIFL 2012/8/22付けニュース)
http://www.eifl.net/news/mongolia-library-success-sparks-law-change

九都県市首脳会議の9都県市の公共図書館、同一テーマで企画展を開催

九都県市首脳会議の各都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)の公共図書館が、「自慢したい風景」をテーマとした企画展を、8月21日より順次開催するとのことです。この企画展は、第60回九都県市首脳会議において知識・情報資源としての図書館の活用について検討することが決定され、その一環として行われるものとのことです。

埼玉県立浦和図書館では、今回紹介した埼玉の「自慢したい風景」の投票を行い、ベスト10を後日発表するものとなっているようです。

Ref.
「九都県市立図書館「自慢したい風景」をテーマとした企画展」の実施について(報道発表)(2012/8/20付け 九都県市同時発表 報道発表資料)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2012/08/21m8k201.htm
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/press/2012/kikakuten.html

九都県市立図書館企画展「自慢したい風景」各図書館の実施概要
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2012/08/DATA/21m8k201.pdf

関東の9図書館が企画展「自慢したい風景」を開催(ReseMom)

「家のすぐ隣にあったらうれしい施設は何ですか?」図書館は3位

SUUMOなんでもランキングにおいて、家の隣にあると便利な施設についてのインターネット調査の結果が公表されています。調査は2012年3月に、20~49歳の男女対象として行われたもので、その結果(有効回答数392)によると、図書館は、スーパー、コンビニに続いて、第3位だったとのことです。

Ref.
SUUMOなんでもランキング 2012年8月22日付け
Vol.36 隣にあると便利な施設。1,2位は納得の結果に
http://suumo.jp/edit/kyotsu/ranking/index36.html

私立大学図書館協会が座談会「大学図書館と危機管理 - ふたつの大震災に学ぶ」の記録を公開

私立大学図書館協会が、2012年4月23日に立教大学で行われた座談会「大学図書館と危機管理 - ふたつの大震災に学ぶ」の記録を公開しています。

Ref.
座談会「大学図書館と危機管理 - ふたつの大震災に学ぶ」 (私立大学図書館協会2012/8/23付けお知らせ)
http://www.jaspul.org/sinsai/zadankai/index.html

学生に選ばれた良い大学図書館は?Princeton Review調査(米国)

プリンストン・レビュー(Princeton Review)の大学ランキングの最新版The Best 377 Colleges(2013 Edition)は62のカテゴリーについて、ランキングがしめされており、このうち、大学図書館に関するものには、‘Best College Library’ とその逆の評価となる‘This is a Library?’ 2項目があるとのことです。Library Journal誌が、この2項目について、それぞれのトップ20のリストを掲載しています。

Ref.
Princeton Review Student Survey Ranks College Libraries(Library Journal 2012/8/22付け記事)

The Princeton Review's College Rankings
http://www.princetonreview.com/college/college-rankings.aspx

シカゴ公共図書館が、めったにない罰金免除実施中

シカゴ公共図書館が、およそ20年ぶりに、延滞した場合に通常課せられる罰金を免除するプログラムを実施しています。罰金免除が適用される期間は8月20日から9月7日の3週間となっています。

8月23日付けのCicago Tribuneの記事によると、既に773冊の亡失図書(半年以上延滞していた本)が返却され、また6081冊の半年未満延滞された資料が返却されたとのことです。

なお、この罰金免除は、今年の8月に満月が2回あることにちなんで、“Once in a Blue Moon Amnesty”と名付け、めったにないことであることを強調して実施されているとのことです。

Ref.
CHICAGO PUBLIC LIBRARY OFFERS “BLUE MOON” FINE AMNESTY PROGRAM - Students Can Start the School Year with a Clean Slate(シカゴ公共図書館2012/8/6付けプレスリリース)
http://www.chipublib.org/aboutcpl/cplpr/2012/amnesty.php

Amnesty bringing in fine haul for library(Chicago Tribune 2012/8/21付け記事)

OCLC Research、ボーンデジタル資料の取扱いをどうしたらよいかわからない担当者のためのリポートを公開

OCLC Researchが、ボーンデジタル資料の取扱い方に関するリポート“You’ve Got to Walk Before You Can Run: First Steps for Managing Born-Digital Content Received on Physical Media”を公開しています。併せてYouTubeの動画も公開されています。

この資料は、OCLCが2010年に公開した調査報告“Taking Our Pulse: The OCLC Research Survey of Special Collections and Archives”において、大学・研究図書館においてボーンデジタル資料の管理が未成熟の状態にあるとの結果が出たことを踏まえて作成されたもののようです。

Ref.
New Report: "You've Got to Walk Before You Can Run: First Steps for Managing Born-Digital Content Received on Physical Media"(OCLC Research 2012/8/23付けニュース)
http://oclc.org/research/news/2012/08-23.html

IFLA、2011年の年報を公開

国際図書館連盟(IFLA)が2011年の年報を公表しています。

Ref.
Now available: 2011 IFLA Annual Report(2012/8/23付け)
http://www.ifla.org/en/news/now-available-2011-ifla-annual-report

RUSA、オンラインコース"Health Information 101"を継続教育ユニット(CEU)の単位認定コースとして提供

米国図書館協会(ALA)のレファレンス・利用者サービス協会(RUSA)では、2012年9月からオンラインコース"Health Information 101"をします。このコースは、ALAが昨年2011年に、国際継続教育訓練協会(IACET)にプログラムの提供者として公認されて以降、RUSAが提供するコースとしては初めて、継続教育ユニット(CEU)の単位を出すプログラムとして提供されるそうです。

"Health Information 101"は、主に、健康情報に関連するサービスに携わる公共図書館員を対象とするもので、9月17日から10月28日までの期間に行われるとのことです。

Ref.
RUSA’s Health Information 101 course now offers IACET CEUs; next offering in September, 2012(ALA 2012/8/21付けプレスリリース)

Health Information 101
http://www.ala.org/rusa/development/healthinfo

ALA becomes Authorized Provider of IACET Continuing Education Units(ALA 2012/1/10付けプレスリリース)