アーカイブ - 2012年 5月 29日 - car

Baker & Taylor社、視覚障害者の利用にも対応した電子書籍プラットフォーム“Axis 360”の新バージョンを発表

2012年5月22日、米国のBaker & Taylor社が、デジタルコレクション用プラットフォーム“Axis 360”の新バージョンを発表しました。今回のバージョンでは、全米視覚障害者団体(National Federation of the Blind:NFB)の協力を得て、音声読み上げに対応するなど視覚障害者による電子書籍の利用も可能になっているようです。

Axis 360
http://www.baker-taylor.com/axis360/

New Release of Axis 360 Provides Accessibility Solutions for the Blind(Baker & Taylor 2012/5/22付けニュース)
http://www.baker-taylor.com/viewnews.cfm?press_id=313&typ=c

米国議会図書館(LC)、2012年の“Preservation Week”におけるデジタル保存活動等を紹介

2012年5月25日に、米国議会図書館(LC)が、同館のブログ“The Signal”で、4月22日から28日まで開催された“Preservation Week”に関する記事を掲載しています。記事は、“Preservation Week”にけるデジタル保存に関する取り組みに焦点を当てたもので、ミシガン州やインディアナ州等での公共図書館での活動や、カリフォルニア大学サンディエゴ校図書館、ニューヨーク公共図書館等でのイベント等をまとめています。

また、5月25日同日の別のブログ記事として、全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム(NDIIPP)や国家デジタル管理連盟(NDSA)等を扱った7分間の紹介動画を公開しています。動画では、Tim O’Reilly氏やNDIIPPのMartha Anderson氏等によるデジタル保存に関する議論等が収録されているようです。

Librarians Helping Their Communities with Personal Digital Archiving (Library of Congress 2012/5/25付けのブログ記事)

英国国立公文書館、ヴィクトリア女王即位50年及び60年にまつわるコレクションのオンライン展示を公開

1952年に25歳で即位し、1953年6月2日に戴冠式を行った英国の女王エリザベス2世は、2012年6月2日に即位60年(Diamond Jubilee)を迎えます。それを記念して、英国国立公文書館(TNA)は、ヴィクトリア女王の即位50年(1887年)及び60年(1897年)の際に贈られた祝辞などのコレクションをまとめたオンライン展示を公開しました。同館は滅多に見ることのできない資料であるとしています。これらのコレクションは、専用ウェブサイト、Flickr、Historypinで公開されています。

New online display of rarely seen Victorian Jubilee records(The National Archives 2012/5/24付け記事)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/715.htm

To Her Most Excellent Majesty...(The National Archives)
http://www.nationalarchives.gov.uk/jubilee/

Loyal Addresses(Flickr)

スペイン国立図書館、大学と共同で第2回目となる図書館・文献遺産の修士課程・専門職講座受講生を募集中

2012年5月25日に、スペイン国立図書館が、マドリード・カルロス3世大学(Universidad Carlos III de Madrid)と共同で、図書館及び文献遺産に関する修士課程および専門職講座の受講生募集について発表しています。この講座は今回が第2期(2012-2013年)となるもので、図書館や文書館等で専門職として従事する際に必要なコンピテンシーを提供することを目的として実施され、授業は原則オンラインで行われるようです。

Máster en Bibliotecas y Patrimonio Documental (Biblioteca Nacional de España 2012/5/25付けの記事)
http://www.bne.es/es/AreaPrensa/noticias/BibliotecasYpatrimonio.html

Máster/Experto en Bibliotecas y Patrimonio Documental (Universidad Carlos III de Madrid 2012/3/21付けの記事)

日本語論文の書誌事項を文献管理ツールMendeleyへ正確に取りこむためのツール「日本語論文 to Mendeley」

株式会社アトラスが、2012年5月29日に、「日本語論文 to Mendeley」というツールを公開しました。文献管理ツールMendeleyでは、日本語論文のPDFをインポートした際に書誌事項がうまく登録されないことがあるそうですが、「日本語論文 to Mendeley」はそのような問題をCiNii APIを活用して改善したツールとのことです。

日本語論文 to Mendeley
http://addon.ej-labo.jp/mendeley/top

日本語論文を正確にMendeleyに取り込む“日本語論文 to Mendeley”のご紹介(でじラボ 2012/5/29付け記事)
http://www.ej-labo.jp/joee31bu3-13/#_13

参考:
PubMed・J-STAGE・CiNii・PLoSを同時検索できるiPhone/Androidアプリ「論文検索」に無料版が登場
http://current.ndl.go.jp/node/20592

PubMed、J-STAGE、CiNiiを同時に検索できるiPhoneアプリ「論文検索」がアップデート、Android版もリリースされる
http://current.ndl.go.jp/node/19831

総務省、「東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査結果」を公表

総務省が、2012年5月29日に、「東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査結果」を公表しました。この調査は、東日本大震災によって国民の情報行動やメディアへの信頼度等にどの程度の変化があったのかを検証する目的で行われたものです。2012年2月下旬から3月上旬にかけて、13歳から69歳までの男女2,256人対して郵送調査を行い、有効回答数は1,625人でした。

東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査結果(PDF:14ページ)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000160888.pdf

東日本大震災を契機とした情報行動の変化に関する調査結果の公表(総務省 2012/5/29付けニュース)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000009.html

Alma、Sierra、Kuali OLE、WorldShare、Intota―次世代図書館業務管理システム5製品の概要とその現状(文献紹介)

Serials Review誌に、米国ノースカロライナ州立大学図書館のウィルソン(Kristen Wilson)氏による“Introducing the Next Generation of Library Management Systems”という論文が掲載されています。現在は印刷中(in press)の段階ですが、電子ジャーナルでは公開されています。

この論文は、既に運用が始まっているものも含めて2012年内に出そろう予定の5種類の次世代型図書館業務管理システムについて、各ベンダの担当者へのアンケートを通じて判明した情報などについて整理し、各システムのスクリーンショットも交えて紹介するものです。対象となっているシステムは、Ex Libris社のAlma、Innovative Interfaces社のSierra、オープンソースのKuali OLE、OCLCのWorldShare Management Services、Serials Solutions社のIntotaです。

文部科学省、第1回「アカデミッククラウドに関する検討会」の配布資料を公開

文部科学省が、2012年4月27日に開催した、第1回「アカデミッククラウドに関する検討会」の配布資料を公開しました。

アカデミッククラウドに関する検討会(第1回)配付資料(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/027/shiryo/1321543.htm

参考:
文部科学省が「アカデミッククラウドに関する検討会」を開始
http://current.ndl.go.jp/node/20687

図書館問題研究会、佐賀県武雄市に対する要請「新・図書館構想における個人情報の扱いについて」を公表

図書館問題研究会が、佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長宛てに提出した「新・図書館構想における個人情報の扱いについて」(2012年5月22日付け)という要請の内容を公表しました。これは、2012年5月4日に発表された、武雄市図書館・歴史資料館とTSUTAYA等を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)との基本合意を受けて、同館における利用者の貸出履歴について慎重な取り扱いを求めるものです。

武雄市の新・図書館構想における個人情報の取り扱いについての要請(ともんけんウィークリー 2012/5/28付け記事)
http://tomonken-weekly.seesaa.net/article/272237982.html

参考:
佐賀県武雄市とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が同市図書館・歴史資料館の企画・運営に関して基本合意を締結
http://current.ndl.go.jp/node/20784