アーカイブ - 2012年 5月 22日 - car

公的助成研究のOA化を求めるオンライン請願書が"We the People"に公開、署名受付け中(米国)

オバマ政権が2011年9月に開始したオンライン請願のプラットホームである"We the People"において、公的資金を使い科学研究を行っているすべての連邦政府機関が、オープンアクセスポリシーを採用するよう求める請願書が公開されています。税金を使用して行われた科学研究の成果物を、納税者がより自由にアクセスできるようウェブ上に公開することを求めるものです。

現在、6月19日までに25000人の署名を集める目標が設定されており、これをクリアするとオバマ政権は正式な回答をすることになっています。現在までにオンラインでの署名に応じた人は既に5900人を超えています。

Ref.
Require free access over the Internet to scientific journal articles arising from taxpayer-funded research.(WhiteHouse "We the People" 2012/5/13付け)

英国図書館(BL)次期館長は英国放送協会(BBC)のキーティング氏に

英国図書館(BL)理事会が、同館次期館長に英国放送協会(BBC)のキーティング(Roly Keating)氏を指名しました。キーティング氏は、12年間館長職を務めたブリンドリー(Dame Lynne Brindley)現館長が2012年6月末で退任するのを受け、9月12日に着任予定です。1961年生まれのキーティング氏は、1983年にオックスフォード大学を卒業してBBCに就職、現在はアーカイブ部門のトップ(Director of Archive Content)を務め、BBC iPlayerなどのオンラインサービスを率いているとのことです。

British Library Board appoints new Chief Executive(BL 2012/5/10付けプレスリリース)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/British-Library-Board-appoints-new-Chief-Executive-597.aspx

Roly Keating appointed as Director of Archive Content(BBC 2008/7/22付けプレスリリース)

米OverDrive社による図書館向け電子書籍サービスの利用ログ分析レポート

米国の大手電子書籍ベンダOverDrive社が2012年4月に存在を明らかにした利用分析レポートが、ニュースサイト“INFOdocket”によって公開されています。“Library Media Network eBook Report: Summary of Select Traffic and User Behavior Statistics”と題された8ページのレポートで、2012年3月の利用ログを分析したものです。

Overdrive Library Media Network eBook Report (Big Data 1)
http://www.scribd.com/doc/94302507/Overdrive-Library-Media-Network-eBook-Report-Big-Data-1

Full Text: OverDrive’s Library Media Network eBook Report (Big Data #1)(INFOdocket 2012/5/21付け記事)
http://www.infodocket.com/2012/05/21/full-text-overdrives-library-media-network-ebook-report-big-data-1/

参考:

有名なフレーズの一語を“Librarian”に変えるツイートが増殖中?

2012年5月21日付けのHuff Post Booksの記事によると、主に英語圏のTwitterで、小説や映画、テレビ番組等で登場する有名なフレーズ等の一語を“Librarian”に変えてつぶやく「遊び」が行なわれているようです。Huff Post Booksの記事では、ウィリアム・ゴールドマンの小説“The Princess Bride”に登場するフレーズをもじった、“Hello. My name is Inigo Montoya. You killed my librarian. Prepare to die.”等のツイートが紹介されています。なお、ハッシュタグ“#replaceawordwithlibrarian”で検索すると、多数のツイートを見ることができます。

“#replaceawordwithlibrarian”でのTwitter検索結果
https://twitter.com/#!/search/%23replaceawordwithlibrarian

OCLC、ONIX for Booksバージョン3.0とMARC21のマッピングに関するレポートを公開

OCLCが、2012年5月21日に、“A Crosswalk from ONIX Version 3.0 for Books to MARC 21”と題したレポートを公表しました。これは、出版社の標準化団体EDItEURが策定しているメタデータフォーマット“ONIX for Books”のバージョン3.0と、AACR2で記述されたMARC21フォーマットのマッピングに関するもので、フォーマット間のクロスウォーク(変換表)もあわせて公開されています。

A Crosswalk from ONIX Version 3.0 for Books to MARC 21(PDF:42ページ)
http://www.oclc.org/research/publications/library/2012/2012-04.pdf

A Crosswalk from ONIX Version 3.0 for Books to MARC 21
http://www.oclc.org/research/publications/library/2012/2012-04r.htm

Godby: A Crosswalk from ONIX Version 3.0 for Books to MARC 21(OCLC 2012/5/21付けニュース)

「この本すごく良かった!」を共有・発信するハーバード大学図書館の“Awesome Box”プロジェクトが試行的に実施

米国ハーバード大学の図書館ラボが2011年12月に第3期の支援対象プロジェクトとして発表した“Awesome Box”が、同大学図書館で試行的に実施されています。2012年5月17日付けの図書館ラボの記事によると、この“Awesome Box”とは、利用者が図書館資料を読んで役立ったり、楽しんだり、あるいは、衝撃を受けたりしたと感じた場合に、その資料を他の利用者にも広めるために利用されるサービスです。具体的には、利用者にはその図書館資料を返却する際に、通常の返却ボックスではなく“Awesome Box”に返却してもらい、図書館員が返却業務の際にバーコードを読み込むことで、“Awesome”な資料として登録されます。“Awesome Box”に返却された資料のデータは、RSSフィードやTwitter、APIを通じて提供されるとともに、「最近の評価の高い(Awesome)資料」としてウェブページでも公開されているようです。

Awesome at the Harvard Library
http://librarycloud.org/awesome/

Awesome Box Pilot (The Harvard Library Innovation Laboratory 2012/5/17付けの記事)

米ウィスコンシン大学図書館がレスポンシブウェブデザインを採用した新しいOPACを発表

2012年5月21日に、米国のウィスコンシン大学図書館が、15年以上稼働してきたOPACを刷新する新OPACを発表しました。同大学の860万点の資料が検索できるようになっています。レスポンシブウェブデザインが採用されており、iPadやスマートフォンで閲覧した際にはそれらに適した画面表示になるようです。このOPACは、Ruby on Railsを用いて開発されており、検索エンジンにはApache Solrが使用されているとのことです。今後はパーソナライズ機能の実装やデジタルコンテンツの更なる追加などが予定されています。

Catalog - UW-Madison Libraries
http://search.library.wisc.edu/

Online library searching just got better(ウィスコンシン大学 2012/5/21付けニュース)
http://www.news.wisc.edu/20706

Introducing the Redesigned New Catalog(新OPACのブログ 2012/4/30付け記事)
http://search.library.wisconsin.edu/moving-forward/?p=1023

大日本印刷・雄松堂書店・丸善による人文・社会科学系学術情報ポータルサイト“J-DAC”がサービス開始

2012年5月21日、大日本印刷株式会社・株式会社雄松堂書店・丸善株式会社の3社が共同で開発・運営する人文・社会科学系学術情報ポータルサイト“J-DAC”(Japan Digital Archives Center)が正式にサービスを開始しました。インフォコム株式会社が構想の初期段階から構築に携わっています。現在は「企業史料統合データベース」が提供されています。

J-DAC
http://j-dac.jp/

インフォコムのデジタルアーカイブシステム構築のノウハウを活かした人文・社会系大型学術情報ポータルサイトJ-DACがサービスを開始~研究資源の共有化と円滑な利用を実現~(インフォコム 2012/05/21付けプレスリリース)
http://www.infocom.co.jp/info/press/2012/p12052101.html

Patron Profiles誌の最新特集は、図書館のウェブサイトとバーチャルサービス

“Patron Profiles”の最新号で、図書館のウェブサイトとバーチャルサービスが取り上げられているようです。

"Patron Profiles"は、Library Journalが2011年に創刊した新しい刊行物であり、毎号、公共図書館利用者を対象にした調査データに基づき、図書館が利用者のニーズと選好にあったサービスを展開するためのアドバイス等を提供しています。

Ref.
Latest Patron Profiles(2012/5/19)
http://lj.libraryjournal.com/2012/05/opinion/bubble-room/latest-patron-profiles/

参考
Patron Profiles UNDERSTANDING THE BEHAVIOR & PREFERENCES OF U.S. PUBLIC LIBRARY USERS
http://www.thedigitalshift.com/research/patron-profiles/