アーカイブ - 2012年 4月 18日 - car

東日本大震災の津波で流出した茨城県五浦海岸の「六角堂」が再建される

東日本大震災の津波で流出した茨城県の「六角堂」が再建され、2012年4月17日に完成式が行われました。4月28日より一般公開されます。六角堂は、正式には「茨城大学五浦美術文化研究所六角堂」という名称で、岡倉天心が設計した木造建築物です。2012年2月に流出を理由に抹消されるまでは国の登録有形文化財にも登録されていました。再建費用の約4,000万円の大半は寄付で賄われたそうです。

六角堂復活、復興に弾み 津波で流失、周辺住民「感無量」(MSN産経ニュース 2012/4/18付け記事)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120418/ibr12041802070004-n1.htm

六角堂、再び 再建完了、28日から公開(東京新聞 2012/4/18付け記事)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012041802000110.html

「復興シンボルに」六角堂の完工祝う(茨城新聞ニュース 2012/4/18付け記事)
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13346710784330

六角堂等復興基金の募集等について(茨城大学)
http://www.ibaraki.ac.jp/donation/

ブルーシールド、シリアの文化財保護に関して2度目の声明

IFLA(国際図書館連盟)のアナウンスメントによると、ブルーシールドが、混乱の続くシリアにおける文化財の保護について、2度目の声明を公表したとのことです。

(※現時点でブルーシールドのウェブサイトでは原文未掲載)

Ref.
Blue Shield - 2nd Statement on Syria (IFLA 2012/4/16付けのアナウンスメント)
http://www.ifla.org/en/news/blue-shield-2nd-statement-on-syria

参考:
E688 - ブルーシールド―危険に瀕する文化遺産の保護のために<文献紹介>No.112 2007.08.29
http://current.ndl.go.jp/e688

英JISCの研究グループがモバイル端末向けの図書館サービスインフラを議論するコミュニティサイトを公開

2012年4月17日に、英国のJISCが2011年11月から2012年9月まで実施している、モバイル端末向けの図書館サービスインフラの研究プロジェクト“Mobile Infrastructure for Libraries”が、その研究プロジェクトの一環としてコミュニティサイトを公開しました。このウェブサイトでは、モバイル端末向けの図書館サービスインフラ等について議論するためのもので、現在「コンテンツ」「技術」「サービス」「一般」「ポリシーと戦略」の5つのグループが開設されています。ログインしなくても議論の内容を閲覧できますが、プロジェクトは積極的な登録参加を呼び掛けています。

m-libraries online community
http://www.m-libraries.info/community/

東京大学、「働く」をテーマにした学部生によるインタビュー集をEPUB形式の電子書籍としてiTunesUで無償公開

2012年4月12日、東京大学は、EPUB形式の電子書籍「東大発2012」を、iTunesUで無償公開しました。この「東大発2012」は、2011年度に同大学の教養学部で開講された授業「メディア創造ワークショップ」の成果物です。「メディア創造ワークショップ」は、「働く」というテーマに基づいて、学生が主体的にグループで議論し、取材対象と自らの主張を考え、実際に学外へインタビューに出向いて、それらを映像とテキストにまとめる内容となっています。この度公開された「東大発2012」では、そのインタビューの記録等が収録されているとのことです。

「東大発2012」(EPUB版)
http://itunes.apple.com/jp/course/dong-da-fa2012/id518239744

「東大発2012」(PDF版)
http://www.he.u-tokyo.ac.jp/todaihatsu2012.pdf

研究データキュレーションに関する文献リストが公開

ブログ“Digital Koans”を運営し、様々なトピックに関する文献リストを作成・しているベイリー(Charles W. Bailey, Jr.)氏が、2012年4月15日に、研究データキュレーションに関する文献リストを公開しました。現在100本以上の英語文献等が掲載されています。

Research Data Curation Bibliography
http://digital-scholarship.org/rdcb/rdcb.htm

Research Data Curation Bibliography(Digital Koans 2012/4/15付け記事)
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2012/04/15/research-data-curation-bibliography/

参考:
電子学位論文に関する英文文献リスト第6版が公開
http://current.ndl.go.jp/node/19945

学術情報のデジタル出版に関する文献リストが15周年を迎える
http://current.ndl.go.jp/node/19415

eサイエンスと大学図書館に関する英語文献リスト第1版が公開

山口県の野田学園が県内住民にも貸出を行う地域開放型の学校図書館を開館

山口県山口市の野田学園に2012年4月17日に地域住民に開放された新図書館が開館し、オープニングセレモニーが行われました。新図書館は、同じく新しく建てられた体育館の1階に設けられており、約11,000冊を所蔵、同県内在住であれば2冊まで1週間借りることができるそうです。日曜日は休館ですが夏休み等も利用可能とのことです。

野田学園に地域開放型の新図書館(山口県)(NNNニュース 2012/4/17付けニュース)
http://news24.jp/nnn/news8702104.html

野田学園図書館のオープニングセレモニーを行いました。(野田学園 2012/4/17付けお知らせ)
http://www.nodagakuen.ed.jp/s/news/news/detail.php?nowpage=index&detailID=964

平成22年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について(文部科学省)(地域開放に関する調査も行われています)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/06/1306743.htm

参考:
各務原市が地域住民に学校図書館を開放 市立中央図書館の本の予約・受け取りも
http://current.ndl.go.jp/node/19102

カーリルの対応図書館が6,000館を突破

カーリルの対応図書館が2012年4月18日に6,000館を突破しました。6,000館目は滋賀県の栗東市立図書館でした。2010年3月のスタート時には約4,300館に対応していたそうです。

カーリルの対応図書館が6000館を突破しました(カーリルのブログ 2012/4/18付け記事)
http://blog.calil.jp/2012/04/6000.html

参考:
E1035 - 「カーリルの中の人」が語る「カーリル」の裏側
http://current.ndl.go.jp/e1035

2010年の日本の“Library of the Year”の大賞は「カーリル」に
http://current.ndl.go.jp/node/17174

OCLC会長のジョーダン氏、14年間の在職期間をLibrary Jounral誌で語る

2012年6月30日で退職する予定の米国のOCLCの会長兼CEOジョーダン(Jay Jordan)氏のインタビュー記事が、Library Journal誌に掲載されています。

OCLC創設の原則と在職期間中に遂行された事業拡大との関係をどう考えるか、非営利組織の立場が企業との競争において不当なアドバンテージであったと考えるか、などの論点について語っています。

Ref.
End of an Era at OCLC: Jay Jordan Reflects on His 14-Year Tenure (Library Journal誌 2012/4/17付けの記事)
http://lj.libraryjournal.com/2012/04/people/end-of-an-era-at-oclc-jay-jordan-reflects-on-his-14-year-tenure/

ハリケーン被害のニューオーリンズの図書館、この春に予定されていた4分館再開館完了

2005年8月末に米国南東部を襲ったハリケーン「カトリーナ」によって被害を受けたニューオリーンズ公共図書館では、この3月から4月にかけて、4分館の開館を予定していました。すでにRosa F. Keller、Norman Mayer、Robert E. Smithの3館の開館が開館し、さらにNew Orleans Eastも開館したとのことです。4館の建設費は、合計2,460万ドルだったとのことです。

カトリーナの災害から7周年になる夏には、さらにもう1館の開館が予定されています。

Ref.
Katrina-Damaged Libraries Reopen (Library Journal誌 2012/4/17付けの記事)

参考:
ニューオーリンズの図書館はいま−カトリーナから6年半 Posted 2012年3月22日
http://current.ndl.go.jp/node/20448

世界の美しい公共図書館25館(記事紹介)

2012年4月16日に、Flavorwireが、世界の美しい公共図書館25館を紹介している“The 25 Most Beautiful Public Libraries in the World”という記事を掲載しています。記事では、ノルウェーのVenneslaにあるVennesla Library and Culture Houseやカナダのバンクーバーにある中央公共図書館、英国のブリストル中央図書館のほかに、日本からは石川県の金沢海みらい図書館と宮城県のせんだいメディアテークが取り上げられています。

The 25 Most Beautiful Public Libraries in the World (Flavorwire 2012/4/16付けの記事)
http://flavorwire.com/280318/the-25-most-beautiful-public-libraries-in-the-world?all=1

参考:
世界の美しい書斎・私設図書館20軒(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/20357

Huffington Post、世界の美しい図書館を紹介
http://current.ndl.go.jp/node/15696

世界の美しい図書館13館、WebUrbanistが紹介

英国図書館が、非印刷出版物の法定納本に関する規則案に対し意見書を公表(英国)

英国の文化・メディア・スポーツ省(DCMS)から出されている、オンライン資料等の非印刷出版物の法定納本に関する規則案に対し、英国図書館(BL)が意見を公表しています。
小規模事業に対してモラトリアムを設定していること、著作権保護期間後も納本資料の利用に制限が残ることについて、特に懸念を示しています。

Ref.
The British Library submits response to DCMS consultation on non-print legal deposit(英国図書館 2012/4/17付けプレスリリース)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/The-British-Library-submits-response-to-DCMS-consultation-on-non-print-legal-deposit-58d.aspx

Consultation on the Draft Legal Deposit Libraries (non-print works) Regulations 2013 - Response from The British Library (英国図書館 2012/4/17付け資料)