アーカイブ - 2012年 2月 29日 - car

静岡大学附属図書館、図書館業務システムをクラウドへ移行

2012年2月29日、静岡大学附属図書館が、2月に図書館業務システムを更新し、館内システムを全面クラウド化したと発表しました。同大学では、2010年3月から学内情報システムのサーバ類を学外のデータセンターへ移してクラウドでの運用を行っており、今回の更新では、そのクラウド環境上に図書館業務システムを構築したということのようです。これによって、コスト削減の他、災害によってキャンパスが被災した際のデータ保護等のメリットがあるとされています。先立って、同大学の学術リポジトリもクラウドへ移行していたようです。

2012年2月 静大OPAC・myLibraryリニューアル(静岡大学附属図書館)
http://www.lib.shizuoka.ac.jp/top/?ils

静岡大学附属図書館、システムの全面クラウド化を達成(静岡大学附属図書館)
http://www.lib.shizuoka.ac.jp/top/?ils2

[drf:2106] 静岡大学学術リポジトリはパブリッククラウドに移行しました(DRF-ML 2010/11/5付けメール)
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drfml/msg02094.html

国文学研究資料館、広島大学附属図書館所蔵の読本43点をデジタル化して公開

2012年2月29日、国文学研究資料館が「所蔵機関との連携による日本古典籍デジタル画像データベース~平成23年度科学研究費補助金に基づく広島大学附属図書館所蔵「読本」コレクションの画像公開~」を公開しました。同データベースは、古典籍資料を多数所蔵する機関と連携して、同館のウェブサイト上でそれらのデジタル化画像を公開するというものです。今回は、広島大学附属図書館が所蔵している200点超の読本コレクションのうち、43点が公開されたようです。

所蔵機関との連携による日本古典籍デジタル画像データベース
http://base1.nijl.ac.jp/~micro/DIDJRB/

電子資料館(国文学研究資料館)
http://www.nijl.ac.jp/pages/database/

【イベント】大学図書館改革と電子書籍:電子学術書利用実験プロジェクトの成果報告(3/12・慶應義塾大学)

2012年3月12日午後、慶應義塾大学メディアセンターと大学出版部協会の共催で、公開シンポジウム「大学図書館改革と電子書籍:電子学術書利用実験プロジェクトの成果報告」が開催されるそうです。シンポジウムでは、同大学が2010年12月から2012年3月にかけて実施している「電子学術書利用実験プロジェクト」の成果報告がなされ、合わせて、2012年度に計画中の共同実験についても紹介されるそうです。また、実験に参加した学生と出版社との対話や、「大学図書館改革と電子書籍」と題したディスカッションも行われるとのことです。

公開シンポジウム「大学図書館改革と電子書籍:電子学術書利用実験プロジェクトの成果報告」3月12日開催(慶應義塾大学 2012/2/29付けプレスリリース)
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2011/kr7a430000099x2r-att/120229_1.pdf

電子学術書利用実験プロジェクト
http://project.lib.keio.ac.jp/ebookp/

参考:
慶應義塾大学メディアセンター、学術書デジタル化実証実験のアンケート結果とデジタル化資料のリストを公開
http://current.ndl.go.jp/node/18559

メタデータ基盤協議会、「メタデータ情報共有のためのガイドライン」のEPUB版及びKindle版を公開

一般社団法人メタデータ基盤協議会が、2012年2月28日に、「メタデータ情報共有のためのガイドライン」のEPUB版及びKindle版を公開しました。同団体は、2010年度の総務省「新ICT利活用サービス創出支援事業」のひとつである「メタデータ情報基盤構築事業」での成果(同ガイドライン含む)を発展させることを目的として2011年7月に設立されたものです。

メタデータ情報共有のためのガイドライン(EPUB版/Kindle版)
http://logical-web.com/logibooks/metaguide.html

メタデータ情報共有のためのガイドライン(PDF版)
http://www.mi3.or.jp/item/A03.pdf

報告書 / ガイドライン(メタデータ基盤協議会)
http://www.mi3.or.jp/origin/report-guideline.html

「メタデータ情報共有のためのガイドライン」EPUB版/Kindle版公開のご案内(メタデータ基盤協議会 2012/2/28付けニュース)
http://www.mi3.or.jp/news/epubkindle.html

参考:
メタデータレジストリ“Meta Bridge”のアカウント登録受付が開始

Google、被災地のストリートビュー公開地域を拡大し、おみせフォトやスペシャルコレクションにもコンテンツを追加

Googleは、2011年12月から東日本大震災被災地の画像をストリートビューで公開していますが、2012年2月29日からその公開対象地域が6県47市町村に拡大し、新たに福島県石川郡玉川村と東白川郡矢祭町の記録も追加したと発表しています。また、合わせて、東北のビジネスを支援する活動の一環として、店内の様子を見ることができる「おみせフォト」に被災地のお店・旅館など数百店舗を追加し、さらに、ストリートビューのスペシャルコレクションに、2011年に世界遺産に登録された岩手県平泉の観自在王院跡等を追加したそうです。

被災地域のストリートビュー、対象エリアを拡大しました(Google Japan Blog 2012/2/29付け記事)
http://googlejapan.blogspot.com/2012/02/blog-post.html

2012年東亜図書館協会(CEAL)年次大会で東日本大震災に関するプログラムが開催

2012年3月15日から18日にかけてカナダのトロントで東亜図書館協会(CEAL)年次大会が行われます。3月15日には、CEAL日本資料委員会の主催で、東日本大震災をテーマとしたプログラムが設けられるようです。米国議会図書館(LC)のMari Nakahara氏による「東日本大震災から学んだことと伝えたいこと」と題したプレゼンテーション及びパネルディスカッションに続いて、東北大学史料館・曽根原理氏から「東北大学図書館及び史料館の災害報告と現在の活動」、SaveMLAKプロジェクト・岡本真氏から「事業継続計画と被災資料のノウハウ」、LC・ロブ(Andrew Robb)氏から「2006年に米国で発生したハリケーン『カトリーナ』と『リタ』による教訓」、ケンタッキー大学図書館・日沖和子氏から「災害への準備及び復興に向けた戦略」という報告が行われるようです。

Japanese Materials Committee Agenda 2012 (CEAL News 2012/2/28付け記事)
http://cealnews.blogspot.com/2012/02/japanese-materials-committee-agenda.html

2012 AAS Conference Schedule for CEAL and Related Meetings

国立公文書館が研究紀要『北の丸』第44号を公開 10年に及ぶ国立大学からの民事判決原本の移管業務のまとめ等が掲載

2012年2月28日に、国立公文書館が、同館の研究紀要『北の丸』第44号の全文をウェブサイトで公開しました。『北の丸』第44号では、徳川将軍家の蔵書(いわゆる紅葉山文庫)を管理する書物方の業務日誌の紹介を行っている「書物方年代記(3)」や、国立公文書館が所蔵する漢籍についてその書物の内容・著者・伝来等を解説した「当館所蔵漢籍の「宋版」及び「元版」の解題(2)」のほか、2011年に完了した国立大学からの民事判決原本の移管について、その10年余りの業務をまとめた「国立大学からの民事判決原本の移管完了について」等が掲載されているようです。

北の丸 第44号(平成24年1月)
http://www.archives.go.jp/about/publication/kita/044.html

EIFLによる途上国におけるオープンアクセス推進助成プログラムの成果(記事紹介)

欧州の国際的なNPO団体であるEIFLは、EIFLが実施している途上国におけるオープンアクセス(OA)推進助成プログラム“EIFL-OA”の成果について、2012年2月28日に報告しています。報告記事によると、この“EIFL-OA”では、2011年にアフリカや東欧の11の図書館・図書館コンソーシアムに対し助成を行ったようです。その結果、1,700名以上の各国の政策立案者や研究者、出版社、図書館員等がOAに関するワークショップ等のイベントに参加、7つの言語でOAに関する教育資料等が作成され、30のOAリポジトリが設立、3つの大学でOA出版のイニシアティブがとられることに繋がったとのことです。さらに記事では、ボツワナ、ガーナ、エストニア、リトアニア、ウクライナ等の各国での主な成果について紹介しています。

京都大学図書館機構、『京都大学百年史』を機関リポジトリで公開

2012年2月17日に、京都大学図書館機構が、『京都大学百年史』(京都大学百年史編集委員会編. 1997-2001.)を同大学の機関リポジトリKURENAIで公開したようです。同書は、これまでに京都大学電子図書館で、図、表、写真を除いた状態で公開されていたようです。

京都大学百年史を公開 (京都大学図書館機構 2012/2/17付けの記事)
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress2/index.php?p=166