アーカイブ - 2011年 9月 20日 - car

米国の特許制度が先願主義へと転換

2011年9月16日、オバマ大統領が米国特許法改正案“America Invents Act”に署名し、米国の特許制度は「先発明主義」から国際的に主流である「先願主義」へと転換することになったそうです。施行は2013年になるそうです。

米特許改革法案が成立 2013年春から先願主義に(ITmedia 2011/9/17付けニュース)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1109/17/news015.html

米特許制度が先願主義に転換へ、オバマ大統領が改正案に署名(ITpro 2011/9/20付けニュース)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110920/368897/

EBSCO社、2012年の学術雑誌価格上昇の予測値を4~6%と発表

2011年9月15日、米EBSCO社が、2012年における学術雑誌の価格上昇の予測値についてまとめた“Serials Price Projections for 2012”を公表しました。それによると、全体として4~6%の上昇になるとのことです。これは外国為替レートを考慮しない場合の数値で、考慮に入れたものはp.3に掲載されています。予測値は大小の出版社からの情報や過去の価格データなどから算出されているそうです。

Serials Price Projections for 2012
http://www2.ebsco.com/en-us/Documents/customer/price_projections_2012.pdf

EBSCO Releases Serials Price Projections for 2012 (EBSCO 2011/9/15付けニュース)
http://www2.ebsco.com/en-us/NewsCenter/Pages/ViewArticle.aspx?QSID=494

Serials Price Projections for 2011
http://www2.ebsco.com/en-us/Documents/customer/SerialsPriceProjectionReport-2011.pdf

英国図書館のiPadアプリ“eBook Treasures”にオリジナル版『地底の国のアリスの冒険』が追加

英国図書館(BL)所蔵の貴重書をiPadで閲覧できる“eBook Treasures”シリーズに『地底の国のアリスの冒険』(Alice's Adventures Underground)が追加されたそうです。ルイス・キャロルの手稿による、1864年にアリス・リデルに贈られたオリジナル版とのことです。2011年9月18日から2週間は無料でダウンロードできるようです。

Alice's Adventures for the iPad
http://www.ebooktreasures.org/alices-adventures-underground/

参考:
英国図書館、iPadでダ・ヴィンチの手稿などの貴重書が閲覧できる“eBook Treasures”シリーズを提供開始
http://current.ndl.go.jp/node/18849

ワールド・ワイド・ウェブ財団、ウェブの影響を測る多元的評価指標“World Wide Web Index”を作成へ

2011年9月12日、ワールド・ワイド・ウェブ財団(World Wide Web Foundation)が“World Wide Web Index”というプロジェクトを発表しました。Google社から100万米ドルの助成を受けているそうです。プレスリリース文によると、これは、ウェブと、その世界中の人々への影響を測る、世界で初めての多元的な評価指標であり、政治的、経済的、社会的、開発指標、Webへの接続やインフラ、といった様々な観点から構成されているとのことです。最初のバージョンは2012年初めにリリースされる予定で、以後、最低5年間は毎年発表されるそうです。

The World Wide Web Index
http://www.webfoundation.org/2011/09/the-web-index/

国立国会図書館調査局、東日本大震災特集の『レファレンス』No.728を刊行

国立国会図書館は、調査及び立法考査局による刊行物『レファレンス』No.728を東日本大震災特集とし、以下のような記事を掲載しています。

・東日本大震災と国土計画の今後の課題(山口広文)
・被災者の生活支援と雇用対策の現状と課題(中川秀空)
・東日本大震災における災害情報提供について―メディアの特徴的変化と今後の課題―(岡村光章)

レファレンス
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/2011/index.html

13万点以上の地図資料を地図・年代・縮尺によって検索する“Kartenportal”(スイス)

D-Lib Magazineの2011年9/10月号に掲載された論文“MapRank: Geographical Search for Cartographic Materials in Libraries”で、スイスの大学図書館・国立図書館の総合目録“SwissBib”に収録された地図資料を、地図・年代・縮尺によって検索する“Kartenportal”というウェブサイトが紹介されていました。地図上をドラッグして探したい範囲を選び、年代と縮尺を設定すると、サイト右側に検索結果が表示されます。論文によると、これは、スイスの電子図書館プロジェクトe-lib.chの下で、SwissBibに含まれる13万点の地図資料(2011年7月時点)を直感的なユーザインタフェース検索するために開発されたシステムで、SwissBibの書誌レコードをOAI-PMHでハーベストした後に書誌レコード(MARC21フォーマット)の034及び255フィールドを利用して検索インデクスを作成しているようです。また、地図による検索のためにMapRankというアルゴリズムも使用されているようです。

Kartenportal.CH: Geographical Search (beta)
http://kartenportal.mapranksearch.com/en/

【イベント】国立国会図書館、フランス国立視聴覚研究所(INA)のテルッジ氏による講演会を開催(10/18)

国立国会図書館は、2011年10月18日に、フランス国立視聴覚研究所(L'Institut national de l'audiovisuel: INA)の調査研究部長のダニエル・テルッジ氏による講演会を東京本館で開催します。INAはラジオ、テレビなどの視聴覚資料のアーカイブであり、コンテンツの収集、保存、利用を推進するとともに、調査研究活動や研修教育プログラムの提供も行っています。講演に引き続き、テルッジ氏、大路幹生氏(株式会社 NHKエンタープライズ)、長尾真国立国会図書館長による鼎談を予定しています。

音響と映像のアーカイブ—フランス国立視聴覚研究所(INA)ダニエル・テルッジ氏講演会(国立国会図書館 イベント・展示会情報)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/111018lecture.html

Internet Archiveでダウンロードできる電子書籍の数が300万点を突破

Internet Archiveのサイトから無料でダウンロードできる電子書籍の数が300万点を突破したそうです。300万点目はカナダのトロント大学の貴重書コレクションに含まれているガリレオの小冊子だったそうです。Internet Archiveは、2005年のデジタル化スタート以降約200万点をデジタル化してきており、その他の100万点はProject Gutenbergといったデジタル化プロジェクトによってアップロードされたものなどだそうです。発表記事には以下の統計も紹介されています。

・6か国の27図書館で100人以上がスキャン作業に従事
・1日に1000冊以上の書籍がデジタル化
・コストは1ページにつき10セント
・Archive.orgを訪問するユーザは1日に100万人以上
・ダウンロード・閲覧される書籍は1か月に約1,000万点
・1日に約2,000点の視覚障害者・ディスレクシア向けの書籍がダウンロードされている

米ユタ大学、Innovative Interfaces社のクラウド型図書館システムSierraを導入へ 他社からの乗り換えは初

2011年9月16日付けのInnovative Interfaces社の発表によると、米国のユタ大学が同社のクラウド型図書館システム“Sierra”の導入を決定したそうです。同大学は現在SirsiDynix社のSymphonyというシステムを使用しており、他社システムからSierraへと乗り換える図書館は初とのことです。Sierraは2011年後半に最初のリリースが予定されています。

Utah State University Selects the Sierra Services Platform (Innovative Interfaces 2011/9/16付けプレスリリース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=504

Sierra
http://sierra.iii.com/

ミシガン大学、著作権調査の不備を認めHathiTrustでの孤児作品プロジェクトを一時中止へ

ミシガン大学図書館は、デジタル化資料の共同リポジトリHathiTrust内の著作権者が特定できない「孤児作品」の利用を開始するというプロジェクトを一時中止することを、2011年9月16日付けで発表しました。同大学が調査を経て公表していた「孤児作品候補」リストの作品の中には、著作権者が簡単に判明する事例があることが指摘されていました。リストの作品は早いものでは2011年10月からの利用開始が想定されていましたが、同大学は、著作権調査に不備があったことを認め、プロセスの見直しを行った後にプロジェクトを再開したいとしています。同時に、リストを公表したことで著作権者が判明したこと、公開前に周知期間をおいていたために著作権で保護されている資料が公開されることはなかったことも記しています。なお、HathiTrustのサイトで公開されていた候補リストは撤回されています。

U-M Library statement on the Orphan Works Project(ミシガン大学図書館 2011/9/16付けニュース)
http://www.lib.umich.edu/news/u-m-library-statement-orphan-works-project

【イベント】シンポジウム「東日本大震災の記録とその活用~311まるごとアーカイブスの目指すもの~」(岩手・10/8)

2011年10月8日、岩手県の遠野市民センターで、シンポジウム「東日本大震災の記録とその活用~311まるごとアーカイブスの目指すもの~」が開催されるそうです。シンポジウムは「アーカイブスの【データを集める】」「アーカイブスの【データを活用する】」「アーカイブスの【データを世界に発信する】」の3部に分かれており、311まるごとアーカイブスの取組の紹介や、米ハーバード大学ライシャワー日本研究所所長のアンドリュー・ゴードン教授を交えたパネルディスカッションなどが催されるようです。

東日本大震災の記録とその活用~311まるごとアーカイブスの目指すもの~
http://311archives.jp/index.php?gid=10398

参考:
防災科学技術研究所等による「東日本大震災・公民協働災害復興まるごとデジタルアーカイブス」(311まるごとアーカイブス)のウェブサイトが公開
http://current.ndl.go.jp/node/18709

国立国会図書館とハーバード大学、東日本大震災に関するデジタルアーカイブ共同事業に関する協定を締結
http://current.ndl.go.jp/node/19025

saveMLAKプロジェクト、ハーバード大学「2011東日本大震災デジタルアーカイブ」プロジェクトと提携を発表

福井県立図書館、入館者数と貸出冊数が人口比で全国1位に 入館者数は8年連続

福井県立図書館が、2010年度の同館(若狭図書学習センター含む)の入館者数と貸出冊数が県人口比で全国1位だったと発表しました。入館者数は738,823人(0.913)で8年連続全国1位に、これまで7年連続全国2位だった貸出冊数は852,710冊(1.053冊/人)で1位になったそうです。

福井県立図書館の入館者数、貸出冊数ともに日本一!(福井県立図書館 2011/9/9付けお知らせ)
http://www.library.pref.fukui.jp/info/news/nippon1.pdf

県立図書館:昨年度入館者と貸出冊数、人口比で全国一 若者への取り組み奏功 /福井(毎日jp 2011/9/19付けニュース)
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20110919ddlk18040306000c.html

参考:
岡山県立図書館、来館者数・貸出冊数共に6年連続全国1位 購入冊数も1位に返り咲き
http://current.ndl.go.jp/node/19015

E967 - 福井県立図書館「覚え違いタイトル集」ができるまで
http://current.ndl.go.jp/e967

福井県立図書館、TwitterとFacebookでの情報発信を開始