アーカイブ - 2011年 6月 2日 - car

文部科学省、2010年度の「学校図書館の現状に関する調査」の結果を公表

文部科学省が、2010年度の「学校図書館の現状に関する調査」の結果を公表しています。司書教諭等の配置状況や図書の整備状況、読書活動の状況等を調査したもので、概要として、下記の点が示されています。
・司書教諭を必ず置くこととされている12学級以上の学校での発令状況は、小・中学校では若干の増加又は前回と同値だったものの、高等学校では若干減少している。
・蔵書冊数は小・中学校では増加しているものの、高等学校では減少している。また、学校図書館図書標準を達成している学校の割合は小・中学校でそれぞれ増加しているものの、その割合は未だ低い状況。
・読書活動の状況については、多くの小・中学校において全校一斉の読書活動等が行われるなど、概ね取組が進んでいると考えられる。

平成22年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について(文部科学省 2011/6/1付けの報道発表)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/06/1306743.htm

文部科学省、公式Facebookページを開設

文部科学省が公式のFacebookページを開設したようです。

文部科学省 Facebook
http://www.facebook.com/mextjapan

文部科学省公式Facebookページの開設について (文部科学省 2011/6/2付けの報道発表)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/06/1306766.htm

参考:
外務省がTwitterとFacebookの公式アカウントを開設
http://current.ndl.go.jp/node/18318

文部科学省が公式Twitterアカウントを3つ同時に開設
http://current.ndl.go.jp/node/17667

スペイン国立図書館、歴史的録音資料のインターネット提供を開始

2011年6月1日にスペイン国立図書館(BNE)が、同館の所蔵しているレコード等の歴史的録音資料のインターネット提供を開始しました。今回公開されたのは、1924年から1943年までのオペラやソナタ、タンゴ等の作品約460点で、それらは同館の電子図書館“Biblioteca Digital Hispánica”を通じて視聴できるようです。BNEは、所蔵している1900年代のレコード資料約21,000点を順次デジタル化し、提供すると発表しています。

Registro sonoro musical (Biblioteca Digital Hispánicaに登録されている歴史的録音資料の一覧)

米国議会図書館(LC)、デジタル情報の保存に関するブログ“The Signal: Digital Preservation”を開設

米国議会図書館(LC)が、2011年5月31日にデジタル情報の保存に関するブログ“The Signal: Digital Preservation”を開設したようです。6月1日付けの記事“What Do Teenagers Know About Digital Preservation? Actually, More Than You Think…”では、LCの図書館員らが8年生の生徒たちに講義を行った経験について紹介されています。デジタル情報の中でも10代の子どもたちにとって身近なデジタル写真の保存をテーマとして取り上げ、FacebookなどのSNSにアップロードした写真はサイトの消滅によって消える可能性がある、どのようなデバイス・場所に保存するのが最適か、といった内容について話したそうです。同記事では、生徒のほとんどはデジタル写真のデータが「危うい」状態にあることを認識しており、多くは適切なバックアップを行っていたことに喜びとともに驚いた、と記されています。

The Signal: Digital Preservation (LC)
http://blogs.loc.gov/digitalpreservation/

コペンハーゲンからベルリンへ、“Cycling for Libraries”快走中!

2011年5月28日から6月5日頃にかけて、欧州の図書館員等が、デンマークのコペンハーゲンからドイツのベルリンまでを自転車で走破するプロジェクト“Cycling for Libraries”を開催しています。このプロジェクトは、ベルリンまでの約650kmを走る間に世界中から100人の図書館員を集めること、そして、走行ルートにそってセミナーを開催し図書館分野の戦略課題について議論することを目的としているとのことです。また最終日の6月7日には、ベルリンで開催される図書館会議でイベントを行うようです。“Cycling for Libraries”のウェブサイトには、道中の写真等が掲載されているほか、ハッシュタグ“#cyc4lib”を使用してTwitterでサイクリングの様子を紹介しています。

Cycling for Libraries
http://www.cyclingforlibraries.org/

国際図書館連盟(IFLA)が連盟の歴史を知るためのウェブページを開設

2011年6月1日に、国際図書館連盟(IFLA)がIFLAの歴史を知るためのウェブページを開設しました。公開された“IFLA's History”では、IFLA創設期以来の歴史的文書や1977年に刊行されたIFLA50年史等のPDF、過去のIFLA大会の開催地や歴代会長の任期等の記録が掲載されているようです。

IFLA's History
http://www.ifla.org/en/history

IFLA 'history corner' established (IFLA 2011/6/1付けの記事)
http://www.ifla.org/en/news/ifla-history-corner-established

米国大学出版協会(AAUP)、協会加盟の出版局のデジタル出版戦略を調査したレポートを公開

2011年5月24日に米国大学出版協会(AAUP)が“Digital Book Publishing in the AAUP Community Survey Report”の2011年春期版を公開しました。これは、AAUP加盟の出版局がどの程度デジタル出版戦略を取り入れているか等について調査したものとのことです。今回の調査は、2009年冬期の調査に続いて2回目とのことで、調査にはAAUP加盟出版局の55%にあたる71の出版局が回答したようです。その結果、回答した全ての出版局が少なくとも2つのデジタル出版戦略を掲げていること等が明らかになったようです。

Digital Book Publishing in the AAUP Community Survey Report: Spring 2011 (PDF版)
http://www.aaupnet.org/images/stories/data/2011digitalsurveyreport.pdf

Digital Book Publishing Strategies in the AAUP Community (AAUPの報告書掲載ページ)

Googleブックス訴訟、和解案の今後に関するヒアリングが開催されるも結論は7月に先送りに

2011年3月にGoogleブックス訴訟に関する和解案を連邦地方裁判所が認めなかったことを受け、和解案の再修正や今後の対応についての関係者からのヒアリングが6月1日に開催されましたが、引き続き協議するための期間の延長要求が出版社側の弁護士から出され、7月19日に再度ヒアリングを行うことになったとのことです。ヒアリングは当初4月25日に予定されていたものが6月1日に延期となっていたものです。

まだまだ続くGoogle Book Search和解問題、Google側が和解案の再修正に難色、7月19日まで結論を延期(hon.jp Daywatch 2011/6/2付けの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/2437/

No Progress on Google Book Settlement Talks(Publisers Weekly 2011/6/1付けの記事)
http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/copyright/article/47490-no-progress-on-google-book-settlement-talks.html

米国国立公文書館(NARA)の「ウィキペディアン・イン・レジデンス」

米国国立公文書館(NARA)が、同館初の「ウィキペディアン・イン・レジデンス」(Wikipedian in Residence)として、ボストンの大学院生が選ばれたと発表しています。NARAとWikipedianコミュニティとの連携役としての役割が期待されているとのことです。「ウィキペディアン・イン・レジデンス」は、ある機関に関するWikipediaの記述を促進するために、その機関のインターン等として活動するもので、これまでに大英博物館やスミソニアン協会等での例があるようです。

National Archives announces First "Wikipedian in Residence"(NARA 2011/6/1付けのプレスリリース)
http://www.archives.gov/press/press-releases/2011/nr11-130.html

Meet Our Wikipedian in Residence: Dominic McDevitt-Parks(NARAのブログNARAtion 2011/6/1付けの記事)
http://blogs.archives.gov/online-public-access/?p=5054

東北大学附属図書館、「創立百周年記念サイト」を公開

2011年6月14日に創立100周年を迎える東北大学附属図書館が、「創立百周年記念サイト」を公開しています。関連して、6月14日に「100回目の誕生日に贈る「図書館へのメッセージ」」、「本を借りたらゲット!記念日限定グッズ」という記念イベントが催されるようです。

東北大学附属図書館創立百周年記念サイト
http://tul.library.tohoku.ac.jp/pub/100/

参考:
東北大学図書館、大学創立100周年記念行事を次々に企画
http://current.ndl.go.jp/node/6332

学校図書館の機能強化を目的とした「学校図書館活性化協議会」が設立

2011年6月1日、学校図書館の機能強化を目的とした「学校図書館活性化協議会」が設立されたそうです。同協議会には、子どもの未来を考える議員連盟、文字・活字文化推進機構、学校図書館整備推進会議が参加し、学校司書の全校配置や司書教諭の専任化、読書指導と図書館活用ができる教員養成、新聞配備の促進などを目指して政策提言などの活動を行っていく、とのことです。

学校図書館活性化へ議員・民間が協議会設立(Yahoo!ニュース 2011/6/2付けニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110602-00000078-yom-soci