アーカイブ - 2011年 5月 16日 - car

デジタルリテラシーに関するポータルサイト“DigitalLiteracy.gov”がオープン(米国)

2011年5月13日、米国商務省の米国電気通信情報庁が他の9つの政府機関と共に、デジタルリテラシーに関するポータルサイト“DigitalLiteracy.gov”を立ち上げました。図書館、大学、学校、職業訓練センターなどに、コンピュータやインターネットのスキルについて教えるための情報やツールなどを提供することを目的としていているそうです。

DigitalLiteracy.gov
http://www.digitalliteracy.gov/

地震直後の手書きの『石巻日日新聞』、日本新聞博物館で展示中

東日本大震災の被災地宮城県の石巻日日新聞社が地震直後の6日間に手書きで作成し避難所等に貼り出されていた『石巻日日新聞』が、横浜市の日本新聞博物館で展示されているそうです。神奈川新聞社の2011年5月15日付け報道によると、同新聞は毎日6部ずつ製作されたそうですが、6日分全て揃っているのは今回展示されているものを含めて2セットのみだそうです。もう1セットは米国の報道博物館“Newseum”に寄贈されています。

石巻日日新聞の手書き壁新聞(日本新聞博物館)
http://newspark.jp/newspark/new/sinnsai.html#0514

「どんな状況でも光を」、震災伝えた石巻日日新聞社の壁新聞が日本新聞博物館で国内初展示/横浜(神奈川新聞社のニュースサイト「カナロコ」 2011/5/15付けニュース)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1105150012/

Library Journalが選ぶ、優れた図書館建築ランキング“New Landmark Libraries”(米国)

2011年5月15日、米国のLibrary Journal誌が“New Landmark Libraries”と題した図書館建築ランキングを発表しました。過去6年間にオープンした米国の公共図書館から、図書館員と建築家からなる審査員によって選ばれた、優れた建築の公共図書館が20館(うち10館は選外佳作)紹介されています。第1位はイリノイ州のポプラ・クリーク公共図書館(Poplar Creek Public Library)でした。同誌は2012年に大学図書館版を実施する予定と述べています。

LJ's New Landmark Libraries (Library Journal 2011/5/15付け記事)
http://www.libraryjournal.com/lj/home/890303-264/ljs_new_landmark_libraries.html.csp

LJ's New Landmark Library | Poplar Creek Public Library (Library Journal 第1位に選ばれた図書館の紹介)
http://www.libraryjournal.com/lj/ljinprintcurrentissue/890280-403/ljs_new_landmark_library_.html.csp

奈良文化財研究所、「木簡人名データベース」を正式公開

2011年5月13日、奈良文化財研究所が東京大学史料編纂所との共同開発した「木簡人名データベース」を正式公開しました。このデータベースは登場する人名で木簡を検索するもので、人名の同定識別が行われているため異なる表記でも検索が可能とのことです。検索結果からは同研究所の木簡画像データベースへリンクされています。

奈良文化財研究所 木簡人名データベース
http://jinmei.nabunken.go.jp/mokkan_name/

木簡人名データベース公開しました!(奈文研の木簡総合コミュニティサイト「木簡ひろば」 2011/5/13付けニュース)
http://hiroba.nabunken.go.jp/advancenews/list/19.html

国際子ども図書館、「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」の2010年度の活動成果を公開

国立国会図書館の国際子ども図書館では、2010年度と2011年度で「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」を実施しています。2011年5月11日に、2010年度の活動成果を国際子ども図書館のホームページに公開しました。

学校図書館との連携による学習支援プロジェクト
http://www.kodomo.go.jp/promote/school/project.html

参考:
国際子ども図書館、「学校図書館との連携による学習支援プロジェクト」の2010年度のフィードバックミーティングの内容をまとめた資料を公開
http://current.ndl.go.jp/node/17827

国立国会図書館国際子ども図書館、学校図書館との連携による学習支援プロジェクトを開始
http://current.ndl.go.jp/node/17637

国際子ども図書館、東日本大震災復興のための支援に「学校図書館セット貸出し」

国立国会図書館の国際子ども図書館では、東日本大震災で被災した地域とその周辺の学校に「学校図書館セット貸出し」を往復の送料無料で貸し出します。1学期分は、2011年5月20日(金)までの間、青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉6県の学校図書館とこれに準ずる施設からの申し込みを受け付けています。利用期間の目安は、6月2日(木)~7月19日(火)です。

東日本大震災 復興のための支援(国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/promote/school/rent/support.html

OCLC、ILLで依頼の多い資料と謝絶理由のランキングを公開

OCLCがILL(図書館相互貸借)システム“WorldCat Resource Sharing”によるILLのランキングを2種類公開しています。1つは“Top 1,000 interlibrary loan request”というILLリクエスト件数が多かった図書・雑誌のランキングで、データ集計範囲は2009年7月1日~2010年6月30日です。2011年夏には2010年~2011年のデータに更新される予定だそうです。もう1つは“Top reasons for no”というILLリクエストの謝絶理由のランキングで、列「2010」は2009年7月~2010年6月の、列「2011」は2010年7月~2010年12月のデータです。

Top 1,000 interlibrary loan requests (OCLC)
http://www.oclc.org/us/en/resourcesharing/statistics/toprequests.htm

Top reasons for no (OCLC)
http://www.oclc.org/us/en/resourcesharing/statistics/reasonsforno.htm

WorldCat Resource Sharing facts and statistics (OCLC)

オーストラリア国立図書館による新聞デジタル化、500万ページを突破

2011年5月13日に、オーストラリア国立図書館(NLA)は、同館の行っている新聞のデジタル化が500万ページを突破したと発表したようです。デジタル化された新聞資料は、同館の情報検索システム“Trove”を通じて提供されています。なお、同館の発表によると、デジタル化した新聞資料を積み重ねるとウルル(エアーズロック)よりも2メートル高い、とのことです。

Trove > Digitised newspapers and more
http://trove.nla.gov.au/newspaper

5 million newspaper pages now available, stacked up that's 2m taller than Uluru! (Trove 2011/5/13付けのニュース)
http://trove.nla.gov.au/forum/showthread.php?438-5-million-newspaper-pages-now-available-stacked-up-that-s-2m-taller-than-Uluru!

5 Million Newspaper pages! (National Library of Australia Blog 2011/5/13付けのニュース)