アーカイブ - 2011年 4月 - car

4月 28日

全米人文科学基金(NEH)、2011年度前半のデジタル人文学の助成対象プロジェクトを公表

全米人文科学基金(NEH)が、2011年度前半(4月-9月)の助成対象となるデジタル人文学(Digital Humanities)の22のプロジェクトを公表しています。ニューヨーク公共図書館のレストランメニューのコレクションを使った、一般人も参加できるクラウドソーシングによる料理の歴史の研究のためのツール開発プロジェクトも含まれています。

NEH Announces 22 New Digital Humanities Start-Up Grants (April 2011)(NEH 2011/4/19付けの発表)
http://www.neh.gov/ODH/ODHHome/tabid/36/EntryId/161/NEH-Announces-22-New-Digital-Humanities-Start-Up-Grants-April-2011.aspx

NEH Office of Digital Humanities Awards 22 New Digital Humanities Start-Up Grants(DigitalKoans 2011/4/27付けの記事)

震災の被災者へ海外から届いた応援メッセージの写真記録 「世界の"絆"グラフ」が無料公開

株式会社インプレスR&Dが、同社の電子雑誌「OnDeck」の特別号として、東日本大震災の被災者への世界各国から応援メッセージの写真と解説文を掲載した写真記録 「世界の"絆"グラフ」を無料公開しています。OnDeckのサイトでEPUB版、PDF版、Kindle版がダウンロードできます。

OnDeck
http://on-deck.jp/

関係者と協業で、世界と被災者の絆を、電子出版でつなぐ 69の国と地域、108点のメッセージ 「世界の“絆”グラフ(電子版)」 2011年4月27日 に発行 東日本大震災の被災者へ 海外から届いた応援メッセージの写真記録(インプレスR&D 2011/4/27付け発表)
http://www.impressrd.jp/news/110427/ondeck-kizuna

ゾンビ漫画で図書館利用方法を紹介するガイドブック(米国)

米国カンザス州にあるマクファーソン大学ミラー図書館(Miller Library, McPherson College)が、ゾンビを使った漫画で図書館利用方法を紹介する“Library of the Living Dead”というガイドブックを作成しています。物語はゾンビに襲われそうになった利用者が図書館員に助けられて館内に入るところからスタートします。

Library of the Living Dead: Your Guide to Miller Library at McPherson College (PDF)
http://blogs.mcpherson.edu/library/wp-content/uploads/2011/03/Library-of-the-Living-Dead-Online-Edition.pdf

文部科学省、「教育の情報化ビジョン」を公表

2011年4月28日に、文部科学省が「教育の情報化ビジョン」を公表しました。これは、2010年4月22日以後、文部科学省が今後の学校教育(初等中等教育段階)の情報化に関する総合的な推進方策について検討を行う「学校教育の情報化に関する懇談会」を開催し、同年8月に取りまとめられた「教育の情報化ビジョン(骨子)」を基に、更なる検討を進めた結果がまとめられたものとのことです。

「教育の情報化ビジョン」の公表について (文部科学省 2011/4/28付けの情報)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305484.htm

米国アーキビスト協会(SAA)が協会発行の絶版資料をHathiTrustを通じて提供

2011年4月27日に、米国アーキビスト協会(SAA)が、同協会発行の絶版資料をHathiTrustで提供すると発表したようです。提供される資料はミシガン大学やインディアナ大学等でGoogleがデジタル化したものとのことで、概ね1970年代から1990年代に刊行された資料のようです。なお、公開された資料はクリエイティブコモンズライセンスが適用されているとのことです。

SAA Books and HathiTrust (Society of American Archivists 2011/4付けのニュース)
http://www2.archivists.org/news/2011/saa-books-and-hathitrust

東京文化財研究所、「東北地方太平洋沖地震 被災文化財救援事業」のウェブサイトを公開

2011年4月27日、国立文化財機構東京文化財研究所がウェブサイト「東北地方太平洋沖地震 被災文化財救援事業」を公開しました。同研究所が設置した東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会による文化財レスキュー活動の動きなどがまとめられています。

東北地方太平洋沖地震 被災文化財救援事業
http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue.html

東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会設置要項(東京文化財研究所 2011/4/15付け)
http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/110427_setup.pdf

国際子ども図書館、第2次基本計画を策定

国立国会図書館国際子ども図書館が第2次基本計画を策定しました。新館建設・改修が完了する2015年度に実現を目指すサービスと、その基盤となる施設・組織の整備に関する基本的な方針について書かれています。

国際子ども図書館 第2次基本計画(2011年3月29日策定)
http://www.kodomo.go.jp/about/law/basicplan2.html

4月 27日

文化庁、「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」への申請を受付中

文化庁が、都道府県・市町村による文化遺産を活用した取組に対して補助金を交付する「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」への申請を受け付けています。補助対象となる事業は、(1)地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業、(2)ミュージアム活性化支援事業、(3)重要文化財建造物等公開活用事業、(4)史跡等及び埋蔵文化財公開活用事業、の4種類です。申請締切は2011年5月16日(東日本大震災により困難な場合は5月31日)までだそうです。

文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shinko_kasseika/index.html

文化庁トップページ(公募・採用の欄に4月15日掲載とあり)
http://www.bunka.go.jp/index.html

千葉大学、「出版が変わる 学びが変わる-大学教育改革と電子出版のクロスロードに立つ図書館-」の講演動画を公開

2011年2月28日行われた、千葉大学と大日本印刷株式会社の共催シンポジウム「出版が変わる 学びが変わる-大学教育改革と電子出版のクロスロードに立つ図書館-」の講演動画・資料が公開されています。千葉大学のアカデミック・リンク、電子出版、Ustreamによる講義配信システムなどに関する講演・パネルディスカッションが行われたようです。

出版が変わる 学びが変わる-大学教育改革と電子出版のクロスロードに立つ図書館-(千葉大学アカデミック・リンク・センター)
http://alc.chiba-u.jp/cudnp_sympo20110228/report.html

(当日のプログラム)
http://alc.chiba-u.jp/cudnp_sympo20110228/index.html

米国議会図書館(LC)、南北戦争時の写真をFlickrにアップして情報を募る

米国議会図書館(LC)にリリェクイスト(Liljenquist)家から寄贈された約700枚の写真から成るコレクション“The Last Full Measure: Civil War Photographs from the Liljenquist Family Collection”には、南北戦争時代の兵士やその家族たちの姿が多数残っていますが、彼らがどういった人物だったのかなど、ほとんどが詳細不明のままだそうです。LCはこれらの写真をFlickrにアップロードして情報を募っています。

Civil War Faces (Flickr)
http://www.flickr.com/photos/library_of_congress/sets/72157625520211184/

Help the Library of Congress solve a mystery (Boulder Weekly 2011/4/26付けニュース)
http://www.boulderweekly.com/article-5461-help-the-library-of-congress-solve-a-mystery.html

米Innovative Interfaces社、新しい図書館システム“Sierra Services Platform”を発表

2011年4月26日、米国の図書館システムベンダInnovative Interfaces社が“Sierra Services Platform”という新しい図書館システムの概要について発表しました。Sierraは2011年後半に最初のリリースが予定されており、その特徴として、 PostgreSQLやApache Lucene等のオープンソースソフトウェアの活用、APIの提供、電子リソースのサポート、図書館の開発したカスタムアプリケーションを導入館で共有可能、クラウド版・ローカル動作版を選択可能、同社の図書館システムMillenniumの機能を100%引き継ぐ、等が挙げられています。なお、ALA TechSource誌にブリーディング(Marshall Breeding)氏による解説が掲載されています。

Innovative Announces Sierra Services Platform Development (Innovative Interfaces 2011/4/26付けプレスリリース)
http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=490

国立国会図書館調査局、調査リポート「東日本大震災の概況と政策課題」を刊行

国立国会図書館は、調査及び立法考査局による刊行物『調査と情報-ISSUE BRIEF-』シリーズのNo.708として、「東日本大震災の概況と政策課題」を2011年4月26日付けで刊行し、ウェブで公開しました。東日本大震災の概況、これまでの政府等の対応、当面するいくつかの主要課題について、概ね4月13日時点での情報にもとづき整理したものです。

東日本大震災の概況と政策課題(PDF:37ページ)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/pdf/0708.pdf

参考:
国立国会図書館調査局が「東日本大震災に伴う税制上の特例措置」を刊行
http://current.ndl.go.jp/node/17995

「中国障害者電子図書館」が公開される

2011年4月23日の「世界本と著作権の日」に併せて、中国障害者連合会(中国残疾人联合会)と中国国家図書館(中国国家图书馆)の共同運営による「中国障害者電子図書館」(中国残疾人数字图书馆)が公開されたそうです。中国障害者電子図書館に会員登録した利用者は、通常は中国国家図書館に来館しないと読むことができない国家図書館の電子化図書や有料の電子書籍・電子ジャーナル等を、中国障害者電子図書館を通じて自宅で利用することができるようです。なお、中国障害者電子図書館の公開と併せて、全国障害者読書指導委員会(全国残疾人阅读指导委员会)という組織も発足されたようです。

中国残疾人数字图书馆
http://dlpwd.nlc.gov.cn//index.htm

牵手残疾人 走进图书馆“全国残疾人阅读指导委员会”在京成立 (中国残疾人联合会 2011/4/23付けのニュース)
http://www.cdpf.org.cn/mrxx/content/2011-04/23/content_30326681.htm

关于成立全国残疾人阅读指导委员会并组织残疾人开展读书活动的通知 (中国国家图书馆及び中国残疾人联合会のプレスリリース)
http://www.nlc.gov.cn/dsr2011/pdf/42301.pdf

SPARC Japan、第7回・第8回のセミナーの講演内容等を公開

2011年4月22日にSPARC Japanが、1月14日に開催した第7回SPARC Japanセミナー2010「著者IDの動向」と、2月3日に開催した第8回SPARC Japanセミナー2010「世界における”日本の論文/日本の学術誌”のインパクト」それぞれの講演内容と開催報告をウェブサイトで公開したようです。

第7回SPARC Japanセミナーのドキュメント、開催報告を公開しました。 (SPARC Japan 2011/4/22付けのニュース)
http://www.nii.ac.jp/sparc/2011/04/7sparc_japan_1.html

第8回SPARC Japanセミナーのドキュメント、開催報告を公開しました。 (SPARC Japan 2011/4/22付けのニュース)
http://www.nii.ac.jp/sparc/2011/04/8sparc_japan_1.html

博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)解散後の文書館支援は英国国立公文書館(TNA)の担当に

2011年4月20日に英国のバイジィ(Ed Vaizey)文化相は、博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)解散後の2012年4月から、MLAが担当していた同国の2,000を超す文書館への支援の任務を、英国国立公文書館(TNA)が引き継ぐことになったと発表したようです。文化・メディア・スポーツ省のプレスリリースによると、バイジィ文化相は、「これまでMLAとTNAが文書館部門を支援してきたことに感謝を申し上げたい。また、TNAが今後この重要な管理者としての任務を果たしてくれるであろうことを確信している」と述べているようです。

The National Archives to be advocate for the archive sector (The National Archive 2011/4/20付けのニュース)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/565.htm

The National Archives will take on the leadership role for the archives sector(Department for Culture, Media ad Sport 2011/4/20付けのプレスリリース)

京都大学防災研究所、阪神・淡路大震災時に設立の「被災者復興支援会議」の資料を収録したデータベースを公開

2011年4月8日に、京都大学防災研究所巨大災害研究センターが「被災者復興支援会議資料データベース」を公開したようです。同センターの説明によると、このデータベースは、阪神・淡路大震災後に、行政と被災した人々の間と繋ぐ「中間組織」として設立された「被災者復興支援会議」の活動記録と会議で利用された全資料を集めたものとのことで、東日本大震災の被災者支援を考える上で非常に重要なデータであると考え、公開したとのことです。

被災者復興支援会議資料データベース
http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/hukko_shien/index.htm

京都大学防災研究所巨大災害研究センターのウェブサイト(2011/4/8付けのお知らせに上記データベースへのリンクがあります。)
http://www-drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/top.html

米国Amazon.com社、作家紹介等を行う“Backstory”を公開

2011年4月25日に、米国Amazon.com社が、作家紹介等を行う“Backstory”というページを開設したようです。開設に際して“Backstory”では作家へのインタビューを行った動画を“Author Interviews@Amazon”として公開しており、利用者はAmazon.comのFacebookやブログ“Omnivaracious”を通じて、自分のお気に入りの作家に対して質問を投稿することができるようです。

Backstory
http://www.amazon.com/b?node=390923011

Amazon Books Launches Author Interview Series: "Author Interviews@Amazon" (Amazon.com 2011/4/25付けのニュース)
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1553912

米Amazonが作家紹介コーナー「The Backstory」をオープン、読者が有名著作者に質問も (hon.jp 2011/4/26付けの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/2331/

4月 26日

沖縄県立図書館が『沖縄県立図書館100周年記念誌』を刊行

2011年4月26日付けの沖縄県立図書館のお知らせによると、同館が2010年に創立100周年を迎えたことから、記念事業のひとつとして記念誌を発刊したとのことです。記念誌は同館で閲覧等ができるほか、同県内の各関係機関等にも配付されたようです。

『沖縄県立図書館100周年記念誌』発刊 (沖縄県立図書館 2011/4/26付けのお知らせ)
http://www.library.pref.okinawa.jp/okilib/oshirase/100_kinensi/index.html

米国シカゴ大学図書館のニュースサイトがリニューアル

米国シカゴ大学図書館の提供するニュースサイトが、リニューアルされていたようです。同サイトでは、同館のイベントや提供サービスのお知らせだけでなく、「ビジネス・経済」「人文・社会科学」「法律」「科学」「特殊コレクション」の5つの主題それぞれについて、広く図書館に関するニュースを提供しているようです。

University of Chicago Library News
http://news.lib.uchicago.edu/

「図書館かわいいプロジェクト」、ウェブマガジン『Libkawaii』のサイトを開設

「図書館かわいいプロジェクト」による、「図書館×かわいい」をコンセプトとしたウェブマガジン『Libkawaii』のサイトが開設されています。ウェブマガジンの刊行頻度は季刊で、2011年7月に第1号を公開予定とのことです。

Libkawaii | 図書館かわいいプロジェクト
http://libkawaii.com/

(コンセプト)
http://libkawaii.com/concept.html

ページ