アーカイブ - 2011年 3月 - car

3月 31日

Serials Solutions社、HathiTrustの全文検索サービスを開始へ

Serials Solutions社は、米国の大学等による共同リポジトリHathiTrustと提携し、HathiTrustに収録されている資料の全文検索を、同社のディスカバリサービスSummonで行えるようにすると発表しています。HathiTrustの840万点、30億ページの資料が検索できるようになるとのことです。

Serials Solutions to Enable Full-Text Search of the HathiTrust Collection from the Summon™ Service(Serials Solutions 2011/3/28付けのプレスリリース)
http://www.serialssolutions.com/news/detail/serials-solutions-summon-full-text-hathitrust-collection/

科学技術振興機構(JST)、災害対応に携わる機関へJDreamIIを無料提供

科学技術振興機構(JST)が、震災への対応として、復興・医療等の災害対応に携わる機関・団体に対し、科学技術文献有料データベース「JDreamII」を無料提供しています。

災害対応に携わる機関へのJDreamII無料提供について(JSTのウェブサイトの情報)
http://pr.jst.go.jp/new/info20110328.html

文化庁、東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援事業(文化財レスキュー事業)の実施へ

2011年3月31日に、文化庁が、東北地方太平洋沖地震によって被災した動産文化財(美術工芸品等)を中心に緊急に保全するとともに、我が国の貴重な文化財の廃棄・散逸を防止するため、「東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援事業」(文化財レスキュー事業)を実施すると発表しました。報道発表資料によると、事業の内容は、地震等による直接の被災や、被災地各県内の社寺、個人及び博物館・美術館・資料館等の保存・展示施設の倒壊又は倒壊等の恐れ等により、緊急に保全措置を必要とする文化財等について、救出し、応急措置をし、当該県内又は周辺都県の博物館等保存機能のある施設での一時保管を行うというもののようです。対象となる文化財等は、国・地方の指定等の有無を問わず、当面、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料、有形民俗文化財等の動産文化財及び美術品を中心とするとのことです。なお、同事業は2011年4月1日から2012年3月31日までとのことです。

東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援事業(文化財レスキュー事業)について (文化庁 2011/3/31付けの報道発表)
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/tohokujishin_kanren/pdf/bunkazai_rescue_jigyo.pdf

※2011-06-30追記

市町村史の電子書籍販売としては全国初、沖縄県西原町史の電子書籍(iPad版)

2011年3月31日付けの琉球新報の記事によると、情報サービス業のNanseiと沖縄県西原町が、西原町史の一部を電子書籍化し、iPad版での販売を開始したようです。Nanseiによると、市町村史の電子書籍販売は全国初とのことで、電子書籍化された町史は、「戦時記録」「移民記録」「別巻(民話編)」の3巻とのことです。

西原町史を電子書籍化 Nansei、全国初iPad版販売 (琉球新報 2011/3/31付けの記事)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-175500-storytopic-4.html

長崎原爆資料館が所蔵する写真資料をウェブサイトで公開

2011年3月30日に長崎原爆資料館が、同館の収蔵する写真資料の公開を始めたようです。

収蔵品検索 (長崎原爆資料館のウェブサイト)
http://www.city-nagasaki-a-bomb-museum-db.jp/

国立国語研究所、米国議会図書館(LC)所蔵の『源氏物語』翻刻本文(桐壺から藤裏葉まで)を試験公開

2011年3月24日に国立国語研究所が、同研究所のウェブサイトで、米国議会図書館(LC)所蔵の『源氏物語』翻刻本文(桐壺から藤裏葉までの33巻)の試験公開を始めたようです。

米国議会図書館蔵『源氏物語』翻刻本文 (国立国語研究所のウェブサイト)
http://www.ninjal.ac.jp/LCgenji/

資料が正しく配架されているかを確認できるアプリが開発中(米国)

2011年3月27日付けのReadWriteWebの記事で、米国マイアミ大学の拡張現実研究グループ(Augmented Reality Research Group)が開発している、アンドロイド用アプリが紹介されています。これは拡張現実(AR)の技術を用い、アンドロイド端末のカメラを通じて資料が正しく配架されているかどうかを確認することができるものとのことです。間違った並びになっている場合には、間違った場所にある資料に「×」印が表示されるようですが、現在のところ、タグの認識が難しい児童書等の薄い本での利用で課題が残されているとのことです。

Awesome Augmented Reality App Could Save Librarians Hours (ReadWriteWeb 2011/3/27付けの記事)
http://www.readwriteweb.com/archives/awesome_augmented_reality_app_could_save_librarian.php

地震に負けず掲げられ続けている茨城県立図書館のJリーグ・クラブチームのフラッグ

東北地方太平洋沖地震で被災した茨城県立図書館に掲げられたプロサッカーリーグ「Jリーグ」のクラブチームのフラッグが、復興に立ち向かう地元の象徴として紹介されています。茨城空港開港1周年の記念展示に伴って、茨城県内のクラブチームと、同空港が結ぶ北海道と神戸のクラブチーム、合計4つのクラブチームのフラッグが2011年3月8日から館内のエントランスホールに掲げられ、地震の後も落ちることなく掲げられ続けているとのことです。

【茨城県立図書館より】被災者に勇気を与える、東日本大震災で被災した茨城県立図書館に掲げられた鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホックのフラッグ(11.03.30)(J's GOAL 2011/3/30付けの記事)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00116685.html

大阪府立図書館が基本方針と重点目標を策定し、そのためのアクションプランを公開

大阪府立図書館が、「大阪の未来をつくる図書館をめざして - 大阪府立図書館の基本方針と重点目標」を策定し、2011年3月30日に公開しました。また、同日には、その基本方針と重点目標を具現化するための活動計画として、「アクションプラン」も公開しています。「アクションプラン」と併せて、図書館活動の運営・改善に役立て、サービスの向上に努めるために活動評価を実施するとし、その評価方法等の詳細を解説しています。

大阪の未来をつくる図書館をめざして 大阪府立図書館の基本方針と重点目標 (大阪府立図書館 2011/3/30付けの情報)
http://www.library.pref.osaka.jp/lib/hyoka/juten2010.html

「アクション・プラン」と活動評価 (大阪府立図書館 2011/3/30付けの情報)
http://www.library.pref.osaka.jp/lib/hyoka/hyoka.html

3月 30日

新潟県立図書館、被災地に対し「復旧復興関連文献の送信提供サービス」を開始

新潟県立図書館は、東北地方太平洋沖地震による被災地域の住民を対象にした「復旧復興関連文献の送信提供サービス」の開始を発表しています。中越地震・中越沖地震の震災復旧・復興に関する図書・文献を紹介するとともに、ファクシミリ、Eメールにより提供するものとのことです。
・期間:2011年4月30日まで
・対象地域:青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、
・紹介資料:中越地震・中越沖地震の震災復旧・復興に関する文献(※文献リストは近日中に公開)
・送付手段:ファクシミリ、緊急性が高い又は他に通信手段がない場合はEメール

「復旧復興関連文献の送信提供サービス」の開始について(新潟県立図書館 2011/3/30付けのお知らせ)
http://www.pref-lib.niigata.niigata.jp/news/sinsaisienkatudo.html

英国王立協会が各国の科学論文数等を分析、中国等新興国の伸張が明らかに

2011年3月28日に英国王立協会(Royal Society)が“Knowledge, Networks and Nations: Global scientific collaboration in the 21st century”と題するレポートを公開しています。これは、エルゼビア社の協力の下Scopusを用いて各国の科学論文数等を分析することで、世界の科学研究の動向を調査したもののようです。これにより、米国や西欧、日本がけん引してきた科学研究の世界において、中国やブラジル、インド等の新興国が伸張していることが明らかになったとのことです。レポートでは、この結果を基に、気候変動等の現代のグローバルな課題に対応するために、国際的な科学研究の協同の重要性を唱えているようです。

Knowledge, Networks and Nations: Global scientific collaboration in the 21st century
http://royalsociety.org/uploadedFiles/Royal_Society_Content/Influencing_Policy/Reports/2011-03-28-Knowledge-networks-nations.pdf

孤児作品等著作物の権利関係の明確化とその情報提供を目指した、欧州の国立図書館等のプロジェクト“ARROW”

欧州委員会(EC)の“eContentplus”というプログラムの下で進められていたプロジェクト“ARROW”(Accessible Registries of Rights Information and Orphan Works towards Europeana)が、2011年3月10日に開催されたカンファレンスでこれまでの成果報告を行っています。“ARROW”は、欧州デジタル図書館“Europeana”の関連プロジェクトとして、欧州の国立図書館や出版者等のコンソーシアムを中心に進められたもので、孤児作品(orphan works)や絶版書を含めてあらゆる著作物の権利者や権利関係を明らかにし、そのための情報を提供するプロジェクトとのことです。3月11日には“ARROW”は、このカンファレンスの資料と、同プロジェクトのビジネスモデルを説明した文書“ARROW Business Model”を公開しています。今後同プロジェクトは“ARROW+”として、IFRRO(International Federation of Reproduction Rights Organisations)が引き継いでいくことになるようです。

Internet Archiveのウェブアーカイブで、東北地方太平洋沖地震関連のサイトを収集したページが公開

Internet Archiveによるウェブアーカイブサービス“ARCHIVE-IT”において、日本の東北地方太平洋沖地震に関連するウェブサイトを収集した“COLLECTION: Japan Earthquake”のページが公開されています。バージニア工科大学が中心となり、米国議会図書館や日本の国立国会図書館も協力をしているものです。

COLLECTION: Japan Earthquake
http://www.archive-it.org/public/collection.html?id=2438

ARCHIVE-IT
http://www.archive-it.org/index.html

参考:
CA1733 - 動向レビュー:ウェブアーカイブの課題と海外の取組み / 中島美奈
http://current.ndl.go.jp/ca1733

大阪府、「読書と図書館利用に関するアンケート」の結果を公表

大阪府が、2011年2月に実施した「読書と図書館利用に関するアンケート」の調査結果を公表しています。実施期間は2月10日から2月20日までで、回答者数は1371名とのことです。分析結果の概要は、「図書館、インターネットの利用頻度、読書習慣と図書館に期待する役割との関係」、「図書館の遠隔利用サービスと近隣図書館非利用者の非利用理由」、「インターネットで調べものをした際の不便に感じた頻度と図書館サービスの利用頻度」、「子どもの読書促進と親の読書習慣」、そして「子どもに対する読み聞かせや読書奨励のための活性化方策と公共図書館に対する期待」の5つに分けて記されているようです。分析結果では以下のような内容が記載されています。
・図書館の利用頻度が高くなるほど「新刊書の充実」などを期待する割合が高くなっている。一方、低くなるほど「本の宅配サービスなど、物流面での利便性向上」などの割合が高い。
・子どもの頃に図書館を利用していた頻度が高い回答者ほど、子どもへの絵本の読み聞かせや読書奨励の頻度が高い傾向がみられる。
・読書活性化のための公共図書館への期待について、子どもへの読み聞かせや読書奨励の頻度による特徴的な回答傾向はみられない。

大阪府クイック・リサーチ“おおさかQネット” (大阪府のウェブサイト)

イスラエル国立図書館、2億ドルをかけて新館建設や資料デジタル化を実施へ

イスラエル国立図書館が、2億ドルをかけてリニューアルプロジェクトを開始すると発表しています。計画には、新館を建設することや、所蔵資料をデジタル化しオンラインで提供することが含まれているとのことです。

Official launch of The National Library renewal(イスラエル国立図書館 2011/3/27付けのニュースリリース)
http://www.nli-renewal.org.il/en/node/208/631

$200 million renewal project launched at Nat'l Library(Jerusalem Post 2011/3/28付けの記事)
http://www.jpost.com/NationalNews/Article.aspx?id=214091

京都府立図書館、新着雑誌記事速報のページを公開

2011年3月29日に、京都府立図書館が、同館で現在受入れを行っている雑誌の一部(2011年1月現在、合計378タイトル)の新着雑誌記事索引を見ることができる「京都府立図書館新着雑誌記事速報」のページを公開したようです。

京都府立図書館新着雑誌記事速報
http://www.library.pref.kyoto.jp/magazine/00_main.html

京都府立図書館新着雑誌記事速報の概要 (京都府立図書館のウェブサイト)
http://www.library.pref.kyoto.jp/magazine/magazine.html

参考:
岐阜県図書館、新着雑誌記事速報(テスト版)のページを作成・公開
http://current.ndl.go.jp/node/17745

岩波書店と講談社が原子力関連の雑誌掲載論文や図書の一部を無料公開

東北地方太平洋沖地震の支援のため、岩波書店と講談社が、原子力関連の雑誌掲載論文や図書の一部を、著者の了解を得て各社のウェブサイトで無料公開しています。岩波書店からは、当面の間、『世界』2011年1月号の特集「原子力復興という危険な夢」のうち以下の3論文を、
・マイケル・シュナイダー/田窪雅文訳「原子力のたそがれ──米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」
・明石昇二郎「原発輸出──これだけのリスク」
・葉上太郎「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った財政難」
そして、『科学』からは、次の2論文を、
・青山道夫・大原利眞・小村和久「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」(1999年1月号)
・石橋克彦「原発震災──破滅を避けるために」(1997年10月号)
それぞれPDFファイルで公開しています。
また、講談社のブルーバックス出版部が、『日本の原子力施設全データ』(北村行孝・三島勇著 講談社ブルーバックス2001年刊)の一部を公開しています。

『日本の原子力施設全データ』(北村行孝・三島勇著 講談社ブルーバックス2001年刊)一部公開のお知らせ (講談社BOOK倶楽部のウェブサイト)

3月 29日

エルゼビア社、東北地方太平洋沖地震で被災した研究者向けの支援内容を発表

2011年3月29日にエルゼビア社が東北地方太平洋沖地震で被災した研究者向けの支援内容を公表しています。その内容は、すでに2011年3月16日にカレントアウェアネス-Rで「東京大学附属図書館、被災した大学の研究者等に対し電子ジャーナル等のアクセスを提供」としてご紹介した内容のほかに、3月18日に京都大学図書館機構が発表した「東北地方太平洋沖地震で被災された大学の研究者・医療従事者への電子ジャーナル等の提供について」における電子ジャーナルのフルテキスト等の無料公開、米国国立医学図書館(NLM)等による“Emergency Access Initiative”への協力等とのことです。

エルゼビア、東北地方太平洋沖地震で被災した研究者向けの支援内容を公表
― 研究開発環境の維持と復興支援に向けて ―(エルゼビア・ジャパン 2011/3/29付けのプレスリリース)
http://japan.elsevier.com/news/newsreleases/PressRelease_eai_20110329_jpn.pdf

エルゼビア、東北地方太平洋沖地震で被災した研究者向けの支援内容を公表 (エルゼビア・ジャパン 2011/3/29付けのニュース)
http://japan.elsevier.com/news/newsreleases/20110329.html

日本図書館協会、「東日本大震災について」のページを開設

日本図書館協会が、2011年3月28日に、「東日本大震災について」のページを開設しています。『図書館雑誌』の震災関連記事等についての「震災関連文献一覧」も掲載されています。

東日本大震災について(日本図書館協会)
http://www.jla.or.jp/earthquake/index.html

参考:
日本図書館協会、被災者支援のための公衆送信権の時限的制限について権利者団体へ協力を依頼
http://current.ndl.go.jp/node/17856

東北大学附属図書館、附属図書館本館の被災状況と復旧状況の写真を公開

東北大学附属図書館は、ウェブサイトの2011年3月29日付けの「図書館サービス復旧情報」で、東北地方太平洋沖地震による附属図書館本館の被災状況と復旧状況の写真を公開しています。

図書館サービス復旧情報[3/29](東北大学附属図書館 2011/3/29付けの情報)
http://tul.library.tohoku.ac.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=260

被災状況の写真(2011/3/14付け)
http://tul.library.tohoku.ac.jp/pub/jishin/restart20110314.pdf

ページ