アーカイブ - 2011年 2月 4日 - car

リポジトリ用ソフト“DSpace”の使用機関が全世界で1000機関を突破

オープンソースのリポジトリ用ソフト“DSpace”を使用している機関の数が、全世界で1000機関を超えたとのことです。この1年間での国別の増加数では、日本が33機関で最も多いとのことです。

DSpace User Community Reaches Milestone(2011/1/27付けDuraSpace Blogの記事)
http://expertvoices.nsdl.org/duraspace/2011/01/27/dspace-user-community-reaches-milestone/

研究データに関する「DataCiteメタデータスキーム」のバージョン2が公開

研究データへのアクセスや再利用等に関する取組みを行っている国際コンソーシアムDateCiteによる、「DateCiteメタデータスキーム」のバージョン2が公開されています。

DataCite Metadata Scheme for the Publication and Citation of Research Data(2011年1月)
http://datacite.org/schema/DataCite-MetadataKernel_v2.0.pdf

DataCite
http://datacite.org/

近世ロンドンの劇場関係資料のデータベース“Early Modern London Theatres”

2011年2月2日に、カナダのトロント大学に本拠地を置くプロジェクト“Records of Early English Drama”と、英国のロンドン大学キングス・カレッジの“Centre for Computing in the Humanities”、そして、英国のサウサンプトン大学(University of Southampton)の研究グループが共同で、近世ロンドンの劇場に関する資料のデータベースを公開したようです。データベースが収録しているのは、16世紀後半から17世紀前半にかけて、テムズ川北岸に建設された8つの劇場に関する資料とのことで、今後も資料の追加を予定しているようです。

Early Modern London Theatres
http://www.emlot.kcl.ac.uk/

Killings and kidnappings: fascinating tales of London’s early theatres highlighted by new online database (2011/2/2付け University of Southamptonのプレスリリース)
http://www.soton.ac.uk/mediacentre/news/2011/feb/11_11.shtml

米国国立公文書館(NARA)、位置情報と連動したソーシャル・ネットワーキング・サービス“Foursquare”に参加

2011年2月2日、米国国立公文書館(NARA)が、大統領図書館等とともに、位置情報と連動したソーシャル・ネットワーキング・サービスの“Foursquare”に参加したと発表しました。“Foursquare”に参加することによって、NARAは利用者に対して、ソーシャルメディアを通じて国の歴史を学ぶ機会を提供でき、Tipと呼ばれる“Foursquare”で使用するメモ機能を通じて、NARAや大統領図書館等に関連する場所やイベントを強調することができると述べているようです。そしてNARAは、“Foursquare”等のソーシャルメディアを利用して、市民へのアウトリーチ活動を拡大させ、市民とのつながりをさらに広げていく、とコメントしているようです。

National Archives on Foursquare
http://foursquare.com/usnatarchives

Presidential Libraries on Foursquare
http://foursquare.com/ourpresidents

The National Archives Plays Foursquare! (2011/2/2付け NARAのプレスリリース)

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの取組み(記事紹介)

2011年2月1日付けのartscapeで、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴという、日本の美術関係者に聞き取り調査を行ない、それをオーラル・ヒストリーとして収集・公開・保存している団体の設立経緯や運営方法等が紹介されています。

日本美術の担い手たちの声を残すデジタルアーカイヴ──日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの試み (2011/2/1付け artscapeの記事)
http://artscape.jp/study/digital-achive/1228716_1958.html

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ
http://www.oralarthistory.org/

知のデジタルアーカイブに関する研究会(第1回)の配付資料が公開

2011年2月2日に開催された「知のデジタルアーカイブに関する研究会(第1回)」の配付資料が、総務省のウェブサイトで公開されています。「知のデジタルアーカイブに関する研究会」とは、総務省を中心とした研究会であり、図書・出版物、公文書、美術品・博物品、歴史資料等公共的な知的資産の総デジタル化を進め、インターネット上で電子情報として共有・利用できる仕組み(デジタルアーカイブ)の構築による知の地域づくりに向けて、関係者が広く集まり、デジタル情報資源の流通促進に係る課題の整理を行い、デジタルアーカイブ間の相互連携の促進を図ることを目的としたものとのことです。

知のデジタルアーカイブに関する研究会(第1回)配付資料 (2011/2/3付け 総務省のウェブサイト)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/02ryutsu02_03000040.html

宝塚市立西図書館の「ぬいぐるみの図書館おとまり会」の写真が公開

兵庫県の宝塚市立西図書館で2010年12月11日から12日にかけて開催された、「ぬいぐるみの図書館おとまり会」でのぬいぐるみの様子を撮影した写真が、宝塚市立図書館のウェブページで公開されています。

ぬいぐるみの図書館おとまり会
http://www.library.takarazuka.hyogo.jp/014-news/otomarimain.html

ぬいぐるみの図書館おとまり会の写真 ~西図書館~(宝塚市立図書館の図書館ニュース)
http://www.library.takarazuka.hyogo.jp/014-news/newsmain.html#otomarikai

※2011/9/6追記 宝塚市立図書館ホームページリニューアルに伴い、URLが変更となっています。
(2010年12月開催分の写真)
http://www.library.takarazuka.hyogo.jp/access/nishi/otomarimain.html
(2011年4月開催分の写真)
http://www.library.takarazuka.hyogo.jp/access/nishi/nuigurumi2011sp.html

参考:
E1127 - 「ぬいぐるみの図書館おとまり会」現場の様子と舞台裏(日本)

欧州の大学図書館等によるプロジェクト“Europeana Libraries”、Europeanaへのデジタル化資料追加計画を発表

デジタル化した欧州の文化遺産をオンラインで提供する“Europeana”に、欧州の19の主要な研究図書館・大学図書館から、スペイン内戦期の写真資料やカントの手稿資料等、500万件のデジタル化資料を加える取組みが進められているようです。“Europeana Libraries”というこのプロジェクトには、英国のオクスフォード大学、アイルランドのトリニティ・カレッジ(ダブリン)、スウェーデンのルンド大学、スペインのマドリード・コンプルテンセ大学等が参加しており、今後も同プロジェクトでは、Google Booksで提供していたコレクションや博士論文、オープンアクセスジャーナルの論文等1,500万件を、Europeanaに追加していくようです。

5 Million Manuscripts, Films and Texts for Europeana (Europeana Librariesのプレスリリース)
http://app.e2ma.net/app2/campaigns/archived/1403149/8aeb829fe656c07d943276663545142a/

5 Million Manuscripts, Films and Texts for Europeana (2011/2/3付け Europeanaのブログ記事)