アーカイブ - 2011年 2月 16日 - car

アルゼンチン、「条約電子図書館」で1811年以降の政府文書約10,000件をデジタル化公開

2011年1月25日に、アルゼンチンの外務・国際通商・宗務省(Ministerio de Relacipones Exteriores, Comercio Internacional y Culto)が、1811年から現代までの200年間の、国際関係・国内関係の政府文書約10,000点をデジタル化し、「条約電子図書館」(Biblioteca Digital de Tratados)で公開したようです。公開された文書のうち、約7,000点は他国と結んだ条約文書のようです。

Biblioteca Digital de Tratados
http://tratados.cancilleria.gob.ar/

La Biblioteca digital de la Cancillería araña los 10 mil documentos (2011/1/26付け canalarの記事)
http://www.canal-ar.com.ar/noticias/noticiamuestra.asp?Id=10114

Digitalizaron 10.000 tratados (2011/1/29付け rionegroの記事)

韓国、国民読書実態調査2010年版を公表

2011年2月8日に、韓国の文化体育観光部は「国民読書実態調査」2010年版を公開したようです。それによると、2009年の調査結果と比較して、電子書籍の利用は成人が2倍に増加して11.2%に、小中高の生徒は43.5%と3倍に伸びたようです。また、公共図書館利用率は、成人が2.6%増えて29.2%に、生徒の利用は12.6%の増加で65.1%という結果であったようです。

전자책 및 공공 도서관 이용 큰 폭으로 증가 (2011/2/8付け 문화체육관광부のプレスリリース)
http://www.mct.go.kr/web/notifyCourt/press/mctPressView.jsp?pSeq=11152

参考:
CA1705 - 韓国の読書推進活動―国の政策と図書館の活動― / 阿部健太郎
http://current.ndl.go.jp/ca1705

エジプト・アレクサンドリア図書館の現状

2011年2月12日に、エジプト・アレクサンドリア図書館長が、国内外に向けて声明を発表しています。国内に対しては、若者に向けて今後の「新たなエジプトの創出」を応援する内容で、国外に対しては1月25日以来のデモの様子を総括して伝えているようです。なお、2月14日には、電話とEメールによるレファレンスサービスを再開したようです。

References Services Resumed via Telephone and Email (2011/2/14付け Bibliotheca Alexandrinaのニュース)
http://www.bibalex.org/news/newsdetails_en.aspx?id=3135

To all Our Friends Around the World:18 Days that Shook the World (2011/2/12付け Bibliotheca Alexandrinaのニュース)
http://www.bibalex.org/news/newsdetails_en.aspx?id=3133

A Salute to the Great Youth of Egypt (2011/2/12付け Bibliotheca Alexandrinaのニュース)

アーカイバルコレクションの時間的・空間的視覚化を目指した、“Omeka”の機能拡張プロジェクト

2011年2月15日、米国ヴァージニア大学図書館のScholar's Labと、ジョージ・メイソン大学の歴史とニューメディアセンター(CHNM)は、米国議会図書館(LC)による支援の下、それぞれで開発しているウェブツールの連携に向けたプロジェクトを行うことを発表しました。CHNMが開発したオープンソースソフトウェアの“Omeka”に、Schlar's Labの“Neatline”のツールセットを利用することで、図書館や博物館等が所蔵しているアーカイバルコレクションを時間的・空間的に視覚化できるようにすることを目指しているようです。

Scholars’ Lab and CHNM Partner on “Omeka + Neatline” (2011/2/15付け Neatlineのニュース)
http://neatline.wordpress.com/2011/02/15/scholars-lab-and-chnm-partner-on-omeka-neatline/

CHNM and Scholars’ Lab Partner on “Omeka + Neatline” (2011/2/15付け Omekaのニュース)

長野県内の市町村の史誌の目次のデータベース「長野県市町村史誌目次情報データベース」が公開

長野県内の市町村の史誌の目次のデータベース「長野県市町村史誌目次情報データベース」が公開されています。現時点では、長野県史、長野市誌(旧大岡村、旧戸隠村、旧鬼無里村、旧信州新町、旧豊野町含む)、上田市誌(旧真田町、旧丸子町、旧武石村含む)の目次が公開されており、今後、他の市町村の史誌の目次が追加されていく予定のようです。目次のブラウジングに加え、各史誌の目次の横断検索ができるようです。

長野県市町村史誌目次情報データベース
http://misuzu-mokuji.net/

長野県市町村史誌等目次情報データベース事業(長野県図書館協会の情報)
http://www.nagano-la.com/jigyou/10/db.htm

長野県市町村史誌等目次情報データベース事業(ブログ)
http://d.hatena.ne.jp/josei006-10/

電子書籍規格EPUBの新バージョン“EPUB 3”の仕様のパブリックドラフトが公開

電子出版業界の国際的組織であるIDPF(International Digital Publishing Forum)が、2011年2月15日に、電子書籍の規格EPUBの新バージョンとなる“EPUB 3”の仕様のパブリックドラフトを公開しています。このドラフトに対し開発メンバーや一般からのコメントを募集し、2011年の中ごろに最終仕様が公開される予定とのことです。

EPUB 3 Specification Public Draft Released(2011/2/15付けIDPFのプレスリリース)
http://idpf.org/news/epub-3-specification-public-draft-released

EPUB 3(IDPFのサイトの情報)
http://idpf.org/epub/30

洪水により休館していたオーストラリア・クイーンズランド州立図書館が再開館へ

オーストラリアのクイーンズランド州で2010年12月末から2011年1月初旬に起きた洪水により休館していたクイーンズランド州立図書館が、2011年2月16日に再開館すると発表しています。また、同館では2月19日から20日にかけて、洪水関連の講演やイベントも行われるようです。

Reopening(クイーンズランド州立図書館)
http://www.slq.qld.gov.au/reopening

State Library expects a flood of visitors this weekend(クイーンズランド州立図書館のプレスリリース)
http://www.slq.qld.gov.au/__data/assets/pdf_file/0006/186045/MR_State_Library_reopens_15_Feb_2011.pdf

Queensland's State Library reopens after Brisbane's flood(ABC News (Australian Broadcasting Corporation) 2011/2/16付けの記事)
http://www.abc.net.au/news/stories/2011/02/16/3140130.htm

参考: