アーカイブ - 2011年 12月 28日 - car

Europeana、ユーザーからの応募と投票をもとに作成したウェブ展示“Wiki Loves Art Nouveau”を公開

2011年12月15日、欧州の文化遺産ポータル“Europeana”が新たなウェブ展示として“Wiki Loves Art Nouveau”を公開しました。2011年に欧州18か国でモニュメントの写真コンテスト“Wiki Loves Monuments”が開催されましたが、そのコンテストのサブカテゴリーとしてアール・ヌーボーが設定され、約2,700点の写真の応募があったようです。今回公開されたウェブ展示は、応募のあった約2,700点のうち予備審査に残った343点について一般投票を行ない、そこで選ばれた50点をもとに作成されたようです。この“Wiki Loves Art Nouveau”は、すでにEuropeanaが公開しているアール・ヌーボーのウェブ展示を補完するものという位置付けのようです。

Wiki Loves Art Nouveau
http://exhibitions.europeana.eu/exhibits/show/wiki-loves-art-nouveau

“Wiki Loves Art Nouveau” Virtual Exhibition (Europeana 2011/12/15付けの記事)

英国では研究データ管理ポリシーの策定が2012年のトレンドのひとつに?(記事紹介)

英国のデジタルキュレーションセンター(DCC)が、2011年12月22日付けのブログに「研究機関のデータ管理ポリシーの策定:2012年のひとつのトレンド」という記事を掲載しています。DCCは、英国の大学の研究データ管理を支援しており、そこではデータ管理ポリシーの策定に対する要望が多いそうです。記事の著者は、管理ポリシーの策定が2012年の主なトレンドのひとつになるだろうと予言しており、英国情報システム合同委員会(JISC)が2011年10月から2013年7月にかけて実施しているプログラム、ポリシーを策定しようとしている機関に向けてDCCが作成した説明資料、エディンバラ大学やノーサンプトン大学の事例紹介、既にポリシーを策定した機関のリスト等の参考情報を紹介しています。

Developing institutional data policies: a trend for 2012 (DCC 2011/12/22付けブログ記事)
http://www.dcc.ac.uk/node/9329

参考:
E903 - 研究データを国家レベルで共有するサービスの可能性は?(英国)
http://current.ndl.go.jp/e903

E1220 - 英国RLUKの2014年までの戦略計画と学術雑誌価格高騰への対応

科学技術政策研究所、「科学研究のベンチマーキング2011」を公表

科学技術政策研究所が「科学研究のベンチマーキング2011―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―」を公表しました。これは、学術論文に着目して日本の科学研究のベンチマーキングを行なったもので、調査の結果、日本の産出する論文数の伸び悩みが見られること、研究活動の国際化に伴い世界で国際共著論文が急増しているが、日本はこの変化に充分対応出来ていないこと、日本国内でみると企業の論文数が減少し、論文に関する大学の役割が拡大しているが、国立大学の論文数は伸び悩んでいることが明らかになったようです。

科学研究のベンチマーキング2011―論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況―
http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/mat204j/idx204j.html

科学技術政策研究所 (2011/12付けの「最近のトピックス」に上記へのリンクがあります)
http://www.nistep.go.jp/index-j.html

東京大学と凸版印刷、東京国立博物館の140周年特集陳列で「デジタル展示ケース」を公開へ

東京大学と凸版印刷株式会社は、共同で開発した次世代型美術鑑賞システム「デジタル展示ケース」について、2012年1月2日から開催される東京国立博物館140周年特集陳列「天翔ける龍」で公開するようです。この「デジタル展示ケース」では、デジタル化した文化財を画面上で鑑賞するだけでなく、その場にあるかのように自由に動かす等といったインタラクティブな疑似体験をすることができるようです。

東京大学と凸版印刷、次世代型の美術鑑賞システム「デジタル展示ケース」を開発~東京国立博物館140周年特集陳列「天翔ける龍」にて公開~ (凸版印刷 2011/12/27付けのニュースリリース)
http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease1306.html

東京国立博物館140周年特集陳列 天翔ける龍 (東京国立博物館のウェブサイト)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1436

Googleブックスをめぐる訴訟、再開に向けた動きが始まる

Googleブックスプロジェクトに対し著作者団体等が著作権侵害等を訴えている訴訟については、2011年3月に和解案が裁判所に却下されていましたが、2011年12月に、原告側・被告側の双方から、訴訟の再開に向けた動きが起こっているようです。12月12日には、著作者団体Authors Guildと3名の作家が、クラスアクション(集合代表訴訟)としての適切性を主張する文書を裁判所に提出しました。一方、Googleは、12月22日に、Authors Guild等の団体は著作権を所有しているわけではないので原告としての資格がないことを主張する文書を裁判所に提出しています。

Class Action Filed in Google Books Case(Information Today 2011/12/19付けの記事)
http://newsbreaks.infotoday.com/NewsBreaks/Class-Action-Filed-in-Google-Books-Case-79495.asp

Google Files Motion to Dismiss in Google Books Case(The Digital Shift 2011/12/23付けの記事)