アーカイブ - 2011年 10月 - car

10月 28日

OCLC、ユタ大学らとデジタルリポジトリの検索エンジン最適化(SEO)に関する研究プロジェクトを開始

2011年10月27日、OCLC Researchが、ユタ大学、電子図書館連合(DLF)、マウンテンウェスト電子図書館(Mountain West Digital Library)と合同で、“Getting Found: Search Engine Optimization for Digital Repositories”と題した3年間の研究プロジェクトを行うと発表しました。米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)からの助成を受けているそうです。プロジェクトの目的は、図書館のデジタルリポジトリの検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)で、検索エンジンにおける可視性を向上させるための戦略の構築と、優良事例のガイドラインを作ることとしています。

Congratulations to Kenning Arlitsch and Colleagues on IMLS Support for the "Getting Found" Project (OCLC 2011/10/27付けプレスリリース)
http://www.oclc.org/research/news/2011-10-27.htm

参考:
OCLC、バーチャルレファレンスサービスとQ&Aサイトの連携の可能性を探る研究プロジェクトを開始

欧州委員会、大規模デジタル化テキスト処理の改善やノウハウ共有を目的としたIMPACT Centre of Competenceを設立

2011年10月24-25日に、英国図書館(BL)において、大規模デジタル化におけるテキスト化処理の改善やノウハウの共有等を目指す欧州のプロジェクト“IMPACT”の最終カンファレンスが開催され、その席で欧州委員会(EC)情報社会・メディア総局(Information Society and Media Directorate General)のKhalil Rouhana氏が、“IMPACT”プロジェクトを引き継いだ、IMPACT Centre of Competenceの設立を発表したようです。IMPACT Centre of Competenceは、欧州の歴史的な印刷資料のデジタル化を、より高品質で、より早く、そしてより安く行なうこと、そしてデジタル化のワークフローに関わるツールやサービス、知識の共有等を目的とするようです。

IMPACT Centre of Competence
http://www.digitisation.eu/

IMPACT Centre of Competence launched! (IMPACT 2011/10/25付けの記事)

英国王立協会、70年以上前に発行された学術雑誌論文のデジタルアーカイブをオープンアクセスで提供

2011年10月26日に、英国王立協会(Royal Society)が、同協会の刊行誌の論文をデジタル化したアーカイブ“Royal Society Digital Journal Archive”の一部をオープンアクセス(OA)化すると発表したようです。これは同協会が進めている学術出版物のOA化に対応したもので、この度公開されるのは、70年以上前に発行された学術雑誌論文約6万件のようです。この中にはニュートンやダーウィン、ベンジャミン・フランクリン等の論文も含まれているようです。

Royal Society journal archive made permanently free to access (Royal Society 2011/10/26付けの記事)
http://royalsociety.org/news/Royal-Society-journal-archive-made-permanently-free-to-access/?f=1

Royal Society Makes Journal Articles Published More Than 70 Years Ago Open Access (Digital Koans 2011/10/26付けの記事)

10月 27日

大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)、Springer社と電子ジャーナル契約に関する包括的合意を締結

2011年10月24日付けのSpringer社の発表によると、同社は大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)と電子ジャーナルの契約に関して包括的な合意に至ったようです。合意内容には、電子ジャーナルアーカイブ(バックファイル)の範囲が1999年まで拡大すること(現在は1996年まで)や、カレント分の価格上昇に関する抑制が含まれているようです。なお、Springer社のバックファイルについては2006年から国立情報学研究所(NII)のNII-REOに収録されていますが、範囲拡大後も引き続きNII-REOから提供されるようです。

Springer and Japanese library consortium sign licensing agreement (Springer 2011/10/24付けプレスリリース)
http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1283722-0

JUSTICE
http://www.nii.ac.jp/content/justice/

NII-REO
http://reo.nii.ac.jp/

参考:
E1189 - 大学図書館コンソーシアム連合JUSTICEの誕生:現状とその将来

国立公文書館、岩手県宮古市における被災公文書等の修復支援事業に関する報告を公表

国立公文書館が2011年9月12日から30日にかけて実施した、東日本大震災によって被災した岩手県宮古市の公文書等の修復支援事業についての報告が同館のウェブサイトに掲載されています。技術指導に当たる講師を現地に派遣し、同市在住者から雇用した修復補助員に対して実施研修を行い、今後の修復事業を実施できる人材の育成を行ったとのことです。

宮古市における被災公文書等の修復支援事業の実施について(国立公文書館 2011/10/24付け情報)
http://www.archives.go.jp/news/20111021171211.html

参考:
国立公文書館、岩手県宮古市における被災公文書等の修復支援事業を実施へ
http://current.ndl.go.jp/node/19043

岩手県立図書館、館報「としょかん いわて」2011年10月号で東日本大震災特集

岩手県立図書館が、館報「としょかん いわて」のNo.169(2011年10月号)を東日本大震災特集とし、同図書館の取り組みや支援活動を紹介しています。

としょかん いわて No.169(2011.10)
http://www.library.pref.iwate.jp/riyoannnai/kanpopdf/kanpo169_pdf/kanpo169.pdf

としょかん いわて
http://www.library.pref.iwate.jp/riyoannnai/kanpopdf/index.html

毎日新聞社、第57回学校読書調査の結果概要を発表

毎日新聞社が、全国学校図書館協議会(全国SLA)の協力を得てまとめた「第57回学校読書調査」の結果概要を発表しています。同調査は「読書世論調査」と共に、「読書週間」に合わせて年1回行っているものです。

特集:第57回学校読書調査(その1) 高学年ほど「感動」(毎日jp 2011/10/27付けニュース)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20111027ddm010040182000c.html

特集:第57回学校読書調査(その2止) 「読まない子」減少(毎日jp 2011/10/27付けニュース)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20111027ddm010040202000c.html

米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)、全米博物館・図書館サービスメダル2011を発表

2011年10月25日、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、全米博物館・図書館サービスメダル2011(2011 National Medal for Museum and Library Service)を発表しました。同賞は、市民や教育、経済、環境そして社会に対して著しい貢献を果たした博物館・図書館に贈られる全米規模の賞です。2011年の受賞図書館は以下のとおりです。
・Alachua County Library District
・Columbus Metropolitan Library
・Hill Museum & Manuscript Library
・San José Public Library
・Weippe Public Library & Discovery Center

2011 National Medal for Museum and Library Service (PDF)
http://www.imls.gov/assets/1/AssetManager/Medals11.pdf

IMLS Announces the 2011 National Medal for Museum and Library Service Recipients (IMLS 2011/10/25付けの記事)

ヒロシマ・アーカイブ、iPhone版のARアプリ“HiroshimARchive”を公開

Google Earthを使って広島原爆の実態を伝えるデジタルアーカイブ「ヒロシマ・アーカイブ」が、2011年10月27日に、「ヒロシマ・アーカイブ」に収蔵されている資料をGPS地図とAR(拡張現実)技術を用いて閲覧できるiPhone用アプリ“HiroshimARchive”を公開したようです。

iPhone版「ヒロシマ・アーカイブ」地図+ARアプリの配信を開始しました (ヒロシマ・アーカイブ 2011/10/27付けの記事)
http://blog.hiroshima.mapping.jp/2011/10/iphonear.html

iPhone App: Hiroshim Archive(ヒロシマ・アーカイブのウェブサイト)
http://hiroshima.mapping.jp/arapp.html

ニュージーランド地震のデジタルアーカイブ“CEISMIC”公開

2010年9月4日及び2011年2月22日に、ニュージーランドのカンタベリー地方で発生したニュージーランド地震に関する動画や音声、文書や画像等を収集保存するデジタルアーカイブ“CEISMIC”のウェブサイトが、2011年10月27日に公開されたようです。このウェブサイトは、同国のカンタベリー大学のデジタル人文学研究グループを中心に、カンタベリー市立図書館や博物館、国立図書館等の関係機関で構成されるコンソーシアムが作成したようです。

CEISMIC
http://www.ceismic.org.nz/

Launch of the UC CEISMIC Consortium web site (CEISMIC 2011/10/27付けの記事)
http://www.ceismic.org.nz/news/uc-ceismic-consortium-website

10月 26日

インターネット上の情報をクラウドソーシングでピアレビューする試み“hypothes.is”

インターネット上に存在する情報の質を高めるため、クラウドソーシングでインターネットの情報をピアレビューする“hypothes.is”というプロジェクトがあるようです。“hypothes.is”は、オープンソースでコミュニティ主導型、センテンスレベルでアノテーションを行うことが可能な分散プラットフォームの構築を目指しているようです。なお、現在のところ“hypothes.is”は、プロトタイプの開発のため、Kickstarterで寄付を募っているようです。

hypothes.is
http://hypothes.is/

教育資源メタデータイニシアティブ(LRMI)のウェブサイトが公開

クリエイティブコモンズ(Creative Commons)と全米教育出版協会(AEP)による共同プロジェクト、教育資源メタデータイニシアティブ(the Learning Resource Metadata Initiative:LRMI)のウェブサイトが開設されています。2011年10月21日からは、LRMIのテクニカルワーキンググループが作成したドラフト版を公開して、意見を募集しているようです。

Open for Comment -- Public Draft of the Learning Resource Metadata Initiative Specification (Creative Commmons 2011/10/21付けの記事)
http://creativecommons.org/weblog/entry/29619

Education Metadata Project Launches New Website (Association of Education Publishers 2011/10/10付けの記事)
http://www.aepweb.org/mediacenter/LRMI_Web_Launch_10-10-11.htm

Learning Resource Metadata Initiative

国立公文書館、寄贈・寄託文書の目録をデジタルアーカイブで公開

国立公文書館が、同館のデジタルアーカイブで「寄贈・寄託文書」の目録を公開したようです。資料群は、西園寺公望関係文書や佐藤栄作関係文書等の24件のようです。

国立公文書館デジタルアーカイブ (寄贈・寄託文書の資料群一覧)
http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/layered#F2011060319483712713-sdefault-1-leftupd_F2011060319483712713-1-20-a-n1-i

国立公文書館 (2011/10/25現在、「公文書館ニュース」のトップに「寄贈・寄託文書の目録を公開しました。」とあります。)
http://www.archives.go.jp/

米国情報標準化機構(NISO)、ディスカバリーサービスに関する標準の開発などを目的とした新しいイニシアティブを発表

2011年10月25日、米国情報標準化機構(NISO)が、図書館のディスカバリーサービスに関する規格・標準の開発や優良事例の推奨などを目的とした新しいイニシアティブ“Open Discovery Initiative”を発表しました。同イニシアティブに関するメーリングリストも開設されているとのことです。立ち上げには図書館システムに関する情報提供サイト“Library Technology Guides”で知られるブリーディング(Marshall Breeding)氏らが関わっているようです。

NISO Launches New Open Discovery Initiative to Develop Standards and Recommended Practices for Library Discovery Services Based on Indexed Search (NISO 2011/10/25付けニュース)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=21d5364c586575fd5d4dd408f17c5dc062b1ef5f

Open Discovery Mailing List Home
http://www.niso.org/lists/opendscovery/

それはまるで本の巣箱、“Little Free Library”がシラキュース大学にも(米国)

巣箱のような本の貸出ポストをつくって地域住民への読書推進活動を行っている“Little Free Library”が、米国のシラキュース大学にも登場するようです。ウィスコンシンで始まったLittle Free Librayは、地域住民に本を無料で貸し出して読書活動を推進し、地域コミュニティのアイデンティティ形成を促すとともに、アンドリュー・カーネギーを超える2,510館以上の「図書館」建設を目標としたプロジェクトのようです。現在、シラキュース大学の情報学部(Shool of Information Studies)等を中心に、同大学の図書館員やデザイナー等のグループが、学内の設置場所や蔵書のテーマについて検討を続けているようです。

Syracuse Little Free Libraries Project Launches (Information Space 2011/10/14付けの記事)
http://infospace.ischool.syr.edu/2011/10/14/syracuse-little-free-libraries-project-launches/

The Little Free Libraries Project Comes to Syracuse (Information Space 2011/10/20付けの記事)

Elsevier主催“Apps for Library Idea Challenge”コンテスト、エントリーされた10本のアイディアへの投票を受付中

Elsevier社が開催中のコンテスト“Apps for Library Idea Challenge”にエントリーされた以下の10本のアイディアが公開され、2011年10月28日まで投票が受け付けられています。投票するにはコンテストのサイト上でユーザ登録をする必要があります。

・Determining the number of authors per article
・Journal Abbreviation Translator
・Journals/Conferences @ Your Fingertips
・JTOCs 2 Go
・SciVerse Live Chat
・SciVerse Search with Support
・Search Aid
・Visualization of facets
・Vocabulary Mapping
・Yumetrics or Scimetrics

エントリー作品一覧(Apps for Library Idea Challenge)
http://www.appsforlibrary.com/entries/

Let the voting begin! (Apps for Library Idea Challengeのブログ 2011/10/17付け記事)

毎日新聞社、第65回読書世論調査の結果概要を発表

毎日新聞社が第65回「読書世論調査」の結果概要を発表しています。同調査は「読書週間」に合わせて年1回行っているものです。概要では、東日本大震災に関連する書籍を回答者の3割が読んだ、本の購入先は5割が「大型書店」である、などの結果が紹介されています。同調査と「第57回学校読書調査」の結果をまとめた報告書「読書世論調査2012年版」が2012年春に発行される予定とのことです。

第65回読書世論調査:震災体験、読書に影響 解説本に高まる関心(その1)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20111026ddm010040005000c.html

第65回読書世論調査:震災体験、読書に影響 解説本に高まる関心(その2止)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20111026ddm010040006000c.html

英国情報システム合同委員会(JISC)による2つのオープンアクセス関係の研究レポート

英国情報システム合同委員会(JISC)の英国オープンアクセス実行グループ(UK Open Access Implementation Group:OAIG)が、オープンアクセス(OA)に関する2つの調査レポートを公開したようです。1つ目の“Benefits to the Private Sector of Open Access to Higher Education and Scholarly Research”は、企業が大学等の研究成果をOAで利用することで、コストと時間の削減につながり、開発サイクルを短縮することができる等の効果があることについて検証したもののようです。2つ目の“Open Access Fees Report”は、OA出版に係る出版費用について調査したもののようです。なお、OAIGはこれらのレポートとともに、大学等の研究機関向けに、OAポリシーの採択やOAの取り組みに役立つような情報をまとめたリソースパックも公開しています。

Benefits to the Private Sector of Open Access to Higher Education and Scholarly Research (PDF)

東京大学附属図書館、新図書館構想について利用者からの意見を募集中

東京大学附属図書館が新図書館構想の骨子とFAQを公開し、構想について広く利用者からの意見を募集しています。募集期間は2011年10月25日から12月26日までとされています。

東京大学新図書館構想に関する意見募集について
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/ac/iken.html

東京大学新図書館構想の骨子
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/ac/detail.html

東京大学新図書館構想 FAQ(よくある質問)
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/ac/faq.html

W3Cの“Library Linked Data Incubator Group”が最終報告書を公開

2011年10月25日、World Wide Web Consortium(W3C)の“Library Linked Data Incubator Group”が執筆した報告書最終版が公開されました。7月にドラフト版に対するパブリックコメントが募集されていたものです。報告書本体に加え、書誌データなどを公開する際にセマンティックウェブの標準やLinked Dataを採用することの利点などを述べた“Use Cases”と、Linked Data形式の図書館データを作成するための情報源をまとめた“Datasets, Value Vocabularies, and Metadata Element Sets”が含まれているようです。

Library Linked Data Incubator Group Final Report
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/XGR-lld-20111025/

Library Linked Data Incubator Group: Datasets, Value Vocabularies, and Metadata Element Sets
http://www.w3.org/2005/Incubator/lld/XGR-lld-vocabdataset-20111025/

ページ