アーカイブ - 2010年 6月 7日 - car

日本ユニシス、クラウド型電子図書館サービスの提供を開始

日本ユニシス株式会社は、電子書籍などのコンテンツを提供する電子図書館をインターネット上で開設できる、クラウド型電子図書館サービス 「LIBEaid(ライブエイド)」の販売を開始すると発表しています。千代田図書館等で導入されているiNEO社の電子図書館パッケージ「lib.pro」をベースにクラウド型に機能改修したものとのことです。 千代田図書館の「千代田Web図書館」に提供されている約4,000タイトルの電子書籍を順次拡充し、1万タイトル以上の提供を目指すとのことです。

日本ユニシス クラウド型電子図書館サービス「LIBEaid/ライブエイド™」を販売開始(2010/6/7付け日本ユニシスの発表)
http://www.unisys.co.jp/news/nr_100607_libeaid.html

ニューヨーク公共図書館長、ニューヨーク市議会で予算回復を訴える

ニューヨーク公共図書館は現在、歴史上最も過酷な予算削減の危機にさらされていますが、このほど同館のルクレール(Paul LeClerc)館長が、ニューヨーク市議会で開催された予算案に関するヒアリングに出席し、不況下においてこそ、ニューヨーク市民にとって図書館が情報にアクセスするための場所として、その重要性を増していること、図書館サービスの維持を求める市民の声が図書館に多数寄せられていることなどを訴え、予算回復を求めました。

NYPL President Paul LeClerc Testifies at City Hall in Response to Proposed Cuts to Libraries(プレスリリース)
http://www.nypl.org/press/press-release/2010/06/04/paul-leclerc-testifies-city-hall-response-proposed-cuts-libraries-0

スイス国立図書館、オンデマンドでデジタル化資料を届けるサービスを有料制で開始

欧州の図書館によるオンデマンドの電子書籍サービス“eBooks on Demand”プロジェクトに参加しているスイス国立図書館が、利用者から申込のあった資料を届けるサービスを有料制で開始するとのことです。対象は著作権保護期間終了後の資料約10万冊で、料金支払いの後、デジタル化された資料の電子ファイルが、メール添付かCDの郵送で送付されるとのことです。料金は15スイスフラン(約1200円)からとのことです。

eBooks on Demand at the National Library(2010/6/4付けスイス国立図書館のニュース)
http://www.nb.admin.ch/aktuelles/03147/03148/03218/index.html?lang=en

National Library goes high-tech—for a fee(2010/6/4付けWRSの記事)
http://worldradio.ch/wrs/news/wrsnews/national-library-goes-hi-tech---for-a-fee.shtml

ケンブリッジ大学図書館、資料デジタル化で「世界のための電子図書館」を目指す

英国ケンブリッジ大学図書館が、所蔵資料のデジタル化により「世界のための電子図書館」(digital library for the world)を目指す計画を発表しています。この計画に対して150万ポンド(約2億円)の資金提供を受ける予定があるとのことで、手始めに、世界最古級の『コーラン』やニュートンの著作といった、宗教学分野と科学分野の貴重資料のデジタル化が進められるようです。同館のニュースリリース等には、世界中の人に同館が所蔵するコレクションへのアクセスを提供し、グローバルなコミュニケーションを始めるきっかけとしたい、との同館関係者のコメントが紹介されています。

Cambridge aims to become the world's library(ケンブリッジ大学図書館のニュースリリース)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/index.php?c=#news200

Cambridge University 'digital library for world' plan(BBC News 2010/6/4付けの記事)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/england/cambridgeshire/10241488.stm