アーカイブ - 2010年 6月 30日 - car

国立国会図書館、『NDL書誌情報ニュースレター』2010年2号(通号13号)を刊行

国立国会図書館(NDL)のウェブサイトに、『NDL書誌情報ニュースレター』の最新号となる2010年2号(通号13号)が掲載されています。2010年6月30日に公開された「ウェブ版の国立国会図書館件名標目表(Web NDLSH)」や「国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)」の情報に加え、「国立国会図書館の書誌サービスの新展開」などが掲載されています。

NDL書誌情報ニュースレター 2010年2号(通号13号)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2010_2/index.html

大日本印刷、丸善書店とジュンク堂の経営統合を含む再編計画を発表

大日本印刷株式会社(DNP)が、同社のグループ企業の再編計画を発表しています。2010年8月には丸善の書店部門を分社化して「丸善書店」を設立し、将来的にはジュンク堂との経営統合を図るとのことです。

グループ企業再編に伴う子会社の異動に関するお知らせ(DNP)
http://www.dnp.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2010/06/29/100629_1.pdf

DNP、ジュンク堂をCHIの完全子会社に(ITmedia News 2010/6/29付けの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/29/news070.html

18世紀ロンドン市民のデジタルアーカイブ“London Lives”が公開

18世紀の英国ロンドン市民に関するリソースを集めたデジタルアーカイブ“London Lives”が公開されています。1690年から1800年にかけての出版物24万件を基に、335万人分の情報が収録されているとのことです。

London Lives, an online archive, has brought 18th century Britain to life(guardian.co.uk 2010/6/27付けの記事)
http://www.guardian.co.uk/society/2010/jun/27/london-history-online-archive

London Lives
http://www.londonlives.org/

「図書館海援隊」参加図書館が口蹄疫に関する情報提供を開始

「図書館海援隊」の参加館で、口蹄疫に関する情報提供が開始されたということです。

「図書館海援隊」参加図書館における口蹄疫に関する情報提供の開始について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/06/1295230.htm
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/06/__icsFiles/afieldfile/2010/06/28/1295230_01.pdf

参考:
図書館による貧困・困窮者支援プロジェクト「図書館海援隊」
http://current.ndl.go.jp/node/15575

米ソニー、公共図書館での電子書籍の利用促進プログラムを発表

米ソニー社は、公共図書館における電子書籍の利用促進のためのプログラム“Reader Library Program”を発表しています。同プログラムでは、公共図書館に対して、電子書籍端末に関する研修や、利用者向けの電子書籍に関する資料の提供、図書館職員用の電子書籍端末の提供などを行うとのことです。

Sony Unveils Reader Library Program to Promote Digital Reading at Public Libraries(米ソニー社のニュースリリース)
http://news.sel.sony.com/en/press_room/consumer/computer_peripheral/e_book/release/57890.html

改訂された「国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)」が公開

国立国会図書館は、「国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)」を2010年6月30日からウェブサイトに掲載しています。これは、2007年5月に公表された「国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述要素」(DC-NDL2007年版)を、ダブリンコアの最新動向と国立国会図書館の新しいウェブサービスに対応するために改訂したものです。

おしらせ: 国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)を掲載しました(2010/6/30付けNDL書誌情報ニュースレター2010年2号(通号13号))
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bib_newsletter/2010_2/article_04.html

書誌データ作成ツール - メタデータ基準
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/meta.html

国立国会図書館、ウェブ版の国立国会図書館件名標目表(Web NDLSH)を公開

国立国会図書館は、2010年6月30日に、ウェブ版の国立国会図書館件名標目表(Web NDLSH)および国立国会図書館件名作業指針を公開しました。Web NDLSHは、主題語彙を扱うのに適したSKOS(Simple Knowledge Organization System)のモデルを活用したRDF/XML形式を採用しています。Web NDLSHの特徴は次のような点です。
・各NDLSHデータに対してURIを付与しており、外部からのNDLSHデータへのURI参照が可能です。
・APIの一種であるクエリ言語のSPARQLを使用することで、外部システムから検索できます。
・標目語や参照語からだけではなく、NDLC、NDCからも検索できます。
・PDF版より収録範囲を拡張し、細目付き普通件名も提供します。
・他の件名標目表やWebサービス上の語彙との関連を示しています。
・多様な形式でのデータのダウンロードが可能です。

NDLSH(国立国会図書館件名標目表)
http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh

ウェブ版の国立国会図書館件名標目表(Web NDLSH)を公開しました(2010/6/30付けNDL書誌情報ニュースレター2010年2号(通号13号)