アーカイブ - 2010年 6月 18日 - car

英国の新政権、図書館への財政支出を見直し

2010年5月に政権が交代した英国で、政府の財政赤字縮小のため、前政権が約束していた年間200万ポンドの図書館への財政支出がとりやめにされると報じられています。前政権により2010年3月に示された図書館についての政策文書に盛り込まれていた、全図書館での無料インターネットの提供やゼロ歳児からの図書館利用登録なども見送られるとのことです。

Government scraps promised library measures(2010/6/17付けBookseller.comの記事)
http://www.thebookseller.com/news/121191-government-scraps-promised-library-measures.html

UK: Public Libraries: Government Scraps Promised Library Measures(2010/6/17付けResourceshelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2010/06/17/uk-public-libraries-government-scraps-promised-library-measures/

参考:
E1040 - 英国政府,これからの公共図書館についての青写真を公表

【イベント】国立国会図書館、講演会「セマンティック・ウェブと図書館:機械が情報を読む時代へ」を開催(7/27)

国立国会図書館は、2010年7月27日に、公開講演会「セマンティック・ウェブと図書館:機械が情報を読む時代へ」を開催します。近年、図書館をはじめとする情報流通の世界で注目を集めている「セマンティック・ウェブ」について、その概念を、国立情報学研究所と国立国会図書館の事例をふまえながら、わかりやすく紹介するものです。

講演会「セマンティック・ウェブと図書館:機械が情報を読む時代へ」 (開催概要・申込方法)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/bib_lecture_h22.html

大学を選ぶ際に重要視される図書館のポイント(米国)

U.S. News & World Report誌の記事によると、米国の大学の入学事務担当者や高校の進路相談担当者らは、受験生らが大学を選ぶ際に各大学の「図書館」が重要な要素の一つになると考えているようです。チェックされる図書館のポイントとして、「スタッフの応対」「学部・教員とのつながり」「館内の雰囲気」「ウェブサイトやデジタルコンテンツの充実度」という4つが挙げられています。

4 Reasons Why the Library Should Affect Your College Choice(U.S. News & World Report 2010/6/17付けの記事)
http://www.usnews.com/education/best-colleges/articles/2010/06/17/4-reasons-why-the-library-affects-your-college-choice.html

国立国会図書館、図書館のレファレンス研修に対する講師の派遣先を募集

国立国会図書館は、2010年度中に各図書館で実施予定の「レファレンス業務に係る研修」に対する講師派遣について、派遣の対象となる研修(派遣先)を募集しています。派遣の対象となる研修は、2010年8月から2011年3月末日までの間に、国内の公共・大学・専門の各図書館または関連する協議会などが主催する研修です。募集の期間は2010年7月20日までです。

「レファレンス業務に係る研修」に講師を派遣します。(派遣先募集のご案内)
http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1189322_1485.html

オックスフォード大学ボードリアン図書館、150万ポンドの寄付を受け資料をデジタル化

オックスフォード大学ボードリアン図書館が、150万ポンド(約2億円)の寄付を受けて、所蔵資料をデジタル化し、改築後の新図書館にデジタル画像用施設を設置すると発表しています。2010年から2011年にかけては、学位論文やイスラムの写本等をデジタル化するとのことです。

£1.5m donation to support Bodleian’s digitisation programme(オックスフォード大学ボードリアン図書館のニュースリリース)
http://www.bodleian.ox.ac.uk/news/2010-06-17

参考:
オックスフォード大学、ボードリアン図書館の改築計画を発表
http://current.ndl.go.jp/node/15910