アーカイブ - 2010年 4月 - car

4月 30日

図書館予算の削減を防ぐため、一人で議会にロビー活動をした図書館員(米国)

米国フロリダ州で、検討されていた図書館予算の削減が回避されたとのことです。そのための働きかけを行った一人として、フロリダ州の図書館員ポール・クラーク氏が、St.PetersbergTimesの記事で紹介されています。クラーク氏は、過去6週間で17日間州都タラハシーに出かけ、1日12時間、“Save our libraries”と書いたサインを掲げ議会のホールに立ったり、数十人の州議会議員に会ったりすることで、図書館への支援を訴えたとのことです。記事には、削減回避が決まった後、“Thank you”と書いたサインを持って立っているクラーク氏の写真が掲載されています。

Library Guy shows how one man can make a difference in Tallahassee(2010/4/29付けSt.PetersbergTimesの記事)
http://www.tampabay.com/news/humaninterest/library-guy-shows-how-one-man-can-make-a-difference-in-tallahassee/1090758

英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)、図書館利用者のプライバシーに関するガイドラインを公表

英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)が、図書館利用者のプライバシーに関するガイドラインを公表しています。個人データ、データ共有、インターネット使用、子どものプライバシー、監視カメラ、などの諸課題のほか、方針を利用者に説明することや、データの提供要請への対応などについて、チェックリストや関連情報がまとめられています。

User Privacy in libraries - guidelines for the reflective practitioner
http://www.cilip.org.uk/get-involved/advocacy/information-society/Privacy/Pages/privacy-guidelines.aspx

(本文)
http://www.cilip.org.uk/filedownloadslibrary/policy%20and%20advocacy/privacy_web.pdf

Privacy guidelines for librarian custodians of clients' personal data(2010/4/23付けLibrary & Information Updateの記事)

公共図書館のOPACユーザの検索失敗例を分析した論考(文献)

LIBRES Library and Information Science Research Electronic JournalのVol.20, Iss.1(March 2010)に、オーストラリアのスウィンバーン工科大学のVivienne Waller博士による、公共図書館のOPACについての論考が掲載されています。ヴィクトリア州立図書館のOPACの4年分のログを分析したもので、結論部分では、次のようなことが書かれています。
・公共図書館のユーザはOPACを使いにくいと感じている。
・大学図書館のユーザに比べて、公共図書館のユーザは検索方法が単純な傾向がある。
・図書館(の建物)の外から利用している人の方が、図書館内の利用者よりも失敗しやすい。
・(検索エンジンの普及にもかかわらず)OPACの利用は増えているが、それとともに、検索をあきらめてしまう率(abandonment rate)も上昇している。
・ユーザを支援するための改善案として、オンラインチャットのような生のヘルプの機能を加えることや、入力された語に対するサジェスト機能(「もしかして」)をつけたりすることなどがある。

Accessing the collection of a large public library: an analysis of OPAC use

OverDrive社とTOKYOPOP社、マンガについての図書館員向けガイドを発行(米国)

電子書籍等の販売を行っているOverdrive社と、日本のマンガを出版しているTOKYOPOP社が、マンガについての図書館員のためのガイド“Librarian’s Guide to Manga”を公開しています。マンガとは何か、図書館に導入する利点、関連情報の入手方法などがまとめられています。

Librarian’s Guide to Manga
http://tpmktg.com/TP_OD_LibraryGuide.pdf

Librarian's guide to manga(2010/4/28付けOverDrive社のブログの記事)
http://blogs.overdrive.com/library/post/2010/04/27/Librarians-guide-to-manga.aspx

Librarian’s Guide to Manga Available (Free) as OverDrive Begins Offering Manga Content(2010/4/28付けResourceshelfの記事)

オーストラリア国立図書館の情報探索システム“Trove”で使われているオープンソースソフト

オーストラリア国立図書館(NLA)が提供する情報探索システム“Trove”の構築に当って、データベースにオープンソースの“Solr 1.4”“Lucene 2.9”“MySQL 5”が、サーバーには“Jetty”“Nginx”などが使われていることが、Network Worldの記事で紹介されています。また、同システムでは記憶装置としてフラッシュメモリを使用した“Solid State Disk(SSD)”が使われているとのことです。

Australian National Library uses open source(Network World 2010/4/28付けの記事)
http://www.networkworld.com/news/2010/042810-australian-national-library-uses-open.html

BioMed Central、SWORDプロトコルを利用して“DSpace@MIT”への記事登録を自動化

BioMed Centralは、リポジトリにデータを登録するための簡易ウェブサービスプロトコル“SWORD(Simple Web-service Offering Repository Deposit)”を利用して、マサチューセッツ工科大学(MIT)図書館の機関リポジトリ“DSpace@MIT”への記事の登録を自動化すると発表しています。記事執筆者やリポジトリ管理者側での処理がなくても、雑誌の刊行と同時にオープンアクセスの記事をリポジトリに登録することができるようになるとのことです。

Kindleの読者が最も多くアンダーラインをした箇所が分かるランキング

Amazon.com社の電子書籍リーダーKindleの読者がハイライト(アンダーライン)をした箇所や本を、ハイライトの数によるランキング形式で表示する“Popular Highlights”が、Kindleのサイトで開始されています。これにより、多くの人が重要と思った部分が分かるようになるとのことです。

Welcome to AmazonKindle!
http://kindle.amazon.com/

Most Highlighted Passages of All Time
http://kindle.amazon.com/popular_highlights

横浜市立図書館、プロサッカーチームとのコラボレーションイベントを開催

横浜市立図書館が、地元のプロサッカーチーム「横浜F・マリノス」とのコラボレーションイベントを開催すると発表しています。2010年4月23日からは「子ども読書の日」のイベントとして読書スタンプマラソンを実施し、横浜F・マリノスの選手がおすすめする本の紹介付きのしおりをプレゼントするとのことです。5月7日からは同館の中央図書館で、ユニフォームやスパイクなどを展示した「横浜F・マリノス展」を開催するとのことです。

企画事業のご案内(横浜市立図書館)
http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/bunsche.html#CYUOU

「子ども読書の日」イベント
http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/bunka/kodomodokusyo2010.pdf

上田女子短期大学の「図書館職員学び直し講座」の第2講座が開設

長野県の上田女子短期大学で実施されている「図書館職員学び直し講座」の「第2講座」となる「情報サービス演習」が、2010年4月から9月までの期間で開設されるとのことです。

図書館職員学び直し講座 「第2講座」 のご案内
http://www.uedawjc.ac.jp/news_from_jc/2010/news_from_jc2010-02.html

参考:
上田女子短期大学、「図書館職員学び直し講座」を開設
http://current.ndl.go.jp/node/14967

目録規則RDA、2010年6月の刊行から8月末まではオープンアクセスに

2010年6月に刊行が予定されている目録規則RDA(Resource Description and Access)のToolkitのページが更新されているようです。個人利用の価格は195ドルとなること、紙版も発行予定であることなどの情報が掲載されています。また、刊行時から2010年8月末までは、オープンアクセス期間として無料で利用できるとのことです。

RDA Toolkit Solo-User Pricing, Double-User Offer, and RDA Print
http://www.rdatoolkit.org/solouser

Complimentary Open-Access Period
http://www.rdatoolkit.org/openaccess

4月 28日

大阪市民が選ぶ「大阪市の1冊の絵本」、2010年は『はらぺこあおむし』に決定

大阪市教育委員会が2009年7月から実施していた、市民からの投票に基づき「大阪市の1冊の絵本」を選ぶ「One Book One OSAKA-みんなでえらぶ1さつのえほん-」の結果が発表されています。2010年の「大阪市の1冊の絵本」は『はらぺこあおむし』に決定したとのことです。

第1回 One Book が決定しました!!(One Book One Osaka News 5号(2010年4月23日付け))
http://www.oml.city.osaka.jp/topics/1bk1osk_news_5.html

参考:
大阪市、「1冊の絵本」投票の中間集計結果を公表
http://current.ndl.go.jp/node/15373

韓国政府、毎年1万件の電子書籍の制作を支援へ

韓国政府が、韓国コンテンツ振興院と協力して、2014年までの5年間に毎年約1万件の電子書籍製作を支援する、と報じられています。予算規模は5年間で総額600億ウォン(約51億円)とのことです。

電子出版産業に活力、政府が年間1万件製作支援へ(2010/4/26付け聯合ニュースの記事)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2010/04/26/0500000000AJP20100426001500882.HTML

参考:
CA1701 - 韓国の図書館における電子書籍の提供 / 田中福太郎
http://current.ndl.go.jp/ca1701

リテラシー向上に取り組む図書館に1万ドル(米国)

米国の“National Center for Family Literacy”とオンライン書店“Better World Books”による、リテラシーの向上に取り組む3つの図書館に1万ドルを授与する新たな賞の受賞館2館が発表されています。1つは、ニューヨーク州の“Mastic-Moriches-Shirley Community Library”で、75%の参加者に上達が見られたという英語学習プログラムが評価された模様です。もう1つの館は、ニュージャージー州の“Vineland Public Library”で、子どもに毎日本を読むことの重要性を大人たちに伝えるワークショップが評価されたとのことです。残り1つの受賞館はまだ発表されていないようです。

Two Libraries Receive $10,000 Awards for Family Literacy Programs
http://www.libraryjournal.com/article/CA6727315.html

We have a winner…well actually we have 2!(Better World Booksのブログ記事)

4月 27日

オンラインで1冊読むとリテラシー支援団体に本が1冊寄付される“We Give Books”

英国の出版社Penguin Groupとピアソン財団が、読書・リテラシー活動を行っている団体に対して本を寄付するための“We Give Books”という取組みを実施しています。“We Give Books”のサイトにアクセスした利用者が、“Room to Read”などの7つの団体から寄付したい団体を選んだ後、オンラインで(子どもと一緒に)絵本を読むと、“We Give Books”からその団体に対して本が1冊寄付されるというものです。

We Give Books
http://www.wegivebooks.org/

How It Works(仕組みの概要)
http://www.wegivebooks.org/p/how-it-works

OCLC、米国神学図書館協会と提携

OCLCは、米国神学図書館協会(ATLA)が“OCLC Partnership Program”に加わったと発表しています。今回の提携により、両組織の参加機関のサービス向上や研修機会の拡大のための活動が共同で行われるとのことです。

OCLC and American Theological Library Association announce partnership(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/us/en/news/releases/2010/201024.htm

OCLC Partnership Programs
http://www.oclc.org/us/en/partnerships/default.htm

TSUTAYA、中古本事業に参入へ

TSUTAYAを運営しているカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社とオンラインの中古書店を運営するネットオフ株式会社が資本・業務提携することを発表しました。CCC社はTSUTAYAの店内に中古本売り場を設ける方針で、6月に東京都内の直営店でサービスを開始し、順次全国に拡大していくということです。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社のプレスリリース
http://www.ccc.co.jp/company/news/2010/20100427_002232.html

ネットオフ株式会社のプレスリリース
http://www.ebookoff.co.jp/netoff/press/pdf/2010042701.pdf

【イベント】国立情報学研究所(NII)、2010年度オープンハウスを開催(6/3・4)

国立情報学研究所(NII)が、2010年度のオープンハウス(一般公開)を6月3日(木)4日(金)に開催すると発表しています。基調講演や市民講座のほか、CiNiiウェブAPIコンテストの第2弾なども開催されるとのことです。また、NIIの創立10周年記念イベントも併催されるとのことです。

平成22年度オープンハウス(開催要項)
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=317&lang=japanese

参考:
NII、2009年度オープンハウスの概要を発表
http://current.ndl.go.jp/node/12658

国立国会図書館のレファレンス協同データベース、新機能を追加しAPIも公開

国立国会図書館は、レファレンス協同データベースについて、参加館からの要望が多かった、データの検索・表示に関する点を中心にシステム改修を行い、新機能を公開しています。改修項目は、(1) 多言語対応(UTF-8)、(2) Not検索機能の追加、(3) 外部リンクの実現、(4)詳細表示画面レイアウト(画面タイトルに質問や調査テーマ等を表示等)の変更、(5) 研修環境の追加、(6) 検索用API公開、の6点です。検索用APIを利用しているページも紹介されています。

レファレンス協同データベース
http://crd.ndl.go.jp/

システム改修について(2010年3月末実施)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/replace_201004.html

外部提供インタフェースについて
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/api.html

文科省、都道府県及び市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定状況に関する調査結果を発表

文部科学省が都道府県及び市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定状況調査を行い、その結果を発表しました。調査対象年月日は2010年3月31日現在です。

都道府県及び市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定状況に関する調査結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/04/1292895.htm

【イベント】シンポジウム「科学技術コモンズと情報知識学の挑戦」(5/15・東京)

2010年5月15日(土)に、情報知識学会が主催するシンポジウム「科学技術コモンズと情報知識学の挑戦」が東京大学で開催されます。学術雑誌やデータのオープン化、ライフサイエンスや材料科学におけるデータベースの統合化や、コモンズに蓄積された知の活用といったトピックを中心に、科学技術コモンズの現状と課題等について議論するとのことです。国立国会図書館長の長尾真館長による基調講演も予定されています。

記念シンポジウム「科学技術コモンズと情報知識学の挑戦」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsik/kenkyu/2010/2010symposium.html

ページ