アーカイブ - 2010年 11月 4日 - car

OCLCとEBSCO社、データベースの連携強化により情報探索サービスを向上

OCLCは、EBSCO社との提携を拡大し、WorldCatとEBSCO社のデータベースの連携を強化する発表しています。これにより、WorldCat Localのユーザーは新たな認証なしにEBSCO社のデータベースのメタデータを検索することができるようになるほか、OCLCのメンバー館は“EBSCO Discovery Service”を通して、WorldCatのデータへのアクセスや図書館相互貸借(ILL)の処理などを行うことができるようになるとのことです。

OCLC and EBSCO to enhance discovery services through data exchange(OCLCのニュースリリース)
http://www.oclc.org/news/releases/2010/201054.htm

米国会計検査院(GAO)による米国国立公文書館(NARA)の業務評価

米国会計検査院(GAO)による、米国国立公文書館(NARA)の業務評価が2010年10月5日付けで公開されています。NARAによる政府文書管理の取組みの成果の例としては、80%近くの政府機関において文書の不適切な廃棄のリスクがあることが明らかになったことがあげられています。一方、NARAの業務の課題としては、処理待ちの滞貨が大量にあることや、電子記録の保存システムがまだ本格稼働していないことなどが挙げられています。

National Archives and Records Administration: Oversight and Management Improvements Initiated, but More Action Needed(GAO-11-15)(2010/10/5付けGAOの資料)
http://gao.gov/products/GAO-11-15

ニューヨーク公共図書館、ディナーイベント“Library Lions”を実施

米国のニューヨーク公共図書館(NYPL)が、2010年11月1日にディナーイベント“Library Lions”を実施したようです。このイベントは1年に1回行われているもので、作家やセレブ、政治家など数百人が参加したようです。NYPLの閲覧室“Rose Main Reading Room”をディナー用に装飾し準備を進めている様子がウェブで公開されています。

Library Lions Gala(NYPLのイベント情報)
http://www.nypl.org/events/programs/2010/11/01/library-lions-gala

Library Lions
http://www.nypl.org/help/about-nypl/awards/library-lions

国立大学図書館協会と公私立大学図書館コンソーシアムがCLOCKSSに参加

学術情報資源の協同保存プロジェクト“CLOCKSS”のサイトで、日本の国立大学図書館協会(JANUL)と公私立大学図書館コンソーシアム(PULC)がCLOCKSSに参加したと発表されています。

Japanese Library Consortia Join CLOCKSS(2010/10/28付けCLOCKSSのNews)
http://www.clockss.org/clockss/News

参考:
E1065 - 国立情報学研究所オープンハウス2010<報告>
http://current.ndl.go.jp/e1065