アーカイブ - 2010年 11月 26日 - car

英国国立公文書館(TNA)、英国における宗教関係アーカイブズの調査結果を公表

英国国立公文書館(TNA)が、“Archives and Records Association ”と“Religious Archives Group”と共同で行なった、英国における宗教関係アーカイブズの調査結果を“Religious Archives Survey 2010”として公表しています。なお、同様の調査は2007年にも実施しているようです。

Religious Archives Survey 2010
http://www.nationalarchives.gov.uk/documents/tna-ras-web-17-nov.pdf

Read the Appendices to the Religious Archives Survey 2010
http://www.nationalarchives.gov.uk/documents/appendices-22-11-10.pdf

Religious Archives Survey
http://www.nationalarchives.gov.uk/religiousarchives/default.htm

Religious Archives Survey (UK) (2010/11/25付け Peter Scott's Library Blogの記事)

ハーバード大学図書館長ダーントン氏、Googleに対して米国デジタル公共図書館への協力を期待

2010年11月23日付けのNew York Review of Booksのブログに、ハーバード大学図書館長のダーントン(Robert Darnton)氏が“How Google Can Save America’s Books”と題した記事を掲載しています。記事では、米国デジタル公共図書館(Digital Public Library of America:DPLA)の設立に向けた展望が語られています。(なお、カレントアウェアネス-E181号に掲載しました「E1105 - ハーバード大学図書館長,「全米デジタル図書館」を語る」では、「全米デジタル図書館」(National Digital Library)と表記しています。)ダーントン氏は、諸外国でも国立のデジタル図書館が進展していること、米国では資金面よりも法的な問題がDPLA実現の障害となっているが、学術書の著者である研究者らは、自分たちの著作がデジタル化されることで広く利用されるならば、著作権に関する補償は受け取らないかもしれないということ、Googleに対してはDPLAへの協力を求めること等を述べているようです。

How Google Can Save America’s Books (2010/11/23付け New York Review of Booksのブログ記事)

MADS/RDF語彙記述のドラフト版についてパブリックコメントを募集中

米国議会図書館(LC)で検討されている、MADS/RDF(Metadata Authority Description Schema in RDF)のドラフト版が公開され、2011年1月14日までパブリックコメントを募集しています。MADSは典拠・語彙データを扱うメタデータスキーマであり、今回のRDF版は、ウェブオントロジー言語OWLによるデータ表現を行っているものです。

MADS/RDF Vocabulary Description
http://www.loc.gov/standards/mads/rdf/

MADS/RDF Ontology for Review (2010/11/19付け Catalogblogのニュース)
http://catalogablog.blogspot.com/2010/11/madsrdf-ontology-for-review.html

2010年の日本の“Library of the Year”の大賞は「カーリル」に

NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)が毎年授与している“Library of the Year”の2010年の最終選考が、2010年11月26日に、第12回図書館総合展において開催されました。先に優秀賞として発表されていた「京都国際マンガミュージアム」「神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ事業」「カーリル」の中から、大賞として、「カーリル」が選出されました。また、特別賞が「置戸町生涯学習情報センター」に贈られました。

IRI_LoY(Library of the Year2010のTwitterアカウント)
http://twitter.com/IRI_LoY

Library of the Year 2010
http://www.iri-net.org/loy/

カーリル
http://calil.jp/

参考:
E1035 - 「カーリルの中の人」が語る「カーリル」の裏側
http://current.ndl.go.jp/e1035

日本の“Library of the year 2010”、大賞候補となる優秀賞3機関が発表される
http://current.ndl.go.jp/node/16791

Library of the Year 2009が発表される(日本)

文化・芸術がオンラインでどのように利用されているかを調査した報告書が公開される(英国)

2010年11月24日付け英国のイングランド芸術評議会(Arts Council England)のニュース、および11月25日付けの博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)のニュースによると、一般市民がオンラインでどのように文化や芸術を利用しているか等を調査した、“Digital audiences: engagement with arts and culture online”と題した調査報告書が公表されたようです。主な調査結果として、回答者の53%はオンラインで文化・芸術に触れており、この比率は若者で高いこと、デジタルメディアを通じての文化・芸術の利用は、主に生の経験を補完するためであって、その代わりとしてではないこと等が挙げられているようです。

Digital audiences: engagement with arts and culture online
http://www.artscouncil.org.uk/media/uploads/doc/Digital_audiences.pdf

クイズ「文学作品の中の図書館」

2010年11月23日付けのguardian.co.ukが、「文学作品の中の図書館」(Libraries in literature)と題して、図書館に関するクイズを10題掲載しています。

Libraries in literature (2010/11/23付け guardian.co.ukの記事)
http://www.guardian.co.uk/books/quiz/2010/nov/23/libraries-in-literature-book-quiz

12月11日に大学ICT推進協議会設立総会・記念講演が開催

2010年12月11日に、ICTを利用した高等教育・学術研究の教育・研究・経営の飛躍的強化を目指す「大学ICT推進協議会」の設立総会が京都で開催されるようです。また、同協議会設立記念として、米国のNPOであるEDUCAUSEの役員会・会長トッド(Ted Dodds)氏による講演も行われるとのことです。

設立総会・記念講演 (2010/11/24付け 大学ICT推進協議会(仮称)設立準備委員会のページ)
http://www.ipe.media.kyoto-u.ac.jp/axies-prep/?%C0%DF%CE%A9%C1%ED%B2%F1

英国のOpenBibプロジェクト、「英国全国書誌」のデータ300万件を公開

英国情報システム合同委員会(JISC)が支援するプロジェクト「OpenBibプロジェクト」は、書誌データをLinked Open Dataとして公開することを目的としていますが、2010年11月17日から、英国図書館(BL)の「英国全国書誌」(British National Bibliography)の1950年以降の全データ約300万件を公開しています。これは、2010年8月から開始された英国図書館による書誌レコードの無償提供を受けて実施されたもので、今後も英国図書館のデータを追加していくとのことです。

JISC OpenBibliography: British Library data release(2010/11/17付けOpen Biblio (graphic) Projectsのブログの記事)
http://openbiblio.net/2010/11/17/jisc-openbibliography-british-library-data-release/

Milestone for Open Bibliographic Data: British Library Release 3 Million Records(2010/11/23付けOpen Knowledge Foundation Blogの記事)

“Academia.edu”、研究分野の雑誌の「フォロー」が可能に

2010年11月25日付けのTechCrunchに、研究者のためのソーシャルネットワーク“Academia.edu”に関する記事が掲載されています。それによると、Academia.eduには、12,500種の専門誌について、例えば「生物学」といった研究分野別のディレクトリが構築されており、利用者はその分野の雑誌を「フォロー」することができるとのことです。

Academia.edu
http://www.academia.edu/

12500種の学術専門誌のソーシャルな目録を作ったAcademia.edu, ユーザは愛読誌を’フォロー’できる (2010/11/25付け TechCrunchの記事)
http://jp.techcrunch.com/archives/20101124academia-edu-launches-a-directory-of-12500-academic-journals/

国立国会図書館PORTAの検索対象に「e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財」を追加

国立国会図書館のデジタルアーカイブポータル「PORTA」の検索対象に、国立文化財機構の「e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財」が加わりました。「e国宝」は、国立文化財機構の4つの国立博物館が所蔵する国宝・重要文化財の高精細画像を、多言語(日本語、英語、フランス語、中国語、韓国語)による解説とともに、閲覧することができるサイトです。

国立文化財機構の「e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財 」を追加(2010/11/22付けPORTAのお知らせ)
http://porta.ndl.go.jp/service/SER_Information_DetailRSS.jsp?news_id=83