アーカイブ - 2010年 11月 24日 - car

ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の共同による事業準備会社が「ブックリスタ」として事業会社化

ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の4社の共同による事業準備会社が「株式会社ブックリスタ(booklista)」として事業会社化されたようです。2010年5月の発表後に準備が進められていた、デジタルコンテンツ向けの共通配信プラットフォームの構築・運営に関する事業を担うとのことです。

電子書籍配信事業準備株式会社が株式会社ブックリスタとして事業会社化(ソニー社のニュースリリース)
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201011/10-1124B/

ブックリスタ(booklista)
http://www.booklista.co.jp/

参考:
ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社の4社が電子書籍配信で新会社設立へ
http://current.ndl.go.jp/node/16283

OCLC、2009/2010年度の年報を公表

OCLCが2009/2010年度の年報を公表しています。

2009/2010 OCLC Annual Report
http://www.oclc.org/news/publications/annualreports/2010/2010.pdf

New: OCLC Releases 2009/2010 Annual Report (2010/11/24付け Resource Shelfの記事)
http://web.resourceshelf.com/go/resourceblog/62153

参考:
OCLC、2008/2009年度の年報を公表
http://current.ndl.go.jp/node/15447

慶應義塾大学等の学術書デジタル化実証実験、2010年12月15日に開始へ

京セラコミュニケーションシステムと京セラ丸善システムインテグレーションが、慶應義塾大学メディアセンター(図書館)と共同で実施する、学術書のデジタル化と提供に関する実証実験を2010年12月15日に開始する、と発表しています。慶應義塾大学の教職員及び学生を対象にした実験で、教育機関におけるデジタル化された書籍の利用モデルを検証するとのことです。

KCCSとKMSI、慶應義塾大学での電子書籍配信実験を開始(京セラ丸善システムインテグレーションのプレスリリース)
http://www.kmsi.co.jp/kmsi/modules/bulletin2/article.php?storyid=64

参考:
慶應義塾大学、デジタル化した学術書を図書館を通じて閲覧・貸出を行う実験プロジェクトを立ち上げ
http://current.ndl.go.jp/node/16888

米国国立公文書館、北米研究図書館協会の一員に

北米研究図書館協会(ARL)は2010年11月22日付けのプレスリリースで、米国国立公文書館(NARA)が同協会の会員になった、と発表しています。これにより、同協会の参加機関は126機関になったとのことです。

National Archives and Records Administration Becomes Newest Member of ARL(ARLのプレスリリース)
http://www.arl.org/news/pr/NARA-nov10.shtml

“DART-Europe”への登録大学数が300を突破

2010年11月22日、欧州研究図書館連盟(LIBER)の発表によると、欧州の電子学位論文統合ポータルサイト“DART-Europe”への登録大学数が300を超えたようです。その300番目の登録大学は、イタリアのボローニャ大学“Università di Bologna”とのことです。現在、DART-Europeのポータルサイトには、184,438件の学位論文が登録されているとのことです。

The DART-Europe E-theses Portal
http://www.dart-europe.eu/basic-search.php

DART-Europe registers its 300th University (2010/11/22付け LIBERのニュース)
http://www.libereurope.eu/node/582

欧州のテレビ資料の保存と利用に関するプロジェクト“EUscreen”、初の年次報告書を刊行

2010年11月11日、EUscreenが、2009年10月1日から2010年11月30日までの年次報告書を公開しています。同報告書の冒頭によると、「EUscreenの主たる目的は、欧州の幅広いユーザー及びコミュニティに対して、テレビアーカイブコンテンツの利用を促し、EU各国および欧州全体の双方のレベルで、欧州の文化的記憶への積極的な関与を進展させることにある。Europeanaとの相乗効果を通じて、EUscreenは、欧州の視聴覚に関するコンテンツとデジタル化された文化遺産との連携を可能にする」とのことです。なお、同プロジェクトは、2009年10月から始まった3年間のプロジェクトのようです。

Annual Report: 1 October 2009 - 30 September 2010
http://www.euscreen.eu/wp-content/uploads/2010/11/D1.3.1-Annual-public-report-FINAL.pdf