アーカイブ - 2010年 1月 8日 - car

フランス政府がインターネット広告の課税を検討

フランス政府が、検索エンジンのインターネット広告収入に対して課税することを検討していると報じられています。課税案は、政府の出資によりZelnick氏らが作成した報告書“Le rapport Zelnik”で提案されているもので、Googleなどのフランス国外の検索エンジン企業でも広告をクリックしたユーザーがフランス国内にいる場合は課税の対象とするようです。1~2%の税率で年間1,000万~2,000万ユーロの税収が見込まれており、それらを使って音楽業界や出版業界に助成するとのことです。

フランス政府が“Google税”提案 税収でコンテンツ業界を支援(ITmedia News 2010/1/8付けの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/08/news062.html

Pour promouvoir la culture, la commission Zelnik part en guerre contre Google(Le Monde 2010/1/7付けの記事)

PubMed Central Canadaがスタート

カナダ国立研究機構国立科学技術情報機関(NRC-CISTI)、カナダ保健研究機構(Canadian Institutes of Health Research;CIHR)、米国国立医学図書館(NLM)の協力により、PubMed Central Canadaが正式にスタートしました。PubMed Central Canadaには、CIHRが助成した研究成果のほか、米国のPubMed Centralのコンテンツの大半が含まれるということです。

Pubmed Central® Canada is Launched
- NLM Technical Bulletin 2010/1/5付けの記事
http://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/jf10/jf10_pmc_canada_uk.html

PubMed Central Canada
http://pubmedcentralcanada.ca/

Cell社、学術記事のオンライン表示のための新しいフォーマットを導入

米国の出版社Cell社が、学術記事のオンライン表示のための新しいフォーマットを導入すると発表しています。記事中の各要素はタブ単位で表示されるようになっており、抄録タブや考察タブのほか、記事中の図表をサムネイル画像とともに一覧することができるデータタブ、発行年別のグラフも見ることができる参照文献タブなどがあるようです。

Cell launches a new format for the presentation of research articles online(Cell Pressのニュースリリース)
http://beta.cell.com/index.php/2010/01/cell-launches-article-of-the-future-format

LISNews、ライブラリアンエッセイコンテストを開催

図書館関連情報ブログ“LISNews”が、ライブラリアンエッセイコンテストを初めて開催するということです。ライブラリアンという職業に影響を与えるテーマのエッセイを2010年2月いっぱいまで募集し、2010年3月に優秀賞を発表するということです。受賞者には、Amazon.comのギフトカードや、1年間のホスティングサービスといった記念品が贈られる予定です。

LISNews Librarian Essay Contest
- LISNews 2010/1/5付けの記事
http://lisnews.org/lisnews_librarian_essay_contest

参考:
「ライブラリアンについて知っておいてほしいこと」エッセイコンテスト(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/12219