アーカイブ - 2010年 1月 29日 - car

英国図書館、英国の歴史を資料で紹介する「タイムライン」を公開

英国図書館(BL)は、1200年代から現代までの英国の歴史上の出来事を、様々な関連資料を用いて時間軸に沿ってグラフィカルに表示する「タイムライン(Timelines)」を公開しています。「重要な出来事」「政治」「文学・芸術」「日常生活」「科学」など、テーマに沿った資料を表示することもできます。歴史学者などと共同で開発したとのことです。

Timelines: sources from history
http://www.bl.uk/timeline

First virtual history timeline opens up new world for students and teachers
http://www.bl.uk/news/2010/pressrelease20100128.html

図書館で借りた本の延滞料金、「物納」でも払えます(米国)

米国の図書館では貸出資料の延滞に対し罰金を課すことがありますが、経済不況の影響もあり、罰金があるため図書館を利用しなくなる人がいるという問題があるようです。その解決のため、いくつかの図書館では、罰金を支払う代わりに缶詰や日用品などによる物納(図書館経由で慈善団体等に寄付される)を認めたり、子供に対して図書館の読書イベントに参加することで帳消しにしたりしているそうです。延滞のため図書館を利用しなくなった利用者に戻ってきてもらうとともに、延滞中の図書館資料を返却してもらう狙いがあるとのことです。

New and Creative Leniency for Overdue Library Books(2009/12/28付けNYTimes.comの記事)
http://www.nytimes.com/2009/12/29/us/29library.html

Read off your fines at the Bay County Library System(2009/12/26付けBAY CITY TIMESの記事)
http://www.mlive.com/news/bay-city/index.ssf/2009/12/read_off_your_fines_at_the_bay.html

カリフォルニア大サンタクルーズ校図書館、100万ドルの資料費削減に直面

米国のカリフォルニア大学サンタクルーズ校の図書館が、100万ドル(約9,000万円)分の資料費削減を迫られています。対象となる資料は、データベース、ジャーナル、新聞、書籍など、あらゆる種類のものを含んでいます。購入を取りやめる資料の候補は、ライブラリアンが、利用統計、重複、利用ごとのコスト、インパクトファクターやアイゲンファクター、といったことを基にして決定しました。図書館のウェブサイトには、なるべくコスト削減のインパクトを小さくするべく努力はしているが、あまりに削減幅が大きく、全員の要望に応えることは難しい、とのコメントが掲載されています。なお、図書館ではこれまでにも、経費節減のため、開館時間の大幅な縮小なども実施しています。

Budget Reduction Process
http://library.ucsc.edu/collections/budget-reduction-process

デジタルデバイド縮小のためには公共図書館が重要との調査結果(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会はこのほど、新たな報告書“Role of public libraries in supporting and promoting digital participation”(「デジタルへの関与を支援し、促進する公共図書館の役割」)を発表しました。これによると、無料インターネットの提供、1対1のインターネット支援サービス、オンラインでの就職活動支援といった活動を通じ、公共図書館が英国内のデジタルデバイドの縮小において重要な役割を果たしていることが明らかになったということです。

The key role of public libraries in opening up free online access and providing support to help people get online is highlighted in a new research report.
http://www.mla.gov.uk/news_and_views/press/releases/2010/digital_participation

Role of public libraries in supporting and promoting digital participation(報告書のダウンロード先)

ウェブにおけるUnicodeの利用が5割近くに?

Googleが、ウェブページの索引付与作業に基づく内部データを分析したところによると、ウェブ上におけるUnicodeの利用が著しく伸び、5割近くにまで上っていることが分かったということです。

Unicode nearing 50% of the web
- The Official Google Blog 2010/1/28付けの記事
http://googleblog.blogspot.com/2010/01/unicode-nearing-50-of-web.html

ニューヨーク公共図書館、サリンジャー氏追悼メッセージをウェブサイトに掲載

ニューヨーク公共図書館(NYPL)のウェブサイトに、2010年1月27日に91歳で死去した作家のサリンジャー(J.D. Salinger)氏を悼む文章が掲載されています。

The NYPL Says Goodbye To J.D. Salinger(2010/1/28付けNYPLのNews)
http://nypl.org/press/press-release/2010/01/28/passing-author-jd-salinger-resonates-throughout-nypl

J・D・サリンジャー氏死去 米作家(2010/1/29付け47Newsの記事)
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012901000109.html