アーカイブ - 2010年 1月 28日 - car

BL、2010年4月からの展示で世界最大の地図資料を初公開

英国図書館(BL)が、1660年に刊行された世界最大の資料“The Klencke Atlas”を2010年4月から開催予定の地図資料の展示で初めて一般公開すると発表しています。

Magnificent Maps: Power, Propaganda and Art 30 April - 19 September 2010(BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2010/pressrelease20100126.html

Largest book in the world goes on show for the first time(Gurdian 2010/1/26付けの記事)
http://www.guardian.co.uk/books/2010/jan/26/klencke-atlas-british-library-exhibition

経費削減のため、借りた図書は借りた図書館へ返却(米国)

米国ミシガン州のヘリック地方図書館(Herrick District Library)は、2010年3月15日をもって、経費削減のために地域内の他の図書館でも貸出図書の返却を受け付けるサービスを取りやめるようです。借りた図書を借りた図書館へ返却してもらうことで、資料搬送にかかる諸経費をおよそ32万ドル削減することができるとのことです。

Keeping returns local could save libraries $324,000(Holland Sentinel 2010/1/25付けの記事)
http://www.hollandsentinel.com/news/x1090818495/Keeping-returns-local-could-save-libraries-324-000

大日本印刷、書籍専用ICタグとその高速実装技術を開発

大日本印刷は、書籍の背表紙の裏面に装着する幅10mmの書籍専用ICタグと、そのICタグの高速実装技術を開発したと発表しています。

書籍専用のICタグと高速装着可能な実装技術を開発(2010/1/28付け大日本印刷のニュースリリース))
http://www.dnp.co.jp/news/1211665_2482.html

大日本印刷、書籍専用/高速装着可能なICタグ実装技術を開発(2010/1/28付けYahoo!ニュースの記事(サーチナ))
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100128-00000059-scn-bus_all

文字・活字文化推進機構等、「国民読書年」の開始を宣言

文字・活字文化推進機構等の団体が、2010年1月27日に国民読書年宣言集会を開き、「国民読書年」の活動開始の宣言を行っています。

国民読書年:開始を宣言(毎日.jp 2010/1/27付けの記事)
http://mainichi.jp/enta/book/news/20100128ddm012040179000c.html

活字離れの危機的な状況に打開を 国民読書年でアピール(47NEWS 2010/1/27付けの記事)
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012701000709.html

Apple社、“iBookstore”で電子書籍の販売を開始へ

Apple社は、2010年1月27日に、タブレット型の“iPad”を米国で3月から発売すると発表しています。あわせて、電子書籍を販売する“iBookstore”と読書用アプリ“iBooks”についても発表しています。ePubフォーマットを使用するもので、現時点では、HarperCollins社など5つの出版社との提携が決まっているようです。

Apple、9.7型タブレット「iPad」を発表 - 電子書籍用ショップ「iBookstore」も(2010/1/28付けマイコミジャーナルの記事)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/28/004/index.html

アップル、iBooksで電子ブック市場に参入(2010/1/27付けengadget日本版の記事)
http://japanese.engadget.com/2010/01/27/ibooks/

Apple Reveals the iPad Tablet(2010/1/27付けNYTimes.comの記事)
http://www.nytimes.com/2010/01/28/technology/companies/28apple.html

Apple Launches iPad