アーカイブ - 2009年 9月 - car

9月 16日

【イベント】日本病院ライブラリー協会による、病院図書室職員向けの研修会

2009年11月6日・7日に、日本病院ライブラリー協会が主催する、第1回病院図書室新任担当者研修会および2009年度第2回研修会が、東京ビッグサイトで開催されます。

日本病院ライブラリー協会 第1回病院図書室新任担当者研修会および2009年度第2回研修会
http://jhla.org/study/200902.html

9月 15日

国立台湾大学のポップな図書館ガイドブック

国立台湾大学が、図書館の使い方を初心者向けに指南するガイドブック「恋上図書館的毎一天」(英語版は“My Love Affair with Library”)を刊行しています。学生にも親しみ易い、ポップなデザインを採用しています。

ハーバード・MITなど5大学がオープンアクセス出版の支援組織を結成

ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ダートマス大学、コーネル大学、カリフォルニア大学バークレー校の5大学が、オープンアクセス出版への支援組織“Compact for Open-Access Publishing Equity”を結成すると発表しています。著者が出版費用を負担する形のオープンアクセス誌に執筆する際の費用を支援するもののようです。

Compact for Open-Access Publishing Equity
http://www.oacompact.org/

使用頻度の低い研究雑誌の保存・提供プロジェクトに15の高等教育機関が参加(英国)

英国図書館(BL)は、同館とロンドン大学が中心となって取り組んでいる、使用頻度の低い研究雑誌の保存・提供プロジェクト“UK Research Reserve(UKRR)”に新たに15の高等教育機関が参加すると発表しています。BLが使用頻度の低い研究雑誌を一括して保存・管理することにより、高等教育機関の図書館でスペースをより有効に活用してもらうことが期待されています。2007年1月から18か月間行われていたプロジェクトの第1段階の成功によって、引き続き高等教育財政審議会(HEFCE)から資金提供を受けることとなり、提携機関と共に2009年から2013年にかけてプロジェクトの第2段階が実行されるとのことです。

UK Research Reserve signs up 15 Higher Education Institutions(BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2009/pressrelease20090914.html

9月 14日

オブジェクト指向版FRBR“FRBRoo”のドラフト1.0版

国際博物館会議(ICOM)の国際ドキュメンテーション委員会(CIDOC)と国際図書館連盟(IFLA)が協同で開発している、「書誌レコードの機能要件(FRBR)」のオブジェクト指向(object-oriented)版である“FRBRoo”のドラフト1.0版が、2009年5月からCIDOCのサイトで公開されています。

CIDOCのWorking Drafts and Releasesのページ
http://cidoc.ics.forth.gr/frbr_drafts.html
(PDF版)
http://cidoc.ics.forth.gr/docs/frbr_oo/frbr_docs/FRBRoo_V1.0_draft__2009_may_.pdf

「日本のMLA連携の方向性を探るラウンドテーブル」開催(10月・東京)

NPO法人「知的資源イニシアティブ(IRI)」が主催する、博物館・美術館(Museum)、図書館(Library)、文書館(Archive)の連携についての各分野の専門家によるラウンドテーブルが10月19日に東京で開催されます。MLA連携提唱の背景、共通の課題、連携のメリット、今後の具体的な取組みの方向等について、公開討論会が開催されるとのことです。

日本のMLA連携の方向性を探るラウンドテーブル
http://www.iri-net.org/forum/mlart01.html

中学・高校の数学参考書の点訳が完成

聴覚・視覚障害者のための大学である筑波技術大学の障害者高等教育研究支援センターが、中学・高校の数学の参考書6点を点訳したと発表しています。同大学の長岡教授と首都圏の六つのボランティア点訳グループにより、全290巻、21,811ページが作成されました。 原書に掲載されている図のほとんどを掲載し、手で触れて読み取り易いように工夫された点図に仕上げている点が特徴とのことです。当該予算期間中は、希望者には無償で提供するとのことです。

中学・高校学年用数学参考書の点字版が完成しました(筑波技術大学)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/hs/kasuga-news/#N09091001

「チャート式数学」完全点訳 筑波技術大、無料提供へ(2009/9/13付けasahi.comの記事)
http://www.asahi.com/national/update/0912/TKY200909120110.html

JLA、「日本十進分類法新訂10版」の試案説明会を開催(11月)

日本図書館協会(JLA)分類委員会による「日本十進分類法新訂9版」の改訂作業については、既にいくつかの試案が雑誌等で発表されていますが、これらの試案や改定作業についての説明会が、2009年11月10日に開催されます。内容は、改訂方針の確認、進捗状況、公表された試案(0,2,3,7類)の概説、懸案事項に関する意見聴取、意見交換等とのことです。

「日本十進分類法新訂10版」試案説明会(中間報告)
(日本図書館協会ウェブサイトの図書館イベントカレンダー2009年11月)
http://www.jla.or.jp/calendar.html#11

Googleブックス和解案に対するフランス政府の意見書

Googleブックスをめぐる訴訟の和解案について、9月8日付けで提出されたフランス政府による意見書がウェブで公開されています。和解案によって起こりうる悪影響等を述べたもので、先立って提出されたドイツ政府の意見書と同じ弁護士によるもののため、内容は共通の部分が多いようですが、前文部分では「文化の多様性」への影響を指摘しています。

フランス政府の意見書(関係情報をまとめたサイトthe public indexより)
http://thepublicindex.org/docs/letters/french_republic.pdf

文化・コミュニケーション省のGEORGE氏による文書(同上)
http://thepublicindex.org/docs/letters/georges.pdf

La France veut garantir le respect du droit d'auteur dans le cadre du contentieux opposant Google Books aux auteurs et éditeurs américains(フランス文化・コミュニケーション省の声明)

9月 11日

Googleブックス問題に関するIFLAの声明

IFLA(国際図書館連盟)のウェブサイトに、Googleブックス和解案に関するIFLAの声明が掲載されています。2009年9月7日の欧州委員会(EC)の会議の場で公表されたものです。情報へのアクセスが向上する可能性があるという点を評価しつつも、留意が必要な点として、米国以外でもアクセスができるようになるかどうか、機関購読における価格決定への図書館側の関与、検閲やプライバシーの問題を指摘しています。同じページに、Googleブックスの和解案を担当するニューヨークの連邦地裁に送った意見書も掲載されています。

IFLA Statement to the European Commission hearing on the Google Book Settlement
http://www.ifla.org/en/news/ifla-statement-to-the-european-commission

日本ペンクラブのメンバーによるGoogleブックス和解案への異議申し立て文書

Googleブックスをめぐる訴訟の和解案に対して日本ペンクラブのメンバーがニューヨーク連邦地裁に提出した異議申し立て文書について、その文面(英語及び日本語仮訳)がウェブサイトに掲載されています。

「グーグルブック検索訴訟の和解案に対する異議申し立て」について
http://www.japanpen.or.jp/news/guide/post_197.html

参考:
日本ペンクラブ、Googleブックスの和解案に対し、NY地裁に異議申し立てへ
http://current.ndl.go.jp/node/14166

ALAとARL、オンラインでのみ利用可能な出版物の納本義務化に向けたLCの取組への支援を表明

米国議会図書館(LC)は2009年7月15日付けの官報のなかで、オンラインのみの出版物について、LCの要求がある場合には納本を義務づけるようにするための規則改正の提案を行いました。この件に関し米国図書館協会(ALA)と北米研究図書館協会(ARL)は連名で、意見表明の文書をLCに送付したということです。このなかでALAとARLは、「オンラインでのみ発行される雑誌の数が増えるなど、技術的な進歩に照らして考えると、今回の提案は必須のものである。ARLとALAはLCの提案を賞賛する。」として、感謝と支援の意を表明しています。

ALA, ARL commend Library of Congress for proposing mandatory deposit of electronic works
http://www.wo.ala.org/districtdispatch/?p=3621

文化庁、平成20年度「国語に関する世論調査」の結果を公表

文化庁が、平成20年度「国語に関する世論調査」の結果を公表しました。読書に関する問いでは、1か月の読書冊数を尋ねる設問に「読まない」と回答した人が5割弱であること(平成14年度の調査では4割弱)、読書量が減っていると感じている人が回答者の6割以上を占めること、といったことが分かりました。

平成20年度「国語に関する世論調査」の結果について
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h20/kekka.html

参考:
文化庁、「国語に関する世論調査」を実施
http://current.ndl.go.jp/node/12283

英国国立公文書館、UFOに関する文書を追加公開

英国国立公文書館は国防省との協同プロジェクトとして、UFO(未確認飛行物体)に関する文書を2008年5月からウェブサイトで公開していますが、3回目の文書の追加が2009年8月に行われました。今回追加されたのは、1981年から1996年の期間のもので、公開2日で45万回ダウンロードされるほど注目を集めているとのことです。UFOの専門家であるDavid Clarke博士による解説動画も掲載されています。

Online files captivate UFO enthusiasts
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/358.htm

Newly released UFO files from the UK government
http://ufos.nationalarchives.gov.uk/

米国著作権局長、Googleブックス和解案に反対

2009年9月10日に開催された、米国連邦議会下院の法務委員会のGoogleブックス和解案に関する公聴会で、証人として発言した著作権局のピーターズ局長は、和解案が実現すると著作権法に多大な影響があり、そのような変化は議会による立法によって行われるべきだと主張し、和解案への反対姿勢を示しました。一方、Google社からの証人は、デジタル化した本の販売を他社にも認めるとの案を示しましたが、Amazon.com社の証人は、それを断ったとのことです。また、視覚障害者団体からの証人は、利用可能な資料が増えるという観点から、和解案を支持する見解を示したとのことです。

Now Online: Prepared Testimony and News from Today’s House Hearing on Competition and Commerce in Digital Books(2009/9/10付けResourceShelfの記事。下部に多数のニュース記事へのリンクあり)
http://www.resourceshelf.com/2009/09/10/now-online-prepared-testimony-and-news-from-todays-house-hearing-on-competition-and-commerce-in-digital-books/

9月 10日

科学者のデータ共有が進まない理由(記事紹介)

科学誌natureのサイトのNatureNewsに、“Data sharing: Empty archives”という記事が掲載されています。科学者の研究データの共有がすすまない理由として、データを共有する伝統のない分野があることや、どのデータをどのように共有するかの判断が難しいこと、適切な引用についての取り決めが必要なこと、などが指摘されています。

Data sharing: Empty archives
http://www.nature.com/news/2009/090909/full/461160a.html

Data sharing: Empty archives(2009/9/10付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/09/10/data-sharing-empty-archives/

第11回図書館総合展、プログラム等を公開

2009年11月10日から12日にかけて開催される第11回図書館総合展の出展者、フォーラム・プレゼンテーションのプログラムが公開されています。フォーラムの参加受付も開始しています。

「第11回図書館総合展」出展企業一覧  
http://www.j-c-c.co.jp/li_exibitor/index.html

フォーラム&プレゼンテーション
http://www.j-c-c.co.jp/li_forum/index.html

中国国家図書館、100周年記念式典を開催

中国の国家図書館の開館100周年の記念式典が2009年9月9日に北京で開催されました。国家図書館の前身の京師図書館が開館した1909年9月9日から数えて100周年とのことです。

国家図書館開館100周年祝賀大会、北京で開催、李長春氏が出席(2009年9月10日付け新華社新華網ニュース)
http://203.192.6.79/200909/aaa110093234_1.htm

The world in a click(新華網ニュース英語版)
http://news.xinhuanet.com/english/2009-09/09/content_12019410.htm

中国国家図書館
http://www.nlc.gov.cn/bngq/index.htm

2009年国際識字デーのテーマは、識字によるエンパワーメント

毎年9月8日はユネスコの定める「国際識字デー(International Literacy Day)」ですが、2009年は「The Power of Literacy」を標語とし、識字によるエンパワーメントがテーマとなっています。ユネスコの松浦晃一郎事務局長のメッセージでは、7億7600万人の成人の非識字者の多くが社会的弱者であること、貧困問題解消のためには識字能力の向上が必要であること、識字能力向上により自尊心・自信・自己主張などの能力を身に付けることができ、自身の権利を意識する手助けとなること、等が述べられています。

International Literacy Day
http://www.unesco.org/en/literacy/advocacy/international-literacy-day/

Message from Mr Koichiro Matsuura,Director-General of UNESCO on the occasion of International Literacy Day
http://unesdoc.unesco.org/images/0018/001836/183671e.pdf

参考:
2008年国際識字デーのテーマは「識字は最良の治療薬」

ページ