アーカイブ - 2009年 9月 8日 - car

欧州委員会、本のデジタル化についての会議を開催

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会(European Commission)は、2009年9月7日・8日の日程で、本のデジタル化に関する会議を開催しています。7日には、Googleブックスの和解案等についてもヒアリングが行われたとのことです。会議に先立って公表されたプレスリリースでは、著作権に留意することが必要であるとしながらも、デジタル化をすすめる手段として、公共部門と民間部門の協同について言及しています。また、デジタル時代に応じた著作権制度の整備の必要性も主張しています。

「書籍のデジタル化は官民協力が重要」、欧州委員会が共同声明(2009/9/8付けINTERNET Watchの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090908_314204.html

"It is time for Europe to turn over a new e-leaf on digital books and copyright". Joint Statement of EU Commissioners Reding and McCreevy on the occasion of this week's Google Books meetings in Brussels

カザフスタン国立図書館の建築デザインが決定

カザフスタン共和国の首都アスタナに建築予定の新国立図書館のデザインとして、デンマークの建築会社BIG社のデザインが選ばれました。環、円形建築、アーチ、ユルト(遊牧民のテント式住居)などのカザフスタンのシンボルを融合させた、「メビウスの帯」の形のデザインになっているとのことです。

BIG to Design Kazakhstan’s New National Library in Astana(Designing Libraries 2009/9/7付けの記事)
http://www.designinglibraries.org.uk/news/story.php?subaction=showfull&id=1252329903

BIG will design Kazakhstan’s new National Library(Design Inspiration 2009/8/25付けの記事)
http://www.ddoxa.com/big-will-design-kazakhstans-new-national-library/

BIG to design Kazakhstan’s new National Library in Astana(archinnovations 2009/8/26付けの記事)

W3C、ウェブの信頼性構築のためのプロトコルを勧告化

World Wide Web Consortium(W3C)は2009年9月1日、ウェブ情報の信頼性を構築するためのプロトコル“POWDER”(Protocol for Web Description Resources)を勧告化しました。今回勧告化されたのは、“POWDER: Description Resources”、“POWDER: Grouping of Resources”、“POWDER: Formal Semantics”の3種類です。POWDERは、第三機関によるサービスの立証情報を統合し、機械可読にすることを目的に設計されています。POWDERを活用することにより、情報の来歴や可能な利用方法といったことを、ウェブサイトはアピールできるようになります。

A Sprinkle of POWDER Fosters Trust on the Web
New W3C Standard to Raise Confidence in Site Quality, Relevance and Authenticity(プレスリリース)
http://www.w3.org/2009/09/powder-pr.html

Protocol for Web Description Resources (POWDER) Working Group

Google、欧州で販売中の書籍のデジタル化については事前許諾方式に変更

Google社は、書籍のデジタル化について、欧州で販売中の書籍に限り権利者に事前に許諾を得る方式に変更すると発表しています。同社は、米国で絶版であっても欧州で販売中である書籍については権利者の事前許諾を個別に得るまではGoogleブックスに加えないとしています。また、同社は欧州の出版社と欧州の著者をBooks Rights Registryの委員会に追加する提案も行っているようです。

GoogleがEUに大幅譲歩、書籍スキャンをopt-in方式に変更し、Book Rights Registryで2議席も約束(hon.jp 2009/9/7付けの記事)
http://hon.jp/news/1.0/0/1274/

Google modifies Europe book plans(BBC NEWS 2009/9/7付けの記事)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8242710.stm

米国の読書推進イベント“National Book Festival”、広報に携帯電話を活用

2001年にローラ・ブッシュ前大統領夫人が米国議会図書館(LC)と協同で開始した読書推進イベント“National Book Festival”が、2009年も9月26日に開催されます。今年は、携帯電話のテキストメッセージでイベントの情報やアラートをお知らせしてくれるサービスを初めて取り入れたということです。イベント情報はその他に、TwitterやFacebookでも入手することができます。

Library of Congress Brings National Book Festival Direct to Mobile-Phone Users(LCのニュースリリース)
http://www.loc.gov/today/pr/2009/09-164.html

2009 National Book Festival
http://www.loc.gov/bookfest/

NIH、新しい統合検索サービス“RePORTER”の提供を開始

米国国立衛生研究所(NIH)はこのほど、資金提供に関するデータ、研究成果(PubMedアブストラクトやPubMed Centralで利用可能なフルテキスト論文)、米国特許商標局からの情報などを統合して検索できる新しいサービス“RePORTER”の提供を開始しました。これにより、研究者、研究の管理者、政策決定者、一般公衆といったステークホルダーに対し、彼らの様々なニーズを満たす豊富な情報へのアクセスが提供できるようになるとして、関係者は期待を寄せています。

New NIH Tool Makes Funding Data, Research Results and Products Searchable
- NIH News 2009/9/4
http://www.nih.gov/news/health/sep2009/od-04.htm

RePORTER
http://projectreporter.nih.gov/reporter.cfm

BL、音楽資料のアーカイブプロジェクトを開始

英国図書館(BL)が、英国情報システム合同委員会(JISC)との共同で音楽資料のアーカイブプロジェクトを開始しています。イングランドの伝統音楽やインドの信仰音楽など、28,000件、2,000時間分の音楽データがオンラインで公開されています。ライセンスを取得している英国の高等教育機関やBLの閲覧室からはすべての資料を無料で利用できるほか、許諾が得られているものについてはそれら以外からも視聴できるとのことです。

Rowdy pub sessions in England and Yanggona ceremonial chants in Fiji(BLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2009/pressrelease20090904.html

佐賀県立図書館、『伊勢物語』古写本を発見

佐賀県立図書館は2009年9月7日、平安時代の歌物語『伊勢物語』の古写本が見つかったと発表しています。同館の坊所鍋島家資料の中から、国文学研究資料館の調査チームが見つけたもので、古典籍の研究において重要な発見としています。

県立図書館所蔵の坊所鍋島家資料から貴重な古写本『伊勢物語』が発見されました(佐賀県立図書館のニュースリリース)
http://www.pref.saga.lg.jp/kentosyo/kyoudo/shozou/isemonogatari.html

「伊勢物語」古写本を発見 坊所鍋島家資料 佐賀県立図書館発表 古典籍の研究に一石(47NEWS 2009/9/8付けの記事)
http://www.47news.jp/localnews/saga/2009/09/post_20090908015803.html