アーカイブ - 2009年 8月 5日 - car

図書館・博物館・テレビ・ラジオの協同プロジェクトの成果報告(米)

IMLS(博物館・図書館サービス機構)と米国の公共放送協会であるCPBは、2005年から2006年にかけて、コミュニティにおける図書館・博物館・公共テレビ・ラジオ放送の協同プロジェクトに対する資金提供を行いました。このほどこの資金提供の対象となったプロジェクトの成果が報告書“Partnership for a National of Lerners: Joining Forces, Creating Value”としてまとめられました。このような連携は、小児喘息、ドラッグ、アルコール異存、英語リテラシーといったコミュニティの問題に対し、効果があることが示唆されています。

Partnership for a National of Lerners: Joining Forces, Creating Value
http://www.imls.gov/pdf/PNLReport.pdf

「未来の図書館員のためのブログ」ベスト100(英語)

“Learn-gasm Educating & Exciting”というブログで、未来の図書館員のためのブログベスト100と題し、下記の8分野で合計100のブログ(英語)が紹介されています。

・技術と教育(Technology and Education)
・学校・学術図書館(School and Academic Librarians)
・図書館問題とアドヴォカシー(Library Issues and Advocacy)
・研究とレファレンス(Research and Reference)
・イノベーションと情報(Innovation and Information)
・読書と文学(Reading and Literature Blogs)
・メディアとコミュニケーション(Media and Communication)
・プロフェッショナル(Professional Blogs)

100 Best Blogs for Librarians of the Future
http://www.bachelorsdegreeonline.com/blog/2009/100-best-blogs-for-librarians-of-the-future/

スミソニアン協会、新たなウェブ・ニューメディア戦略の暫定版を公開

米国のスミソニアン協会(Smithsonian Institution)が、ウェブ・ニューメディア戦略(Web and new media strategy)の暫定版を公開しています。デジタル体験(Digital Experience)のアップデート、学習モデルのアップデート、組織内での自治とコントロールのバランス、が重要テーマとしてあげられています。

Smithsonian Web and New Media Strategy
http://smithsonian-webstrategy.wikispaces.com/Strategy+--+Table+of+Contents

英国の公共図書館における日本のマンガ

英国の図書館情報専門家協会(CILIP)が発行する雑誌“Public Library Journal”の最新号に、英国の公共図書館の蔵書構築に日本のマンガを加えること、図書館でマンガに関連するイベントを企画すること等について考察した記事が掲載されています。図書館でのマンガ関連イベントの様子を撮影した写真が掲載されており、参加者がコスプレなどを楽しむ様子が伝わってきます。

Imrie, Matthew. Public Library Journal. Spring 2009, Vol. 24 No.1.
http://www.cilip.org.uk/specialinterestgroups/bysubject/plj/24/24-1/plj24-1-imrie.htm