アーカイブ - 2009年 6月 - car

6月 10日

マイクロソフトの新検索エンジンBing、好調な滑り出し

米国の市場調査会社の調査結果によると、マイクロソフト社が先日発表した新検索エンジン“Bing”が好調な滑り出しを見せているようです。

マイクロソフトの「Bing」、検索サービス・レースで好発進
- COMPUTERWORLD.com 2009/6/10付けの記事
http://www.computerworld.jp/topics/ms/149969.html

ComScore社のプレスリリース
http://www.comscore.com/Press_Events/Press_Releases/2009/6/Bing_Off_to_a_Good_Start_in_First_Week_of_Search_Activity_According_to_comScore

文科省、学校図書館司書教諭講習実施要項を発表

文部科学省が2009年度の学校図書館司書教諭講習の実施要綱を発表しています。

学校図書館司書教諭講習実施要項
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1269134.htm

スコットランドに関するオンライン共同レファレンスサービスが開始(英国)

2009年6月1日に、スコットランド図書館・情報協議会 (SLIC)は、OCLCと地方自治体の協力のもと、オンラインでスコットランドに関する質問を受け付け、スコットランド各地の図書館職員が回答を行うという共同レファレンスサービス“Ask Scotland”を開始したと発表しました。当初は参加館が限られるものの、今後拡大していく予定とのことです。

Ask Scotland
http://scone.strath.ac.uk/ask/index.cfm

Culture Minister launches AskScotland virtual reference service
http://www.slainte.org.uk/news/mediacentre/index.htm

6月 9日

「979」で始まる13桁ISBNが付与された書籍が登場

最初の3桁が「979」で始まる13桁の国際標準図書番号(ISBN)を、世界で初めてフランスのISBNセンターが付与したと報じられています。報道では、これまでは「978」で始まるものばかりだったので、ISBNを取り扱うシステム関連業者への注意を喚起する事例となった、とされています。

First 979 ISBN prefixes assigned - BookBrunch
http://www.bookbrunch.co.uk/index.php?option=com_content&view=article&id=2171:first-979-isbn-prefixes-assigned&catid=903:publishing&Itemid=79

June 05, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2009/06/first-979-isbn-prefixes-assigned.html

参考:
E348 - ISBN13桁化への準備進む−利用者マニュアルの改訂
http://current.ndl.go.jp/e348
E180 - 13桁ISBNに向けたガイドラインが出版
http://current.ndl.go.jp/e180

Second Life上での図書館サービスの成功例とその課題(デンマーク)

インターネット上の仮想空間“Second Life”上で、2007年からサービスを行っているバーチャル図書館"Info Island DK"について、その成功と課題を、利用者を含むInfo Island DKコミュニティのメンバーからの聞き取りなどをもとに分析した論文が、First Monday誌14(6)号に掲載されています。

Simon B. Heilesen. Remediating cultural services in Second Life: The case of Info Island DK. First Monday. 2009, 14(6).
http://firstmonday.org/htbin/cgiwrap/bin/ojs/index.php/fm/article/view/2315/2209

研究者、図書館、博物館、文書館向けのウェブ出版用オープンソースソフト“Omeka”が正式リリース

ジョージ・メイソン大学が開発した、研究者、図書館、博物館、文書館向けのウェブ出版用オープンソースソフト“Omeka”のバージョン1.0がリリースされています。タグ付与、RSS配信、COinSプラグインによる文献管理ソフトZoteroとの連携といった機能がサポートされています。

Omeka 1.0 Drops Today
http://omeka.org/blog/2009/06/02/omeka-10-drops-today/

Omeka
http://omeka.org/

June 03, 2009付けCatalogablogの記事
http://catalogablog.blogspot.com/2009/06/omeka.html

第6代目の英国Children's Laureateがアンソニー・ブラウン氏に決定

Poet Laureate(桂冠詩人)に倣い、優れた児童書作家・挿絵画家に与えられる英国の“Children's Laureate”が、アンソニー・ブラウン(Anthony Brown)氏に決まったと報じられています。

the Children's Laureate 2009-2011
http://www.childrenslaureate.org.uk/

やまねこ翻訳クラブ:アンソニー・ブラウン作品リスト
http://www.yamaneko.org/bookdb/author/b/abrowne.htm

参考:
英国の歴代“Children's Laureate”5名が選んだ、偉大なる児童書35作品
http://current.ndl.go.jp/node/12747

著作権法の改革を訴えるスウェーデンの「海賊党」、欧州議会で議席を獲得

2009年6月7日に投票の終了した欧州議会(European parliament)の選挙で、著作権法の改革などを主張するスウェーデンの「海賊党(Piratpartiet)」がスウェーデンで7.1%の票を獲得し、欧州議会に議席を持つことになったとのことです。海賊党は2006年に設立された単一争点政党(single-issue party)で、ファイルシェアリングの自由化、ヨーロッパでの特許制度の廃止、デジタル著作権管理の禁止などを主張しているとのことです。

著作権法の改革目指す“海賊党”、欧州議会で議席獲得(2009年6月9日付けIT Media Newsの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/09/news044.html

NISOにシングルサインオン認証に関するWGが発足

米国情報標準化機構(NISO)は、シングルサインオン認証(Single Sign-On Authentication: SSO)についてのワーキンググループを発足させています。

NISO Announces New Work on Single Sign-On Authentication
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=f0fd8be2c351aacc9e8ab819ba2a4a51e8303bcf

SSO Authentication
http://www.niso.org/workrooms/sso

第16回東京国際ブックフェア/デジタルパブリッシングフェア2009

第16回東京国際ブックフェア/デジタルパブリッシングフェア2009が、7月9-12日に開催されます。

第16回東京国際ブックフェア
http://www.bookfair.jp/

デジタルパブリッシングフェア2009
http://www.digi-fair.jp/

英国RINが、ネットワーク時代の書誌データについての報告書を公表

2009年6月8日、英国の研究情報ネットワーク(RIN)が、ネットワーク時代の書誌データについての報告書(本文48ページ)を公表しました。書誌データの作成から利用にいたるプロセスでの課題を明らかにし、労力の重複をなくすことやデータをより自由に利用することを実現するための議論に資することを目的としているとのことです。

Creating catalogues: bibliographic records in a networked world
(RINのnews release)
http://www.rin.ac.uk/creating-catalogues-pr
(PDFファイルへのリンクがあるページ)
http://www.rin.ac.uk/creating-catalogues

6月 8日

ヴァーチャル国際典拠ファイル(VIAF)の構築にチェコ国立図書館・イスラエル国立図書館が参加

米国議会図書館(LC)を中心に、ドイツ国立図書館、フランス国立図書館(BnF)、スウェーデン国立図書館(Sveriges Nationalbibliotek)、OCLCが共同で取り組んできた、ヴァーチャル国際典拠ファイル(VIAF)の構築プロジェクトに、チェコ国立図書館(National Library of the Czech Republic)とイスラエル国立図書館(National Library of Israel)が新たに参加することになったと発表されています。

New Partners Added to VIAF Project
http://www.loc.gov/today/pr/2009/09-081.html

VIAF: The Virtual International Authority File
http://orlabs.oclc.org/viaf/

IIPCのウェブアーカイブ保存形式"WARC"がISO規格に

国際インターネット保存コンソーシアム(International Internet Preservation Consortium:IIPC) がウェブアーカイブの保存形式として開発してきた"WARC"が、国際標準化機構(ISO)の国際規格"ISO 28500:2009"として制定されました。

WARC File Format Published as an International Standard
http://netpreserve.org/press/pr20090601.php

ISO 28500:2009
Information and documentation -- WARC file format
http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=44717

英国JISC、公共部門が所蔵する“Orphan Works”についてのレポートを公表

2009年6月8日、英国の情報システム合同委員会(JISC)は、公共部門の組織が所蔵する著作権者の不明な作品(orphan works)についてのレポートを公表しました。これらの作品は数が膨大であり、従来の手続きをしていては、デジタル化等による活用が困難であるとし、新たな立法的措置が必要であるとしています。

In from the Cold: An assessment of the scope of ‘Orphan Works’ and its impact on the delivery of services to the public
http://www.jisc.ac.uk/publications/documents/infromthecold.aspx

ケンブリッジ大学図書館、インキュナブラをデジタル公開へ

英国のケンブリッジ大学図書館は、今後5年間で、西暦1500年までに刊行された活字本(インキュナブラ)のコレクションをデジタル化しオンラインで公開する予定とのことです。

Book collection available online(2009年6月5日付けBBCウェブサイトのニュース)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/cambridgeshire/8084727.stm

ONIX for Books 3.0 がリリース

出版社の標準化団体EDItEURが、書籍の電子商取引に使っているXMLスキーマ"ONIX for Books"の新ヴァージョンver 3.0を策定しています。

ONIX for Books Release 3.0
http://www.editeur.org/onixbooks3.0/onix3.0.html

ONIX for Books: Product Information Format Introduction to ONIX 3.0
http://www.editeur.org/onixbooks3.0/Introduction_to_ONIX_for_Books_3.0.pdf

宝塚メディア図書館、フリーペーパー『本のある風景』を発刊

兵庫県宝塚市に2009年6月1日に開館した、写真・映像等の専門図書館である宝塚メディア図書館が、フリーペーパー「本のある風景」(隔月刊)の第1号を発行しています。ウェブサイトからもダウンロードできます。

フリーペーパー「本のある風景」を創刊・発行いたしました -- 宝塚メディア図書館
http://saito-medialib.org/news/896/

宝塚にメディア図書館 芸術系書籍や写真3万点 (2009年5月14日付け神戸新聞ウェブサイトの記事)
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0001913911.shtml

6月 5日

PEERプロジェクト、デポジット、セルフアーカイビングに関するガイドラインを発表

出版社、図書館、研究コミュニティの協同による、欧州における研究成果の出版・生態系を評価するPEERプロジェクトが2009年6月4日、出版社・リポジトリ管理者のためのデポジット、デポジット支援、セルフアーカイビングに関するガイドラインを発表しました。

D3.1 Guidelines for publishers and repository managers on deposit, assisted deposit and self-archiving
http://www.peerproject.eu/fileadmin/media/reports/D3_1_Guidelines_v8.3_20090528.Final.pdf

PEER: Publishing and the Ecology of European Research
http://www.peerproject.eu/

PEER publishes self-archiving guidelines - Information World Review
http://www.iwr.co.uk/information-world-review/news/2243609/peer-publishes-self-archiving

参考:

京都外国語大学付属図書館、「講義概要に示された参考文献」2009年春学期版を公開

京都外国語大学付属図書館が、講義概要(シラバス)に記載されている授業の「参考文献」を図書館が収集し、その書誌記述をデータベース化しています。書誌からOPACにリンクしています。

講義概要に示された参考文献 2009年春学期版を公開 - 京都外国語大学付属図書館
http://www.kufs.ac.jp/toshokan/kogi2009-1/kogidata.htm

本学図書館が独自で作成した主題別書誌データベース - 京都外国語大学付属図書館
http://www.kufs.ac.jp/toshokan/databasezone/databasezone.htm

参考:
山形大学附属図書館、シラバス掲載図書検索を公開
http://current.ndl.go.jp/node/9569

北海道大学附属図書館、キャンパス内における文献複写サービスを開始

北海道大学附属図書館が、札幌キャンパス内をブロックにわけ、異なるブロック間で文献の複写物を取り寄せることができる、学内での文献複写サービスを開始しています。

札幌キャンパス内における文献複写サービスの実施について - 北海道大学附属図書館
http://www.lib.hokudai.ac.jp/modules/tinyd9/index.php?id=3

ページ