アーカイブ - 2009年 3月 4日 - car

2009年のParaprofessional(非専門職図書館員) of the Year(米国)

Library Journal誌が、2009年のParaprofessional(非専門職図書館員) of the Yearを選定し、発表しています。今回選ばれたのは、ノースカロライナ州立大学の“Advanced Library Technician”、アダムズ(Tina Adams)氏です。数々の民間企業での顧客サービスの経験、博物館キュレーター・博物館教育の経験などを有する氏は、すべての授業テキストの電子リザーブの準備、Open Content Alliance(OCA)とパートナーシップを結んでのデジタル化プロジェクトの指揮、図書館ネットワークでのスタッフ研修の責任者など、数多くの重責を担い、見事に成功に導いているとして表彰されました。

ショートメールでの略語表記、頭字語表記に、読解力を高める効果?(英国)

英国の“British Journal of Developmental Psychology”誌に、ショートメール(英語では“text message”)を送る際に略語や頭字語表記、非慣用的な綴り字などを駆使する書字法、いわゆる“textisms”に、子どもの読解力を高める効果があることが判明したという調査結果が掲載され、注目を集めています。調査対象の子どもは英国の10~12歳の子どもで、実際にいろんなシナリオで文章を書いてもらったところ、その中に含まれていたtextismsの量と、単語の読解力、語彙力、発音への意識とに正の相関が見られたとのことです。なお、2006年にトロント大学が行った調査でも、同様の結果が出ているそうです。

明石市、子どもの読書活動推進プログラム「ほん だいすき!プラン」を計画

兵庫県明石市は、子どもの読書活動の推進を図るため、2009年度より3ヵ年の重点プログラム「ほん だいすき!プラン」を実施すると発表しています。

2009年度は1億円の事業費を当初予算に盛り込み、小中養護学校の蔵書充実や司書職員の配置などに充てるとのことです。

同市は、2008年11月に、明石市子ども図書館を開設するなど、子どもの読書活動推進に力を入れています。

平成21年度当初予算案について - 明石市
http://www.city.akashi.hyogo.jp/seisaku/seisaku_shitsu/news/21yosann.html
「5つの力点」に沿った主な事業 - 明石市
http://www.city.akashi.hyogo.jp/seisaku/seisaku_shitsu/news/documents/siryou2_000.pdf

UCLA図書館とイェール大学図書館に500万ドルの寄付

カリフォルニア大学図書館(UCLA)とイェール大学図書館(Yale)が、文化遺産の保存に助成するArcadia Fundからそれぞれ500万ドル(約5億円)の寄付を受けた、と発表しています。

For Libraries at UCLA and Yale, $5 Million Arcadia Fund Gifts Go Beyond Money
http://www.libraryjournal.com/article/CA6639667.html

UCLA Library receives its largest gift ever for collections
http://www.library.ucla.edu/news/2181.cfm

Yale University Library Receives Major Gift from Arcadia

フランスの図書館システム事情

フランスの“Livers Hebdo”誌の2009年3月9日号に、Tosca Consultants社による、国内の公共、大学、学校、専門図書館等のシステム調査(2008年実施)の結果が掲載されています。これは1995年から毎年行われているもので、2008年の特徴として、市場規模が前年比7%減と落ち込んでいること、オープンソースソフトウェアの利用が増えていることなどが挙げられています。付録として、各館種別に利用している図書館システムの度数をグラフ化したものと、利用されている図書館システムの一覧表などがついています。

L'équipement informatique des bibliothèques en 2008 - Livres Hebdo
http://www.livreshebdo.fr/actualites/DetailsActuRub.aspx?id=2773

NDL、電子展示会「ブラジル移民の100年」を公開

国立国会図書館(NDL)はこのほど、電子展示会「ブラジル移民の100年」の公開を開始しました。

ブラジル移民の100年
http://www.ndl.go.jp/brasil/index.html