アーカイブ - 2008年 - car

12月 25日

2008年11月のWIPO著作権・著作隣接権常任委員会の報告-図書館に関する権利制限がテーマ

2008年11月にジュネーブで開催された世界知的所有権機関(WIPO)著作権・著作隣接権常任委員会(SCCR)の報告を、国際図書館連盟(IFLA)著作権その他の法的問題委員会(CLM)が掲載しています。今回は著作権法における図書館に関する権利制限・例外規定が取り扱われました。

2008年の研究によると、WIPO加盟149か国のうち、

・著作権法の中に図書館に関する権利制限・例外規定が1つでも記載されている・・・128か国
・同、保存のための複製を認める条項がある・・・72か国
・同、調査・研究のための例外規定がある・・・74か国

という状況にあるとのことで、図書館に関する例外規定として、教育、研究・私的利用、保存、Orphan Works、図書館間の文献提供、障害者のための条項等について規定するよう、IFLAほか3機関の連名で勧告を行っています。

NACSIS-CAT所蔵レコード件数1億件突破を記念し、講演会を開催

国立情報学研究所(NII)が提供する目録所在情報サービスNACSIS-CATに登録されている、図書と雑誌の所蔵件数が1億件を突破したことを記念し、NIIでは2009年2月6日に記念講演会を開催するということです。

NACSIS-CAT登録一億件突破記念講演会
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/event/2008/ichioku/index.html

図書+雑誌の所蔵件数が1億件を突破しました!
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2008/07/1.html

ドイツ連邦文化大臣会議、「ドイツデジタル図書館」の構築を支援-2010年の運用開始が目標

ドイツの各連邦の文化大臣による会議、ドイツ連邦文化大臣会議(Kultusministerkonferenz)が2008年12月4日、欧州デジタル図書館にドイツの文化遺産を提供するべく、「ドイツデジタル図書館」の構築を支援することを決定したと報じられています。2010年の運用開始が目標とされています。

Bibliotheksportal: KMK unterstützt "Deutsche Digitale Bibliothek"
http://www.bibliotheksportal.de/hauptmenue/service/aktuelles/news/article/kmk-unterstuetzt-deutsche-digitale-bibliothek/?tx_ttnews%5bbackPid%5d=8&cHash=e55fced0b9

朝日新聞社、朝日新聞歴史写真アーカイブの提供を予定

朝日新聞社は、創刊130周年記念事業として、満州事変の前後から敗戦までの写真約1万点をデジタル化したデータベース「朝日新聞歴史写真アーカイブ」を作成し、2009年1月に同社の電子コンテンツ・プラットフォーム「聞蔵(きくぞう)IIビジュアル」に追加収録して提供すると発表しています。

朝日新聞歴史写真アーカイブ
http://www.asahi.com/information/db/history_photo/

観光名所・スポットとして図書館が紹介される(日本)

インクリメントP株式会社が、全国の名所・スポットを紹介する観光サイト"MapFan Web - 観光楽地図"で、「新時代の図書館特集 図書館はもっとおもしろい」という特集を組んでいます。

千代田区立千代田図書館、東京都立中央図書館、林の中の小さな図書館(大分県竹田市)、ハウスクエア横浜ライブラリー、旅の図書館(東京都千代田区)、京都国際マンガミュージアム、軽井沢絵本の森美術館絵本図書館、遅筆堂文庫山形館、北九州市立国際友好記念図書館、"cafe bibliotic Hello!!"(京都市)の各図書館が紹介されています。

新時代の図書館特集 図書館はもっとおもしろい | 観光楽地図 - MapFan Web
http://www.mapfan.com/kankou/special/library/

国際インターネット保存コンソーシアム、メンバーのプロフィール調査の結果概要を公表

国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)が、そのメンバーに対し実施したプロフィール調査の結果概要を公表しています。IIPCのメンバー構成、インターネットアーカイブの対象、それぞれのメンバーの事業における、アーカイブするコンテンツを選ぶ際のガイドラインの有無、業務に携わっているスタッフといった事業に関する質問のほか、使用しているクローラー、メタデータ形式など技術面に関する質問もなされています。

International Internet Preservation Consortium Announces 2008 Member Profile Survey Results(IIPCのプレスリリース)
http://netpreserve.org/press/pr20081219.php

調査結果本文
http://netpreserve.org/publications/reports.php?id=005

長い名作小説も短く区切って配信!読書を気軽に楽しめるサービス

小説などの書籍の内容を、読みきりたい回数や日数に合わせて分割し、電子メールあるいはRSSを使って配信してくれるサービス“DailyLit”が米国でスタートしています。長編の名作にチャレンジしたいが、全文を一度にダウンロードしてパソコンや携帯電話で読むのは大変そうだ、などと感じている人には好評を博しているようです。

DailyLit
http://www.dailylit.com/

本の内容を読みやすいサイズに分割して送ってくれるDailyLit
- TechCrunch Japanese 2008/12/25付けの記事
http://jp.techcrunch.com/archives/20081224dailylit-emails-your-favorite-books-in-bite-sized-chunks/

12月 24日

Nature、PDF版にメタデータ埋め込み開始

Nature新着号のpdf版に、書誌に関するメタデータの埋め込みを開始したと、Natureの公式ブログ“Nascent”で発表しています。メタデータはXMPと呼ばれる、アドビ社が提唱しているXMLを利用しており、現在のところ、タイトル、著者、掲載号、永続的識別子(DOI)が埋め込まれているようです。また今後さらに必要なメタデータが追加された場合にも、追加して埋め込めるように領域が準備されているとのことです。Nature Publishing Groupが刊行している他の雑誌についても、同様にメタデータの埋め込みを順次おこなってゆく予定とのことです。

XMP Labelling for Nature
http://blogs.nature.com/wp/nascent/2008/12/xmp_labelling_for_nature.html

SPARC Japan セミナー「日本で使える電子ジャーナルプラットフォーム」の講演資料

国立情報学研究所(NII)の国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)が12月16日に開催した、第8回SPARC Japanセミナー2008「日本で使える電子ジャーナルプラットフォーム」の講演資料が公開されています。

第8回 SPARC Japan セミナー2008
「日本で使える電子ジャーナルプラットフォーム」
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2008/20081216.html

愛知大学が東亜同文書院・東亜同文会雑誌記事データベースを作成・公開

愛知大学が、東亜同文書院・東亜同文会雑誌記事データベースを作成、公開しています。

東亜同文書院・東亜同文会雑誌記事データベース - 愛知大学東亜同文書院大学記念センター/オープン・リサーチ・センター
http://toadb.aichi-u.ac.jp/

愛知大学東亜同文書院大学記念センター
http://www.aichi-u.ac.jp/orc/index.html

ALA、子ども・ヤングアダルト向け文学・メディア賞の受賞者発表をTwitterで生中継

米国図書館協会(ALA)は毎年ALA冬季大会において、子ども向けメディアに関連する賞(ニューベリー賞、コルデコット賞など)を選定・授与していますが、今年はこの受賞者の発表をTwitterを利用して生中継することを発表しました。なお、昨年はウェブキャストを使って生中継をしました。

ALAのニュースリリース
http://www.ala.org/ala/newspresscenter/news/pressreleases2008/december2008/ymatwitter.cfm?persistent=0&expy_dt=

グーテンベルグプロジェクト、携帯電話向けサービスを開始

著作権の切れた作品を全文デジタル化してインターネット上で公開しているグーテンベルグプロジェクトはこのほど、携帯電話向けにサービスを開始することを発表しました。これにより、グーテンベルグプロジェクトのコンテンツを電子書籍として携帯電話でも読めるようになります。

Project Gutenberg release Mobile Edition eBooks(プレスリリース)
http://www.pg-news.org/20081221/pg-mobile-edition-ebooks/

Project Gutenberg release Mobile Edition eBooks
- Peter Scott's Library News 2008/12/22付けの記事

DVD,ブルーレイディスクの目録作成ガイドライン、完成版が公開

“OnLine Audiovisual Catalogers(OLAC)”による「AACR2r/MARC21を利用したDVD/ブルーレイディスクの目録作成のためのガイドライン」完成版が、公開されています。

Guide to Cataloging DVD and Blu-ray Discs Using AACR2r and MARC21.2008 Update.
http://olacinc.org/capc/DVD_guide_final.pdf

Cataloging Video Discs
(Catalogablog 2008/12/19記事)
http://catalogablog.blogspot.com/2008/12/cataloging-video-discs.html

参考:DVD・ブルーレイディスクの目録作成ガイドライン・ドラフト版(米国)

Europeanaがサービスを再開

サービス開始直後にアクセス集中のため停止していた欧州デジタル図書館Europeanaが、サーバを強化の上、サービス再開の試運転をしています。ホームページによると、アクセスが集中した場合は、利用者数を制限されるということです。

Europeana
http://www.europeana.eu/

アクセス殺到でダウンのEUデジタル図書館が再開
- ITmedia News 2008/12/24付けの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/24/news022.html#p

参考:
Europeana、再開は2009年1月に延期
http://current.ndl.go.jp/node/9728

福井県立図書館と福井県の高等教育機関が相互協力協定を締結

福井県立図書館と福井県の高等教育機関7機関(福井県立大学、福井工業大学、仁愛大学、仁愛女子短期大学、敦賀短期大学、福井医療短期大学、福井工業高等専門学校)の図書館が、相互協力協定を締結しています。

福井県内図書館総合目録(横断検索)システム への参入、図書館間相互貸借等の実施、レファレンス協力等の連携協力が協定の内容になっています。

なお、2007年11月には、福井県立図書館と福井大学附属図書館との間でも同様の協定が結ばれています。

県内高等教育機関附属図書館と福井県立図書館との相互協力協定の締結について - 福井県立図書館
http://www.library.pref.fukui.jp/guide/kyouryoku_kyoutei_3.html

601万冊、一度に検索 県立図書館が県内大学などと協定 - 福井新聞

12月 22日

雑誌『資料組織化研究』、オンライン版へ移行

1964年に『Technical Services』というタイトルで創刊されて以来、40年以上にわたり刊行されてきた雑誌『資料組織化研究』が、2008年11月からオンライン版『資料組織化研究-e』に移行しました。オープンソースソフトウェアの電子ジャーナル刊行システム“OJS(Open Journal System)”を通じて刊行されており、無料で見ることができます。

資料組織化研究-e
http://ojs.info.gscc.osaka-cu.ac.jp/TS/index.php/TS/index
(※画面右上の「アーカイブ」から、過去の号(2008年12月22日現在では第55号(準備号))を見ることができます。)

ccLearn、オープン化された教育資源(OER)のライセンスに関する調査結果を公表

オープンコースウェア(OCW)など、各教育機関やその他の団体が教育用資源として無料提供している、いわゆる「オープン化された教育資源(OER)」について、どのようなライセンス・利用条件のもとで提供されているかを、教育・学習用コンテンツのオープン化を支援するクリエイティブ・コモンズの1プロジェクト“ccLearn”が調査しています。

名古屋工業大学附属図書館、書架づくりコンペを開催

名古屋工業大学附属図書館が、学生に新着図書・資料展示コーナー用書架のデザインを募集するコンペを行い、その審査結果を発表しています。

「ふと立ち止まって、本を手にしたくなる」をコンセプトに応募を募り、最優秀作品は実際に作成し本棚として利用する予定とのことです。

学生による新着図書・資料展示コーナー用書架づくりコンペの審査結果について - 名古屋工業大学附属図書館
http://www.lib.nitech.ac.jp/oshirase/index.html#konpekekka

学生による新着図書・資料展示コーナー用書架デザインの募集について - 名古屋工業大学附属図書館
http://www.lib.nitech.ac.jp/oshirase/index.html#konpe

利用者中心のデザイン、アジャイル型開発手法で再構築されたスウェーデン全国総合目録の紹介記事

スウェーデン王立図書館が2007年にリリースした、新しい全国総合目録“LIBRIS”の紹介記事が、Code4Lib Journal誌第5号に掲載されています。この総合目録は、利用者中心のデザイン、アジャイル型開発手法で構築されたことが特徴で、主にプロジェクトをどのように進めてきたかについて紹介されています。

Lindström, Henrik ; Malmsten, Martin. User-Centred Design and Agile Development: Rebuilding the Swedish National Union Catalogue. Code4Lib Journal. 2008, (5).
http://journal.code4lib.org/articles/561

LIBRIS
http://libris.kb.se/

オープンソースの目録・メタデータ作成ソフト“‡biblios”の解説記事

オープンソースの目録・メタデータ作成ソフト“‡biblios”の解説記事が、Code4Lib Journal誌第5号に掲載されています。開発の経緯、システムアーキテクチャ、他の統合図書館システムとの連携、MARCXMLエディタ、今後の方向性などが紹介されています。

Catalfo, Chris. ‡biblios: An Open Source Cataloging Editor. Code4Lib Journal. 2008, (5).
http://journal.code4lib.org/articles/657

‡biblios.org | Open Source Cataloging
http://biblios.org/
‡biblios.net
http://biblios.net/

Code4Lib Journal. 2008, (5).

ページ