アーカイブ - 2008年 8月 - car

8月 4日

大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)、設立趣意書等を発表

2008年7月で廃止された大阪府労働情報総合プラザの運営を府から受託してきた財団法人大阪社会運動協会が、大阪社会運動資料センターと統合する形で2008年10月に開館予定の新しい図書館「大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)」について、設立趣意書、利用の案内、サポート会員募集の案内等を作成・公開しています。

大阪社会運動資料センター : 働く人々の歴史を未来に伝える図書館「エル・ライブラリー」をご支援ください
http://shaunkyo.exblog.jp/8763066/

参考:
大阪府労働総合情報プラザ、廃止が決定
http://current.ndl.go.jp/node/8376

インタラクティブな図書館オリエンテーション動画(米国)

インタラクティブな図書館オリエンテーション動画、データベースの利用方法を紹介するポッドキャスト/動画、読書プログラムを案内するブログなど、Web 2.0のツールを利用して図書館案内を作成している米国のフェアフィールド大学DiMenna-Nyselius図書館が、コネチカット州図書館協会の“first-ever Innovation Award(史上初のイノベーション賞)”を受賞したとLibrary Journal誌が報じています。このうち、図書館オリエンテーション動画“Fairfield Beach: The Library” は、大学のメディアセンターと協同で、テレビのメロドラマのパロディー風に作成されています。「図書館に行く/家で勉強する」といった形で登場人物の行動を選択し、選択内容に応じた動画を見るようになっています。

8月 1日

丸善、大日本印刷の子会社に - TRCとの提携も視野に

丸善株式会社は、筆頭株主である大日本印刷株式会社(DNP)を引受先とする約43億円の第三者割当増資を実施すると7月31日に発表しています。これにより、丸善は大日本印刷の連結子会社となります。

また、「大学向け図書販売の強化」に向けて、丸善と大日本印刷、および大日本印刷グループの図書館流通センター(TRC)との間で協業体制を構築するための提携協議を開始すると発表しています。

丸善、大日本印刷、業務・資本提携をさらに強化するとともに
図書館流通センターとの協業に向け、三者による基本合意を締結
http://www.dnp.co.jp/jis/news/2008/080731.html
http://www.maruzen.co.jp/ir/news/2008/release20080731_3.pdf

エルゼビア社のライブラリ・コネクト・セミナー2008「Return on Investment~図書館への投資効果~」の講演資料

エルゼビア・ジャパン社が、7月に開催した、ライブラリ・コネクト・セミナー2008「Return on Investment ~ 図書館への投資効果 ~ 」の講演資料が公開されています。

ライブラリ・コネクト・セミナー2008
Return on Investment ~ 図書館への投資効果 ~
http://japan.elsevier.com/news/events/lc2008/

参考:
図書館への投資効果-東京、大阪で国際セミナー
http://current.ndl.go.jp/node/7961

オーストラリアの3大学における研究データの管理に関する調査

「持続可能なリポジトリのためのオーストラリアのパートナーシップ(APSR)」が2007年、クイーンズランド大学、メルボルン大学、クイーンズランド工科大学の3大学の教員・大学院生等を対象に実施した、研究データの管理に関する調査の結果を公表しています。

・回答者の90.1%が研究の過程で何らかのデジタルデータを生成していると回答した。
・一方で、回答者の82.3%が、公式な研究データ管理計画を有していないと回答している。
・「データの管理責任は誰にあるか?」という質問に対して、「自分自身」と回答した回答者が77.8%いた。
・研究データを誰にでもオープンにしていると回答した回答者は8.6%であった。

といった結果が出ています。

Investigating Data Management Practices in Australian Universities

ロバのブックモービル、子ども達に本を届ける(エチオピア)

エチオピアの地方部では、図書館が設置されている学校がほとんどなく、本を買うお金もないために、本を読むことができずにいる子ども達がたくさんいるということです。このような状況を改善するため、一度はエチオピアから米国に移住した男性が、再び故郷に戻り、ロバで地方の子ども達に本を届ける活動を行っています。この男性はもともと、米国で子ども向けの図書館司書として働いていましたが、読む本もなく過ごしているエチオピアの子どもたちのことを考えているうちに、この活動を思い立ったということです。

Librarian Uses Donkey Cart to Bring Books to Rural Ethiopian Children
- news VOA com 2008/7/30付けの記事
http://www.voanews.com/english/2008-07-30-voa13.cfm

JST、「科学技術用語シソーラス」2008年版のインデックスをウェブで公開

科学技術振興機構(JST)が、2008年3月に実施した「科学技術用語シソーラス」の改訂に伴い、改訂後のインデックスを検索・参照できるウェブサイトを公開しています。

シソーラス用語(2008年版)インデックス
http://jdream2.jst.go.jp/html/thesaurus/thesaurus_index.htm

シソーラス改訂特設ページ
http://pr.jst.go.jp/jdream2/thesaurus/thesaurusrev.html
「シソーラス改訂特設ページ」について
http://pr.jst.go.jp/jdream2/thesaurus.html

NDL、データベースフォーラム「ネットでつながるNDL」を9月に開催

国立国会図書館(NDL)が、2008年9月17日に東京(東京本館)・京都(関西館)の双方で、「データベースフォーラム-ネットでつながるNDL-」を開催すると発表しています。

国立国会図書館(NDL)データベースフォーラム-ネットでつながるNDL-
http://www.ndl.go.jp/jp/service/event/dbf2008.html

LC、事業単位で用途を限定した寄付ができるオンライン寄付サイトを開始

米国議会図書館(LC)が、オンライン寄付サイトを新設しました。寄付金の用途を事業単位で指定することができることが特徴で、貴重書等の購入、展示・教育プログラム、識字・読書プログラム、全国図書フェスティバル、視覚障害者・身体障害者への全国図書館サービス、次世代のための資料保存など15の事業、「最も必要とされている事業(where it is needed most)」、その他、のいずれかが指定可能となっています。

Donate Online
http://www.loc.gov/donate

Library of Congress Launches "E-Giving" Site For Donations
http://www.loc.gov/today/pr/2008/08-132.html

ALA、「表現の自由保護法案」への支持を表明

米国図書館協会(ALA)が、超党派の議員により第110連邦議会上院に提出されている「表現の自由保護法案」(S. 2977)への支持を表明しました。これは、英国をはじめとする他国で、米国の著作物が「名誉毀損にあたる」として作家・出版社等を訴える訴訟が続いていることから、米国の作家・出版社の表現の自由を守るべく、提案されているものです。

なおこのように、自分に有利な判決がなされる見通しのある国の裁判所を探して、名誉毀損の訴訟を起こすことを揶揄する言葉として“libel tourism”(名誉毀損ツーリズム)がありますが、ALAの政府関係局長は、これを「本来は“名誉毀損テロリズム”と呼ばれるべきものである」として厳しく批判しています。

ALA Endorses the Free Speech Protection Act of 2008

専門図書館関係者有志による、専門図書館をテーマにしたメーリングリスト

専門図書館関係者有志による、専門図書館に関する情報交換、相互協力等を目的としたメーリングリストが開設されています。もともと、2007年の専門図書館協議会全国研究集会終了後から1年の期間限定で運用されていたものが、このほど、リニューアルされたものです。専門図書館協議会も、このメーリングリストに参加し、積極的に情報を発信していく予定としています。

Yahoo!グループ : 専門図書館ML ( 情報、資料のメーリングリスト)
http://groups.yahoo.co.jp/group/sp-lib/

有志運営による「専門図書館ML[sp-lib]」のご紹介 - SENTOKYO ブログ
http://blog.goo.ne.jp/sentokyo/e/1d5ac484fa47d1cf488e9b84961f9b81

CILIP健康図書館グループ会議の資料

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)の健康図書館グループ(HLG)が、2008年7月21~22日に開催した会議の発表資料を公開しています。

HLG Conference 2008 Presentations
http://www.cilip.org.uk/NR/exeres/E26523FB-D34B-4095-ACB1-FF54B2E52A3C

HLG Conference 2008
http://www.cilip.org.uk/groups/hlg/conf2008/index.html

NISOとEDItEUR、ONIX for SearialsのXMLフォーマットの新ヴァージョンを発表

出版社の標準化団体EDItEURと米国情報標準化機構(NISO)は、出版社・ベンダーが作成する雑誌流通用のメタデータONIX for Serialsを出版社から図書館まで通して使えるように拡張・標準化するプロジェクトを行っています。

このプロジェクトの中で、電子ジャーナルの流通・購読に関する次の3つのXMLフォーマットが作成されています。

SPS -- Serials Products and Subscriptions
 契約タイトルや契約者のリストを交換するためのフォーマット 
SOH -- Serials Online Holdings
 電子ジャーナルの所蔵を交換・更新するためのフォーマット
SRN -- Serials Release Notification
 利用可能となった新号・新アイテム(論文)を通知するためのフォーマット

東北大学附属図書館、狩野文庫・漱石文庫にちなんだグッズを製作・販売

東北大学附属図書館が、狩野文庫・漱石文庫などの貴重な資料を題材に図書館オリジナルグッズを製作し、販売しています。

東北大学附属図書館オリジナルグッズ 好評発売中!
http://www.library.tohoku.ac.jp/pub/goods/goods.html

参考:
東北大学図書館、漱石文庫にちなんだ羊羹を発売
http://current.ndl.go.jp/node/5928

ページ