アーカイブ - 2008年 8月 8日 - car

ERICが新インターフェースに-ライブラリアンのための情報ページ、WorldCatへのリンク等の新機能が追加

米国教育省教育科学研究所が運営する教育分野の研究・情報データベース“ERIC(Education Resources Information Center)”のインターフェースが刷新されました。新しいデザイン、検索・表示の高速化などに加え、ライブラリアンのための情報ページ、OCLCの総合目録WorldCatへのリンクといった新機能も搭載されています。

ERIC - Education Resources Information Center - World’s largest digital library of education literature
http://www.eric.ed.gov/

ERIC Redesigns Web Site; Adds Expanded Help, New Information

BnF、デジタル図書館“Gallica2”に1,200タイトルの雑誌・新聞を追加

フランス国立図書館(BnF)が提供している電子図書館“Gallica2”に、Figaro紙の1876~1929年刊行分(間に抜けている年代あり)をはじめ、雑誌・新聞1,200タイトルを追加したと発表されています。

Gallica, Bibliothèque nationale de France digital library
http://gallica2.bnf.fr/

adbs-info - INFO : Gallica 2 : 1200 titres de presse et de revues librement consultables - arc
http://listes.adbs.fr/sympa/arc/adbs-info/2008-07/msg00138.html

7 août 2008付けProsperの記事

韓国図書館情報政策委員会、「2008年版公共図書館運営評価指標」を発表

2008年7月28日、韓国図書館情報政策委員会が「2008年版公共図書館運営評価指標」を発表しています。これは8月に、全国557の公共図書館を対象に行うウェブ質問紙調査で用いるもので、各図書館が自館を評価・診断し、サービスを改善する際の参考とするものだとされています。全国の公共図書館を規模等で10のグループに分け、そのグループごとに評価するとのことで、11の評価領域、43の細部評価指標が定められており、最も規模の大きなグループは全部の指標を用いて1,000点満点で評価されるようです。ただし、指標の中に具体的な数値は含まれておらず、満点の配点だけが示されています。

韓国図書館情報政策委員会、「図書館発展総合計画」を正式に発表

2009~2013年の韓国の国家レベルの図書館振興のビジョンと戦略を示す「図書館発展総合計画」が、2008年8月7日、正式に韓国図書館情報政策委員会から発表されました。

도서관정보정책위원회,‘도서관발전종합계획’발표
http://www.mct.go.kr/web/notifyCourt/press/mctPressView.jsp?pMenuCD=0302000000&pSeq=9431

参考:
E797 - 国内全館種対象の図書館発展総合計画(案)を発表(韓国)
http://current.ndl.go.jp/e797

米O'Reilly社主催のオープンソース会議の発表資料、100点以上が公開される

米O'Reilly社が主催したオープンソース会議2008(2008年7月21~25日、オレゴン州ポートランドで開催)の発表資料が100点以上、公開されています。Intel、Microsoft、Google、Yahoo!、Sun Microsystems、IBM、Adobeなど、多くのIT企業の発表も含まれています。

Presentation Files: OSCON 2008 - O'Reilly Conferences, July 21 - 25, 2008, Portland, Oregon
http://en.oreilly.com/oscon2008/public/schedule/proceedings

August 7th, 2008付けiLibrarianの記事

東京ドイツ文化センターのシンポジウム「学術情報ネットワーク: 日本とドイツの新たなトレンド」

東京ドイツ文化センターが主催するシンポジウム「学術情報ネットワーク: 日本とドイツの新たなトレンド」が、2008年10月1日に開催されます。学術図書館の新たな動きや国内/国際レベルのネットワーク開発の現状をテーマとしたもので、国立情報学研究所、日本医学図書館協会、日本図書館協会が開催パートナー、国際交流基金が後援となっています。

学術情報ネットワーク: 日本とドイツの新たなトレンド
http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja3566477v.htm

参考:
シンポジウム「日本とドイツの新たなトレンド」開催のお知らせ - SENTOKYO ブログ
http://blog.goo.ne.jp/sentokyo/e/2b2b58ad1834efb09e67b2839bd7730d

ベニントン大学図書館、光るオブジェ付きの(実物)ブックマークを媒介に読者をつなげる試みを開始(米国)

米国ベニントン大学図書館が、実物のブックマーク(しおり)を媒介に、読者をつなげるというユニークな試み“Bennington Bookmarks”を始めています。これは、アンドリュー・メロン財団の助成を受けて行われた、ビジュアル・アートの先生とコンピュータの先生との共同授業「拡充された図書館:図書館内でしかできない展示」を受講した学生9名と先生2名によるもので、「芸術作品」「図書館のアート化」と称されています。

NPG・トムソンロイター・東工大・阪大の共同セミナー「科学の出版について考える: インパクトファクターを超えて」

Nature Publishing Group(NPG)、トムソン・ロイター、東京工業大学、大阪大学が共同で、セミナー「科学の出版について考える: インパクトファクターを超えて」を8月28日、29日に東京・大阪で開催すると発表しています。

科学の出版について考える: インパクトファクターを超えて
http://www.natureasia.com/japan/libraries/events/

文部科学省、YouTubeに「文部科学省チャンネル」を開設

文部科学省がYouTubeに「文部科学省チャンネル」を開設しています。「文部科学省の施策等について、一層積極的な情報発信を行うこと」が目的とのことです。

文部科学省チャンネル
http://jp.youtube.com/mextchannel

参考:
京都大学がYouTubeで講義などを公開
http://current.ndl.go.jp/node/7599

明治学院大学、YouTubeに公式チャンネルを開設
http://current.ndl.go.jp/node/7495

CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験始まる

国立情報学研究所(NII)が、CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を開始しています。

現在、CiNiiから、北海道大学、千葉大学、慶應義塾大学、名古屋大学、京都大学、広島大学の各リポジトリに収録されている論文を検索、論文本文へと辿り着くことができるようになっています。

CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を行っています
http://www.nii.ac.jp/irp/2008/08/cinii.html
http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20080807

CiNiiから京大リポジトリ収録の論文が検索可能に - 京都大学図書館機構
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=334