アーカイブ - 2008年 8月 28日 - car

2008年夏休みに発掘されたLCのお宝

米国議会図書館(LC)は、毎年夏休みに大学生向けのインターンプログラムを実施しています。このインターンプログラムでは、図書館の仕事を経験するとともに、整理されないままになっている貴重な資料を掘り出すという役目も担っています。

今年度のプログラムでも200点近いお宝が発掘され、それらをお披露目する展示会が開かれました。

Library of Congress Junior Fellows Unearth Treasures
http://www.loc.gov/blog/?p=310

Library of Congress Appoints 50 Junior Fellows To Summer Internship Program
http://www.loc.gov/today/pr/2008/08-113.html

参考:

岡山県立図書館が入館者数・貸出冊数で3年連続全国トップに

岡山県立図書館の2007年度の入館者数が約104万人、貸出冊数が120万冊を超え、3年連続で全国トップとなった、と報道されています。都道府県立図書館の全国平均は、入館者数が約43万人、貸出冊数は約40万冊。

3年連続全国1位 県立図書館入館者数 忍び寄る財政難 - 岡山日日新聞
http://www.okanichi.co.jp/20080820133015.html

県立図書館入館者が全国最多 - 中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200808200050.html

県立図書館:入館者数と貸出冊数、3年連続日本一 新刊書籍の充実が奏功 /岡山 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20080821ddlk33040577000c.html

経営破綻したカレッジ図書館の悲劇(米国)

米国アラスカ州最古の高等教育機関であるシェルドン・ジャクソン・カレッジが2007年6月29日、経営破綻により全教職員の解雇を通知しました。学生には何も連絡がないとのことですが、事実上の閉鎖です。

このカレッジの図書館長(兼、資料保存の有給コンサルタント)も、就任から1年も経たない時点で、解雇となりました。解雇通告の後、図書館員や地元の有志からなる図書館委員会は、カレッジの理事会に対し、図書館蔵書を近隣の大学に寄贈するよう勧告したのですが、カレッジの再建を望む理事会はこの勧告を拒絶しました。そこで館長をはじめ、20名近くの図書館員や博物館学芸員、関心のある人々からなるグループが、無給のボランティアとして引き続き、同館の貴重資料の保存に取り組んできました。この様子を、American Libraries誌が紹介しています。

RoMEO、論文の出版者版・pdf版を機関リポジトリに登録できる出版者の調査結果を公表

英国のSHERPA/RoMEOプロジェクトが、学術機関リポジトリへの、出版者版(publishers' version)またはpdf版のセルフ・アーカイブを認めているかどうかについて、出版者414社を対象に調査をおこない、その結果を公表しています。その結果、

・特に制限を設けていない出版者          :50社
・何らかの公開猶予期間(embargo)を設けている出版者:16社
・公開猶予期限と追加料金を設けている出版者    :2社

プレス・リリースによると、これらの出版者からは、約1,300誌の学術雑誌が刊行されているとのことです。

Publishers allowing the deposition of their published version/PDF in Institutional Repositories

オバマ候補の「過去」にも関係のある特別コレクション、イリノイ大学図書館が一般公開を決定

米国民主党の次期大統領候補に選出されたオバマ(Barack Obama)上院議員が、かつて理事会の議長を務めていたシカゴの教育支援団体“Chicago Annenberg Challenge”の資料の一般公開可否を巡る問題が、米国イリノイ大学図書館で起こりました。

RDAの新しいところは何?-CILIPが簡潔な解説を掲載

RDAについて、何が新しいのか、その特徴、今後の予定、誰が作っているのかなどを簡潔に説明した記事を、英国図書館・情報専門家協会(CILIP)の機関紙“Update”が掲載しています。執筆者は、バース大学UKOLNのチャップマン(Ann Chapman)氏です。

RDA: a cataloguing code for the 21st century - CILIP
http://www.cilip.org.uk/publications/updatemagazine/archive/archive2008/september/rdachapman.htm

August 26, 2008付けCataloging Futuresの記事

ARL、研究図書館での記録管理に関する調査結果を発表

北米研究図書館協会(ARL)が“SPEC Kit”305号として、米国・カナダの研究図書館における記録管理(record management)に関する調査結果を公表しています。回答率は50%で、回答館のうち61%が、記録管理を担当する部門を図書館内に有していると回答しています。また記録管理業務に携わるスタッフ、資金、対象資料、管理システムなどの詳細について調査されています。エグゼクティブ・サマリーは無料で見ることができます。

Records Management: SPEC Kit 305 Published by ARL
http://www.arl.org/news/pr/spec305-27aug08.shtml

Amazonの電子書籍リーダー“Kindle”、次期バージョンは大学生向け?

2007年11月の登場以来、24万台が売れたと言われている米Amazon社の電子書籍リーダー“Kindle”の次期バージョン(2009年発売予定?)が、大学生向けになると米Seattle Post-Intelligencer誌で報じられています。大学の授業用テキストを扱うということで、サイズが少し大きくなるとともに、メモを書き込んだりする機能が追加されるのではないかと、技術系ブログでは予想されています。

なおKindle向けの書籍は16万点を超えており、この中にはすでに、大学の授業用テキストも含まれています。

Andrea on Amazon.com and the business of online retail - seattlepi.com
http://blog.seattlepi.nwsource.com/amazon/archives/146874.asp

英国DCC、キュレーションおよび保存実験の企画・評価の方法論を文書化

英国のデジタルキュレーションセンター(DCC)は、“PLANETS Testbed”という実験環境で、デジタルコンテンツのキュレーション・保存のツールや戦略の科学的なテスト・評価を行っています。このほどDCCが、このような実験環境の企画・評価の方法論に関するフレームワークを文書化し、公表しました。

DCC Methodology for Designing and Evaluating Curation and Preservation Experiments V1.0
http://www.dcc.ac.uk/docs/publications/TestBedMethodV1.1.pdf

PLANETS Testbed
http://gforge.planets-project.eu/gf/project/ptb/?action=index