アーカイブ - 2008年 8月 21日 - car

鳥取県立図書館、県内高校図書館との連携事業の成果を収めた報告書を発行

鳥取県立図書館が、2006年度、2007年度の2年間にわたって、文部科学省委託事業により実施した「図書館を活用した起業家教育推進事業」の報告書を公表しています。
同事業では、鳥取県立図書館が開発した「店舗経営シミュレーションプログラム」を利用して、学校図書館と県立図書館が連携を図りながら、高校における起業家教育の推進と生徒の情報活用能力の育成を目指しており、2007年度に鳥取県内の県立高校2校において、研究授業が実施されています。

図書館を活用した起業家教育推進事業実施報告書
http://www.library.pref.tottori.jp/event/high_school_kigyou.pdf

欧州委員会も研究助成の成果を、部分的にオープンアクセス化

欧州委員会(EC)は8月20日、研究開発プログラム“Seventh Framework Programme(FP7)”により500億ユーロ(約8兆円)以上の助成を受ける一部分野の研究成果について、6~12か月以内にオープンアクセス化を試験的に義務付ける決定をおこないました。
対象となる分野は次の7分野です。
・保健
・エネルギー
・環境
・情報通信技術
・研究基盤(e-Infrastructures)
・社会経済学・人文学(Socio-economic Sciences and Humanities)
・社会における科学(Science in Society)

この試験的義務化は、次期研究開発プログラムにおけるオープンアクセス義務化の対象分野や地域の拡大を視野に入れたものとしています。

オンラインカリキュラムで学ぶ大統領選挙の仕組み(米国)

2008年11月の大統領選挙を控え、米国のテンプル大学のメディア教育研究所(Media Education Lab)と米国の公共放送局であるPBSは協同で、大統領選挙の仕組みを子ども達が学ぶのを助けるオンラインカリキュラム“ACCCESS, ANALYZE, ACT: A Blueprint for 21st Century Civic Management”を開発しました。このカリキュラムは、Web2.0の技術を活用し、子どもたちを巻き込みながら米国の政治過程を学ぶことがきるよう、工夫されています。教師向けには、授業のプラン作りに利用できる資料も準備されています。

ACCCESS, ANALYZE, ACT: A Blueprint for 21st Century Civic Management

石垣市議会、沖縄県立図書館八重山分館廃止撤回を要請

沖縄県立図書館八重山分館は、2007年12月にその廃止が沖縄県議会で可決されていましたが、これに対し、石垣市議会は2008年7月30日、八重山分館廃止に伴なう社会教育の衰退を危惧し、沖縄県知事、沖縄県教育庁、沖縄県議会議長、地元選出県議会議員に対し廃止撤回を求める要請を決議しました。

沖縄県立図書館八重山分館の廃止撤回を求める要請決議
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/500000/500100/0807_013.pdf

国立公文書館、デジタルアーカイブに関するアンケートを実施

国立公文書館は、「国立公文書館デジタルアーカイブ」を平成22年度から新システムとして稼動させることを予定しており、それに当たってのアンケート(デジタルアーカイブの機能について、検索方法について等)を2008年8月20日から8月29日の期間に実施するということです。

国立公文書館デジタルアーカイブに関するアンケートへのご協力のお願い
http://www.archives.go.jp/news/080820_05.html

国立公文書館デジタルアーカイブ
http://www.digital.archives.go.jp/

21世紀の研究図書館再考―CLIRが報告書を発表

米国の図書館情報資源振興財団(CLIR)はこのほど、21世紀の研究図書館を再考する際に示唆を与えてくれる小論や、会議記録を集めた報告書“No Brief Candle: Reconceiving Research Libraries for the 21st Century”を発表しました。どの小論も、研究図書館に変革を求めており、急速な環境変化に対応するため、図書館員、教員、IT専門家の一層の協力が必要であることなどを主張しています。

概要の紹介
http://www.clir.org/pubs/abstract/pub142abst.html

報告書のダウンロード先
http://www.clir.org/pubs/abstract/pub142abst.html

参考:
E745(No.122)研究図書館の未来を考えるために−「Google世代」は真実か?

Library Journal誌でもIFLAケベック大会の様子を紹介

American Libraries誌に続き、Library Journal誌にも、IFLAケベック大会の様子を伝える記事が掲載されました。

74th IFLA Conference Held in Quebec City
- Library Journal 2008/8/20付けの記事
http://www.libraryjournal.com/article/CA6589284.html

参考:
American Libraries誌がIFLAケベック大会の様子を速報
http://current.ndl.go.jp/node/8582

コーヒーショップより多くの図書館を、世界中に

マイクロソフト社で活躍していたウッド(John Wood)氏は、マイクロソフト社を退社後、社会奉仕活動家へと転進し、“Room to Read”という、発展途上国に図書館を建設する慈善事業を率いています。華やかな表舞台から身を引き、なぜ今の仕事に従事しようと考えたのか、ウッド氏のインタビューがウェブで公開されています。ウッド氏は、スターバックスのようなコーヒーショップチェーンよりも多くの図書館を世界中に創ることを目指しているそうです。

The Starbucks of Libraries(Story aired: Monday, August 18, 2008)
http://www.here-now.org/shows/2008/08/20080818_5.asp