アーカイブ - 2008年 8月 12日 - car

オープンソースの統合図書館システム“Koha”、バージョン3.0に

オープンソースの統合図書館システム“Koha”のバージョン3.0がリリースされています。

Koha Version 3 Released
http://koha.org/about-koha/news/nr1218407616.html

参考:
CA1605 - オープンソースと統合図書館システム / 原田隆史
http://current.ndl.go.jp/ca1605

OCLC、WorldCat検索APIを限定提供開始

OCLCが、目録作成ツール“Connexion”で目録作成する契約をしている図書館等に限定して、OpenSearchまたはSRUプロトコルでWorldCatデータベースを検索し、RSS、Atom、MARC XML、Dublin Coreの各フォーマットや、APAやChicago等の引用文献形式でデータを取得できるAPIの提供を開始しています。

SearchAPIDetails - WorldCat Developers' Network
http://worldcat.org/devnet/index.php/SearchAPIDetails

Who can use the web service?
http://worldcat.org/devnet/index.php/SearchAPIWhoCanUse

イェール大学図書館、Vufindのユーザビリティテストを実施

イェール大学図書館(Yale University Library )が、次世代OPAC"Vufind"のユーザビリティテストを行い、その結果を公表しています。

Usability testing on Vufind
http://www.lisnews.org/node/30235

Electronic Books (Beta) - Harvey Cushing/John Hay Whitney Medical Library
http://shakespeare.med.yale.edu/ebooks/

参考:
オーストラリア国立図書館、VuFindを使った新OPACを開発中
http://current.ndl.go.jp/node/7772

研究データの管理・発信のためのリポジトリ構築へ(英国)

オックスフォード大学(Oxford University)が、研究データの管理について研究者にインタビュー調査を行った報告書を公開しています。調査結果から要件を洗い出し、研究データの管理・発信を行うデジタル・リポジトリ構築へと繋げる予定とのことです。

FINDINGS OF THE SCOPING STUDY INTERVIEWS AND THE RESEARCH DATA MANAGEMENT WORKSHOP
Scoping Digital Repository Services for Research Data Management
http://www.ict.ox.ac.uk/odit/projects/digitalrepository/docs/ScopingStudyInterviews-Workshop%20Findings.pdf

十分なサービスの復帰に向けて、政府職員がEPA図書館ネットワークと交渉

2007会計年度にはいったんサービスが縮小された米国環境保護局(EPA)図書館ネットワークですが、2008会計年度の予算にはサービス回復のための助成金増額(約300万ドル・約3.2億円)が盛り込まれました。しかしEPA図書館ネットワークのサービス回復は、EPA側の協力が得られないために十分ではなく、最小限の資料を、お手洗いより狭いスペースで提供するといったところさえあったということです。こうした状態に対し、連邦政府職員の連合である“American Federation of Government Employees; AFGE”から抗議が起こっていました。

欧州デジタル図書館に、コンテンツをもっと

欧州デジタル図書館は、2008年11月に、そのプロトタイプサイトを“Europeana”として公開することを予定しています。欧州デジタル図書館の目標は、全ての市民が、クリック1つで、欧州中の書籍、音楽、絵画、写真、映画などの資料にアクセスできるようにすることですが、現在のところ、そのコンテンツは、欧州の図書館で所蔵されている25億冊の書籍のわずか1%に留まっています。そこで欧州委員会(EC)は、メンバー国家に対し、より一層の資料のデジタル化の促進を求めるとともに、メンバー国家に、2009年から2010年にかけて、総額1億2千万ユーロ(約1,835億円)の補助金を提供することを発表しました。

Opening soon: a digital library for Europe(EUのプレスリリース)

図書館ネコ・デューイの一生、伝記として来月出版

2007年にその出版が報じられていた、図書館ネコ「デューイ」の伝記“The Small-Town Library Cat Who Touched the World”が、米国の出版社であるHachette社から、2008年9月24日に刊行されるということです。

Hachette社の書籍紹介のページ
http://www.hachettebookgroupusa.com/books_9780446407410.htm

Dewey's Bio Out Next Month
- LISNews 2008/8/11付けの記事
http://lisnews.org/deweys_bio_out_next_month

20世紀初頭のチベットの写真等を大学図書館がデジタル化・公開(米国)

米国ウィスコンシン大学ミルウォーキー校図書館が、世界初となるラサのポタラ宮殿の写真を含む、1900年から1901年と1932年から1937年にそれぞれ撮影された、チベットの写真約900点と、19世紀末から20世紀初頭のチベットの地図10点をデジタル化し、ウェブサイトで公開しています。これらの資料は、米国地理学会の図書館が保管しているもので、1900年から1901年に撮影された写真は、当時のチベットを訪れたモンゴル人仏教徒によるもの、1932年から1937年に撮影された写真は、米国人の写真家・冒険家フォルマン(Harrison Forman)氏によるものだということです。20世紀初頭のラサは、外国人が足を踏み入れることを禁じていたため、これらの写真は非常に貴重なものとなっています。