アーカイブ - 2008年 6月 30日 - car

KB、2007年の年次報告書を公表

オランダ王立図書館(KB)が、2007年の年次報告書を公表しています。

Jaarverslag Koninklijke Bibliotheek 2007
http://www.kb.nl/bst/jaar/kb2007/index.html

(html版はオランダ語のみですが、上記ウェブサイトの最下部に、英語版pdfファイルへのリンクがあります。)

参考: E549 - オランダ王立図書館の戦略計画2006-2009
http://current.ndl.go.jp/e549

2010年の“World Book Capital”はリュブリャナ(スロベニア)

ユネスコ、国際図書館連盟(IFLA)など4機関が毎年選んでいる“World Book Capital(本の首都)”の2010年の都市が、スロベニアのリュブリャナに決まりました。

Ljubljana named “World Book Capital 2010”
http://portal.unesco.org/en/ev.php-URL_ID=42668&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html

参考:
“World Book Capital”2008年はアムステルダムに
http://current.ndl.go.jp/node/4123

ALA、1億円の助成を受けてリテラシー能力とゲームの関係の調査を開始

米国図書館協会(ALA)がカリフォルニア州アナハイムで開催中の年次大会で、ベライゾン財団(Verizon Foundation)から100万ドル(約1億円)の助成を受けて、リテラシー能力におけるゲームのインパクトに関する追跡調査と、図書館におけるゲームの全米的な展開に向けたモデル構築をおこなうプロジェクトを開始すると発表しています。

American Library Association Receives $1 Million Grant from Verizon Foundation to Study How Gaming Can Be Used to Improve Problem-Solving and Literacy Skills
http://www.ala.org/ala/pressreleases2008/june2008/verizon08.cfm

NISOとALPSP、共同で雑誌論文の“Version”に関する勧告を公表

米国情報標準化機構(NISO)と学会・専門協会出版協会(ALPSP)が共同で、雑誌論文のVersion(版)に関する勧告“Journal Article Versions (JAV):Recommendations of theNISO/ALPSP JAV Technical Working Group”を公表しています。

テレビゲーム大会は「著作権」を侵害!?

 図書館におけるテレビゲームと著作権に関する話題を、“School Library Journal”誌の連載記事“Carrie on Copyright”が取り上げています(2008年6月1日号)。
 テレビゲームソフトは、開封してゲームを楽しむ前に、「利用条件(licensing agreements)」に同意することが求められていますが、その利用条件には「家庭で非商用的に」使用することが明記されています。そこで図書館がビデオゲーム大会を開催することは、この「利用条件」を侵害することになるのでは、との質問が提起されています。

NDLTDとエルゼビア社、アドビ社が電子学位論文賞を発表

電子学位論文(ETDs)の国際的ネットワークNDLTD(Networked Digital Library of Theses and Dissertations)とエルゼビア(Elsevier)社が、第1回の電子学位論文賞(NDLTD-ETD Awards)を発表しています。

これは、Scirusを通して多く検索されたNDLTD収録の学位論文を分野ごとに表彰するもので、こうした取り組みは、これまで埋もれていた良質の学術コンテンツを広く届けることができるとともに、新しい研究者を発見する機会ともなるとしています。

また、NDLTDはアドビ(Adobe)社とも、2008年の電子学位論文賞を発表しています。こちらは、写真や動画ファイル、音声ファイル等と組み合わせた革新的な学位論文を表彰しています。

ETD2008開催される

6月に英国スコットランドのRobert Gordon Universityで、電子学位論文(ETDs)の国際的ネットワークNDLTD(Networked Digital Library of Theses and Dissertations)が主催する電子学位論文国際会議2008(ETD2008)が開催されました。

プログラムや会議の様子が公式ブログやレポートで伝えられています。

ETD2008: Spreading the Light
11th International Symposium on Electronic Theses and Dissertations
http://www.rgu.ac.uk/etd/home/

ETD2008: Spreading the Light
http://etd2008.blogspot.com/

大学生・大学教員・大学職員合計2万人の電子書籍利用動向調査(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)が実施している、高等教育機関における電子書籍の利用動向調査プロジェクト“National e-books observatory project”の一環として、高等教育機関に所属する大学生・大学教員・大学職員合計2万人以上を対象としたベンチマーク調査が実施されました。この調査を受託したユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのCIBER(Centre for Information Behaviour and the Evaluation of Research)から、結果が報告されています。

・調査対象者の60%以上が電子書籍を利用していた。男性、大学院生以上の学生の利用が顕著に高かったが、フルタイムの学生であるか否かによる差、年齢による差は見られなかった。