アーカイブ - 2008年 4月 30日 - car

ALA、今夏の年次大会にゲーム・パビリオンを設置

米国図書館協会(ALA)が今夏に開催する年次大会(6月26日~7月2日、カリフォルニア州アナハイム)で、コンピュータゲームを始め、ボードゲーム、カードゲームなどに関連する企業が一堂に製品を展示する“Gaming Pavilion”を設置することにしたとLibrary Journal誌が報じています。図書館におけるゲームの提供をいっそう促進することが目的だとのことです。

ALA Summer Annual Conference Debuting Gaming Pavilion - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6555752.html

参考:
E693 - テレビゲームを図書館サービスの1つに
http://current.ndl.go.jp/e693

デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会(第1回)

政府の知的財産戦略本部内に置かれた「デジタル・ネット時代における知財制度専門調査会」の第1回会合が、4月24日に開催されています。この資料が、同本部のウェブサイトで公開されています。

この専門調査会は、契約ルール、法制度等の知財制度が、「社会全体としてデジタル情報やネットの機能を十分活用しうる環境」を提供できていないのではないかという懸念のもと、デジタル・ネット社会における著作権制度の役割の捉え方、デジタル・ネット社会の進展の中で著作権制度が不適合を起こしている点の調査・分析を行うとしています。図書館に関連するトピックとしては、

・研究開発等を目的とするデジタル著作物のインターネット等を通じた収集、共有、保存等の在り方

・図書館等における情報のデジタル化や、大学におけるe ラーニング等、デジタル環境を活用した教育・文化事業の円滑な展開を促すための法的対応

SCONULとJISC、図書館システムに関する調査報告書を刊行(英国)

英国国立・大学図書館協会(SCONUL)と英国情報システム合同委員会(JISC)が共同で委託して実施した、英国の大学図書館向け図書館システム市場の現状と課題に関する調査の報告書を刊行しました。

今年の「コミックが無料でもらえる日」には日本のマンガ等も登場

主に米国で、コミックブック専門書店や協賛する図書館等がコミックブックを無償で配布する“Free Comic Book Day”が、2008年も行われます。今回は5月3日の土曜日です。今年は『週刊少年ジャンプ』の特別版や1970年代の劇画、日本産のテレビゲームのキャラクターを主人公にしたコミックなど、日本のマンガ等も登場しています。

Free Comic Book Day May 3rd 2008
http://www.freecomicbookday.com/

参考:
今年も「無料でコミックがもらえる日」開催
http://current.ndl.go.jp/node/5770

E490 - 無料でコミックがもらえる日(米国)
http://current.ndl.go.jp/e490

SPARCとScience Commons、大学等の組織向けOAポリシー策定ガイドを公表

SPARCと、クリエイティブ・コモンズによる研究成果の可視性を高めるための一連のプロジェクト“Science Commons”が、大学の学部等が所属する研究者の研究成果についてのオープンアクセス方針を策定・制定するときに役立つガイド“Open Doors and Open Minds: What faculty authors can do to ensure open access to their work through their institution”を公表しました。これは、ハーバード大学文理学部が2008年2月にオープンアクセス方針を採択した例を参考に、オープンアクセス方針を策定・制定する際に考慮すべきこと・実施すべきことをまとめ、制約の強さが異なる3つのライセンスモデルを提起しています。巻末には、「組織内部の支持者・推進者を認識すること」から始まる、方針を策定するための10ステップがリストアップされており、機関リポジトリに関して大学(あるいは組織内の)図書館と協同することも挙げられています。機関リポジトリへの掲載の義務化も勧告されています。

SPARC EuropeとDOAJがOA誌の著作権・メタデータの標準化に着手

SPARC Europeとルンド大学のDOAJ(Directory of Open Access Journal)が4月25日、オープンアクセス誌の「印(seal)」を制定すると発表しました。これは、オープンアクセス誌の利用/再利用に関して誤解・混乱が少なからずあることを踏まえ、著者・利用者(図書館を含む)・出版者にとってわかりやすい形で利用方法を明示するものです。具体的には、クリエイティブ・コモンズの「表示(By)」ライセンスを適用することが求められています。また同時に、より可視性を高めるべく、全記事のメタデータをOAIに準拠した形で提供することも求められています。

オランダSURFのDAREマネージャがSPARC Europeの賞を受賞

オランダSURF財団でオープンアクセス運動、機関リポジトリネットワークの中心的役割を務めたLeo Waaijers氏が、SPARC Europeが主催する2008年度の「学術コミュニケーションにおける際だった功績に対する賞」を受賞しました。

Leo Waaijers氏はこの数年、DAREプロジェクトの推進、オランダ全大学リポジトリのネットワークDAREnetの構築、国のトップ科学者へのプロモーション"Cream of Science"、1年間で10万件のコンテンツ達成を目指すhunDAREd thousandプロジェクト、学位論文ポータル"Promise of Science"、ヨーロッパ全域への拡大DRIVERプロジェクトと、次々とリポジトリ政策、OA推進策を打ち出してきました。

SPARC Europe Award 2008 for Leo Waaijers

ジョージア州立大学のE-Reserves、著作権侵害で訴えられる

Oxford University Press、Cambridge University Press、SAGE Publicationsの3出版社は、米国出版社協会(Association of America Publishers :AAP)の支援を受けて、米ジョージア州立大学(Georgia State University)が学生向けにデジタル授業教材を提供している電子リザーブ(E-Reserves)が著作権を侵害しているとして提訴しました。

Georgia State University Sued Over E-Reserves
http://www.libraryjournal.com/info/CA6552504.html#news1