アーカイブ - 2008年 4月 21日 - car

北欧諸国の図書館の協同による人文科学の主題リポジトリ“hprints”

デンマークから王立図書館やコペンハーゲン大学人文学部、ノルウェーからオスロ大学図書館、スウェーデンからルンド大学図書館などが参加して、人文科学の主題リポジトリ“hprints”を立ち上げました。プラットフォームは、フランスの研究機関が協同で運営しているHAL(Hyper Articles en Ligne)を利用しているとのことです。

hprints & humanities
http://www.hprints.org/

HAL
http://hal.archives-ouvertes.fr/

April 19, 2008付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2008/04/hprints.html

人文科学のOAコンソーシアム“Open Humanities Press”

人文科学の研究に不可欠な批判的資料へのアクセシビリティの不平等さが拡大していっている現状を打破すべく、哲学、カルチュラル・スタディーズ、ニューメディア、映画、文芸批評などの分野のオープンアクセス誌がコンソーシアム“Open Humanities Press”を立ち上げました。現在雑誌は刊行準備中とのことで、ウェブサイトには主旨・概要・FAQとともに、編集委員会のメンバーの名前が記されています。なお、このOpen Humanities Pressは、読者のみならず、著者からも費用を徴収しない形で運営するとのことです。

Open Humanities Press
http://openhumanitiespress.org/

April 18, 2008付けPeter Scott's Library Blogの記事

アースデーを前にLCがレファレンス・ガイドを公開

米国議会図書館(LC)が、4月22日の「地球環境を考える日」アースデー(Earth Day)を前に、地球環境や生態系に関するオンライン情報源を集めたレファレンス・ガイドを公開しました。LCでこれまで開催された、関連するトピックの講演会のウェブキャストもリストアップされています。

Earth Day. Science Reference Guide, Library of Congress
http://www.loc.gov/rr/scitech/SciRefGuides/earthday.html

Science Reference Guides
http://www.loc.gov/rr/scitech/sci-ref-guides.html

Encyclopædia Britannicaの項目を無料で提供するウィジェット

百科事典“Encyclopædia Britannica”を提供しているEncyclopædia Britannica社が、ブロガー、ウェブマスターを含むインターネットで執筆活動を行っているウェブ出版者に対し、無料の利用者登録により、Encyclopædia Britannicaの項目の全文を閲覧できるウィジェットを提供するサービス“Britannica WebShare”を開始しました。このウィジェットにより、一般のブログ読者もEncyclopædia Britannicaの項目の記事を全文、見ることができます。

Encyclopædia Britannica WebShare
http://britannicanet.com/

Britannica Widgets
http://britannicanet.com/?page_id=26

東京大学図書館情報学研究室、学園祭で“Libook cafe”を開店

東京大学図書館情報学研究室が、2008年5月24~25日に開催される大学の学園祭で、「場所としての図書館」をコンセプトとしたブックカフェ“Libook cafe”を開店すると発表しています。それと連動した企画として、「あなたの好きな図書館の風景」の写真(画像データ)も募集しています。

Libook cafe 2008
http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/libookcafe08/

参考:
CA1580 - 動向レビュー:「場所としての図書館」をめぐる議論 / 根本彰
http://current.ndl.go.jp/ca1580

新しいメタデータスキーマ“textMD”

テキストベースのデジタルオブジェクトを対象とする技術メタデータの新しいスキーマとして“textMD”が登場しました。“textMD”は主に、METSの管理メタデータの拡張スキーマとして役立てることができます。一方で単独でも存在可能で、将来的にはPREMISが策定する保存メタデータスキーマの要素として利用できるものとされています。“textMD”はもともとニューヨーク大学の電子図書館チームにより開発され、現在のバージョン2.2までは同大学で管理されてきましたが、2007年の10月より、米国議会図書館(LC)がその役を引き継いだということです。

New metadata schema – textMD
- Cataloging Futures 2008/4/18付け記事

米アリゾナ州メサでメディアスペシャリストのポストが廃止?

米国アリゾナ州メサの公立学校で、今後3年間学校図書館メディアスペシャリストのポジションが廃止され、その代わりに「サポートスタッフ」を置くという決定がなされようとしています。これは、生徒数の減少と赤字改善のため大幅に削減された予算への対応策の一環だということです。今回、公立学校担当当局によって打ち出されたこの方向性は図書館関係者に驚きを持って迎えられ、アリゾナ図書館協会の元会長などをはじめとして、メサの学校図書館員への支援を呼びかけ、次回教育委員会でのリストラの決定に対抗しようという動きが高まっています。

Mesa Schools to Eliminate All Certified Librarians
- American Libraries 2008/4/18付け記事

物質・材料研究機構とMax Planckがデジタルリポジトリシステムの共同研究開発協定を締結

独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)とMax Planck Digital Libraryが、デジタルリポジトリシステム構築についての共同研究協定を締結したと発表しています。

3年間の共同研究を通じて、著作権利管理や利用管理を包含しながら、研究成果を登録と同時に世界に向けてダイナミックに発信できる、「見える」デジタルライブラリーの仕組みをオープンソースとして開発するとしています。

NIMSとMax Planck Digital Libraryがデジタルリポジトリシステム開発について研究協力協定を締結 - 物質・材料研究機構
http://www.nims.go.jp/jpn/news/press/press229.html

日本出版インフラセンター、コミックの万引き防止に電子タグの導入を提言

日本出版インフラセンターは、書店における電子タグ(ICタグ、RFID)の導入の効果とコストについて調査・実験を行い、結果を発表しています。

書店と古書店に電子タグを導入するシュミレーションから、換金目的の万引きを阻止する効果が期待できると結論付けられ、まずは万引き被害の大きいコミックから電子タグを装着していくべきと提言されています。

書店万引き調査等結果概要 - 日本出版インフラセンター
http://www.jpo.or.jp/topics/20080326-jpoinfo.pdf

「書店での万引き防止にぜひICタグ張り付けを」、大手書店など15社が表明 - ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080327/297305/?ST=system

参考: