アーカイブ - 2008年 4月 2日 - car

英米が協同でシェークスピアの全戯曲をデジタル化へ

英国の情報システム合同委員会(JISC)と米国の全米人文基金(NEH)とが今年から創設した大西洋横断(transatlantic)デジタル化共同基金の助成を経て、英国オックスフォード大学ボドリヤン図書館と米国フォルガー・シェークスピア図書館(実業家フォルガー氏の寄付による研究/教育図書館)とが協同して、1641年以前に刊行されたシェークスピアの全戯曲75点を2008年4月から1年間でデジタル化し、無料公開すると両館から発表されました。

The worldwide collection of Shakespeare Quartos will become available online - Oxford University Library Service
http://www.ouls.ox.ac.uk/news/2008_mar_26

NIHパブリックアクセス方針を遵守するための著作権戦略は?

2008年4月7日から、米国国立衛生研究所(NIH)の新しいパブリックアクセス方針が施行されます。これを前に、北米研究図書館協会(ARL)が、このパブリックアクセス方針を遵守するために著者が取るべき3つの戦略について述べた論文“Managing Copyright for NIH Public Access”を公開しました。この論文は本来、2008年6月に刊行予定の“ARL: A Bimonthly Report, no. 258”に掲載される予定のものですが、時宜を考慮してプレプリントを先に公開したとのことです。本文は6ページで、巻末に出版社への手紙のサンプルがつくなど、実践的な内容となっています。

Preprint article from ARL: A Bimonthly Report, no. 258 (June 2008)

JISC、2007デジタル化会議のブリーフィングを公開

英国情報システム合同委員会(JISC)が2007年7月に英国ウェールズのカーディフで開催した、デジタル化に関する国際会議のブリーフィングを公開しています。

JISC Digitisation Conference 2007 briefing
http://www.jisc.ac.uk/Home/publications/publications/bpdigiconf07.aspx

EBSCO社、人間と環境に関する学術文献DBを無料公開

EBSCO社が、「地球温暖化」「リサイクル」「代替燃料」など、人間と環境をテーマとした農学・教育学・法律・健康科学・技術などの学術情報/政府情報を集めてデータベース化した“GreenFILE”を無料公開しました。開始段階で600誌以上の論文情報、計295,000件を提供するとのことです。またこのうち4,600件は、オープンアクセス誌のもので、本文まで参照できるとのことです。

GreenFILE
http://www.greeninfoonline.com/

March 30, 2008付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2008/03/greenfile-via-ebsco.html

自民党の政策提言「デジタル・アーカイブの推進に向けた申入れ―「デジタル文明立国」に向けて―」

自由民主党政務調査会デジタル・アーカイブ小委員会が、政策提言「デジタル・アーカイブの推進に向けた申入れ―「デジタル文明立国」に向けて―」を取りまとめ公開しています。

提言では、電子公文書に対応した公文書管理制度の創設、デジタル時代に対応した国立国会図書館の機能の強化(国立国会図書館のウェブアーカイブの本格実施のための法制度の実現、全国図書館のデジタル・アーカイブの統合化)、国家戦略としての取り組み強化(「デジタル情報資源戦略」の策定、「国立デジタル・アーカイブ」構想の一層の推進)といったテーマが取り上げられています。

デジタル・アーカイブの推進に向けた申入れ―「デジタル文明立国」に向けて―
http://www.noda-seiko.gr.jp/column/?catid=15&itemid=193

参考:
NDLの“PORTA”に新たな検索対象と機能が追加

講談社、発行コミック誌のポータルサイトのベータ版を開設

講談社が、同社が発行するコミック16誌のポータルサイト「講談社コミックプラス」のベータ版を開設したということです。掲載コミック誌、ISBN等からもコミックの検索ができる機能、任意のタグをクリックすることで、関連するキーワードや作品を表示してくれるという「直感ナビ」、コミック303点(随時拡大の予定)の試し読みといったサービスが提供されています。

講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/

講談社、コミック16誌のポータルサイトをベータ公開
- INTERNET Watch 2008/4/1付けの記事
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/04/01/19030.html