アーカイブ - 2008年 4月 1日 - car

エル・ネット、インターネットに移行

衛星通信を利用して、教育・文化・スポーツ・科学技術等に関する情報を、約350館の図書館を含む全国約2,000機関に発信していた文部科学省の事業「エル・ネット」が、2008年度から新たにインターネットに移行しました。

エルネット・システム
http://www.elnet.go.jp/

教育情報通信ネットワーク(エル・ネット)の運用について - 文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/elnet/index.htm

参考:
エル・ネット事業が2007年度で終了
http://current.ndl.go.jp/node/7518

BL、無料で無線LAN提供の予定

英国図書館(BL)はセント・パンクラス館において、2008年10月から無料で無線LANの提供を開催する予定であることを発表しました。このサービスはまず、6か月の期間限定で実験的に提供されるということです。

BLのニュースリリース
http://www.bl.uk/news/2008/pressrelease20080331.html

「ウィキペディア」への登録項目の総数が1,000万件を超える

2008年3月27日、無料のオンライン百科事典「ウィキペディア」に登録されている記事(250言語のすべてを含む)を合わせた総数が1,000万件を超えたということです。

Wikipedia Hits Milestone of Ten Million Articles Across 250 Languages
http://wikimediafoundation.org/wiki/Press_releases/10M_articles

「ウィキペディア」の項目総数が1000万件を突破
- CNET Japan 2008/3/31付けの記事
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20370504,00.htm

DPE、デジタルリポジトリ企画のためのツールキット“PLATTER”を公表

DigitalPreservationEurope(DPE)は、信頼できるデジタルリポジトリを企画するためのツール“PLATTER: Plannning Tool for Trusted Electronic Repositories”を公開しました。デジタルリポジトリは、リポジトリへの登録者、資金提供者、エンドユーザーといったステークホルダーにより、重要な電子資源の管理を信任されており、またその信任を監査によって証明していく必要があります。“PLATTER”は、監査に備えて、目的や達成目標を進展させていくためにはどのようにリポジトリを企画・運営していけばよいのか、というプランニングに役立つツールキットだということです。