アーカイブ - 2008年 2月 29日 - car

研究推進のため、Yahoo!が検索語データをNIIへ提供

ヤフー株式会社が国立情報学研究所(NII)に対し、「Yahoo!検索」の検索語データを研究用に無償提供することが発表されました。これほど大規模な検索語データの研究利用は国内初となるそうです。文部科学省が補助するプロジェクト「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」に参加し…

Google時代の図書館建築とは?

米国のウェブ版日刊誌“Slate”に、グーグル時代の公共図書館建築をテーマにしたスライドショー型エッセイが掲載されています。スライドショーでは、全米各地の有名な図書館の建築を引き合いに出しながら、建物の歴史的経緯や構造などについて説明しています。スライドの最終ページでは…

OpenIDファウンデーション・ジャパンが設立へ

シックス・アパート、日本ベリサイン、野村総合研究所の3社が発起人となり、米OpenID Foundationの日本支部として、OpenIDファウンデーション・ジャパンが2008年4月に設立されることになったそうです。活動目的は、インターネットサービスへのOpenID活用促進、認知度向上と啓蒙などとなっています…

中国国家図書館がWorldCatに書誌レコードを提供

中国国家図書館(NLC)がOCLCのWorldCatに書誌レコードを提供する予定であることが、OCLCにより発表されています。NLCは今後、レコードのフォーマットをWorldCat用に変換するソフトウェアを開発し、フォーマットの変換後は、150万ほどのレコードが2008年中にOCLCに送られるということです。WorldCatでは、これらのレコードを漢字で表示する予定です。2008年以降も、NLCではフォーマットの変換を済ませたものから、レコードを追加していくということです。

中国国家図書館
http://www.nlc.gov.cn/GB/channel1/index.html

OCLCのニュースリリース