アーカイブ - 2008年 2月 14日 - car

ランダムハウス社が章単位での書籍販売を試験的に開始

米国の出版大手、ランダムハウス社が章単位での書籍販売を試験的に開始したということです。今回試験的に販売されている書籍は、6章とエピローグからなり、内容がそれぞれに独立しているために、個別販売に向いていると判断されたということです。なお、1章あたり3ドル弱(約300円)で販…

BL、無料で電子版バレンタインカードを提供

英国図書館が、バレンタインデーにあわせ、電子版バレンタインカードを無料で提供しています。デザインは12パターンあり、メッセージを添えて相手に贈ることができます。Free e-cards from the British Library – BLのニュースリリースhttp://www.bl.uk/ecards/index_valentine.html

DCC、リポジトリに関する調査報告書を公表

英国のデジタルキュレーションセンター(DCC)が、「リポジトリと関係サービスの基準に関する調査研究」など、3点の研究成果を公開しています。いずれも、アムステルダム大学出版会から刊行されています。Investigative Study of Standards for Digital Repositories and Related Serviceshttp://dare.uva.nl/document/93727A D…

情報の科学と技術 58(2)

情報の科学と技術Vol. 58 (2008), No.2http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html特集=「分類をみつめなおす」 図書館・情報サービスにおける分類的思考の意義 山崎 久道生物を分類するとはどういうことか 馬渡 峻輔ICONCLASS:イコノグラフィー的分類システム 鯨井 秀伸HRAFと国立民族学博物館所蔵図書…情報の科学と技術
Vol. 58 (2008), No.2
http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html

特集=「分類をみつめなおす」

図書館・情報サービスにおける分類的思考の意義
山崎 久道

図書館界 59(5)

『図書館界』59巻5号(通巻338号)January, 2008http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v59/cont5.html《現場からの提言》吉田 昭 つくば市立中央図書館のボランティア活動−再発足から3年を経過して− 《誌上討論》山口 源治郎 『市民の図書館』の歴史的評価をめぐって−誌上討論「現代社会において公立図書館の…『図書館界』59巻5号(通巻338号)January, 2008
http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v59/cont5.html

《現場からの提言》
吉田 昭
つくば市立中央図書館のボランティア活動−再発足から3年を経過して−

《誌上討論》
山口 源治郎

ハーバード大学文理学部、全会一致で研究成果のOA化を義務化

米国ハーバード大学文理学部(Faculty of Arts and Sciences)が2月12日、投票の結果全会一致で、研究成果の著作権を著者に保持するとともに、それを大学図書館の機関リポジトリに投稿し一般公開するよう義務付ける決議を採択したと発表しています。ただし、Library Journal誌の記事によると、この規定…