アーカイブ - 2008年 10月 29日 - car

個人情報保護に熱心なブラウザソフトはどれ?

米国のインターネット関連の研究機関“Center for Democracy and Technology”は、MozillaのFirefox、MicrosoftのInternet Explorer、GoogleのChrome、AppleのSafariという、人気が高いブラウザソフトを対象に、それぞれの個人情報保護対策(プライバシーモード、Cookie管理、オブジェクトコントロール)を比較する報告書を発表しました。報告書によると、各社は個人情報保護対策にそれぞれ熱心に取り組んでおり、今では利用者は、自分が好む個人情報管理を行っているブラウザを選択することができるようになっているということです。

Internet Browsers Increasingly Competing on Privacy Controls

Googleと著作者団体・出版社団体との合意をBook Search参加大学も歓迎

Google社と著作者団体“Authors Guild”および米国出版社協会(AAP)との間で成立する見込みの和解・合意について、Google Book Searchに参加しているカリフォルニア、スタンフォード、ミシガンの3大学が協同で、これを支持・歓迎するコメントを出しました。

Major universities see promise in Google Book Search settlement
http://www.ns.umich.edu/htdocs/releases/story.php?id=6807

またミシガン大学図書館は、この和解・合意と同館のGoogle Book Searchへの取り組みに関するFAQを作成したほか、図書館長がブログで図書館に関連する要点を整理した上で、大変素晴らしいことだとコメントしています。

米国の地域図書館ネットワークPALINET、Internet Archiveと協同で地域資料を大規模にデジタル化へ

米国の中部大西洋沿岸(デラウェア、メリーランド、ニュージャージー等)の600以上の図書館が参加している地域図書館ネットワーク“PALINET”が、アルフレッド・スローン財団からの助成も得て、Internet Archiveと協同の大規模デジタル化事業を行うことを発表しています。予定しているのは全体でおよそ6万冊で、各参加館は、地域にとって意義のある固有の資料を選択・提供するよう、強く要請されているとのことです。

PALINET Launches Mass Digitization Collaborative
http://www.palinet.org/documents/press/PR-MDC-20008.pdf

Google、著作者団体・出版社団体と和解-著作権保護期間内の書籍もBook Searchで提供へ

Google社が2008年10月28日、かねてより同社のBook Search事業を訴えていた著作者団体“Authors Guild”および米国出版社協会(AAP)と、著作権保護期間内にある書籍についてもBook Searchで提供することで合意したと発表しました。裁判所に認められ次第、和解が成立することになります。

これにより、Google Book Searchには、新たに「購入」というオプションが加わります。購入により、著作権保護期間内にある書籍についても全文にアクセスできるようになります。図書館や大学等の機関単位での購読契約オプションもあります。この購入オプションは、さしあたっては米国のみとなっていますが、Google社は「将来的には各国の業界団体や個々の権利者と協力して、この契約がもたらすメリットを世界中のユーザーに広めたいと考えています」としています。

ユタ大学図書館、OCLCの電子図書館用ソフトを機関リポジトリ用に拡張するOSSを開発

米国ユタ大学のマリオット図書館が、OCLCが開発した電子図書館用デジタルコレクション管理ソフト“CONTENTdm”を機関リポジトリ用に拡張するオープンソースソフトウェア“U-SKIS”を開発し、導入しています。同ソフトはすでにダウンロード可能となっており、紹介記事をOCLCがウェブサイトに掲載しています。

University of Utah’s open source workflow software [OCLC]
http://www.oclc.org/news/announcements/announcement306.htm

Institutional Repository | The University of Utah
http://uspace.utah.edu/

クラウドコンピューティングが高等教育に与える影響は?-EDUCAUSEの研究書『塔と雲』

情報技術の活用を推進し高等教育の向上を目指している米国のNPO・EDUCAUSEが、ネットワーク情報経済の登場、とりわけクラウド・コンピューティングの登場により、高等教育がどのような影響を受けているのかについて考察した研究書『塔と雲(The Tower and The Cloud)』を刊行しています。電子書籍版もあり、オンラインで読むことができます。

The Tower and The Cloud | EDUCAUSE
http://www.educause.edu/thetowerandthecloud/133998

October 28th, 2008付けDigitalKoansの記事

ハロウィン特別企画「幽霊の出る図書館」(米国)

Encyclopaedia Britannicaのブログで、米国図書館協会(ALA)のエバーハート(George Eberhart)氏が、ハロウィン特別企画として「幽霊の出る図書館(Haunted Libraries/Library Ghosts)」を紹介する連載を行っています。連載期間は2008年10月27日から31日までの1週間で、順に米国各地域(北東部、中西部、南部、西部)と紹介した後、31日には世界の「幽霊の出る図書館」が紹介されます。ちなみにこの企画、昨年も行われ好評を博したため、再度、情報を新規に追加・更新して行われることになったとのことです。

Ghosts in the Library! (The Haunted Library Series is Back) | Britannica Blog