アーカイブ - 2008年 10月 23日 - car

「場所としての図書館」文献ガイド(英国)

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)が、「場所としての図書館(Library as place)」に関する文献ガイドを作成・公開しています。オンラインで無料で見られるものも、いくつか含まれています。

CILIP | Executive Briefing - Library as Place
http://www.cilip.org.uk/NR/exeres/241CC0F8-FD37-49BC-9BB9-2855D949A5FE

参考:
CA1580 - 動向レビュー:「場所としての図書館」をめぐる議論 / 根本彰
http://current.ndl.go.jp/ca1580

戦略的に機関リポジトリを運営する―意思決定者向けの報告書

非営利の研究組織であるRANDは、英国の3つの高等教育機関に対するケーススタディを基に、「リポジトリの持続性に対し、機関はどの程度戦略的に関与しているか」「リポジトリを支持する上での、それぞれのステークホルダーのモチベーションは何か」「機関の戦略のなかにリポジトリを包摂する際の障壁は何か」「高等教育機関におけるデジタル資産としてリポジトリを戦略的に提供し、維持していくためには、どういった方法が適しているか」などを明らかにした報告書を発表しました。この報告書は特に、高等教育機関の意思決定者にとって有益なものとなっているということです。

Embracing the future; Embedding digital repositories in the University of London

BLの音声資料を活用した研究を応援する奨学金“Edison Fellowship”

英国図書館(BL)は2009年9月から2010年8月までの期間、同館所蔵の音楽資料を活用した研究(クラッシク音楽のレコードの歴史研究、パフォーマンス中音楽のレコードの歴史研究)に対し、奨学金を提供するということです。奨学金の対象者となった特別研修員は、音楽資料担当職員の専門知識やスキルを活用できるほか、研究用専用スペースの確保、所蔵資料・データベースの利用、BLショップでの割引、ロンドンの国立美術館・ギャラリーの無料利用、といった特権を与えられます。2009年2月まで、この奨学金への応募を募集しています。

Edison Fellowship
http://www.bl.uk/reshelp/findhelprestype/sound/classmusic/edison/edisonfellowship.html

ARL、2007-2008年の給与調査結果を発表

北米研究図書館協会(ARL)が、2007-2008年の給与調査の結果を公表しています。大学に設置されている研究図書館113館の専門職員の平均は、61,833ドル(約600万円)で、前年と比べて約3.7パーセントの上昇を示しているそうです。

ARL Annual Salary Survey 2007–08 Published
http://www.arl.org/news/pr/salary-survey-21oct08.shtml

ARL Annual Salary Survey 2007-08
http://www.arl.org/stats/annualsurveys/salary/arl-annual-salary-survey-2007-08.shtml

eラーニングの次はmラーニング-JISCの携帯電話専用研修サイト、賞を受賞

英国情報システム合同委員会(JISC)は子会社のJISC Collections社を通じて、2007年から、生涯教育(Further Education)の支援の一環として、ヘアドレッシング(hair dressing)・整髪技術を学ぶことができるカレッジの学生向けに、無料で学べるオンライン研修ツール“Hairdressing Training”を開発・提供してきました。ロンドンで人気のヘアサロンを経営する現役の専門家が、各地のカレッジの教育プログラムを調査して、ウェブデザイナーと共に開発したというこのツールは、2008年2月に、携帯電話版も構築されました。

フランス国立図書館、WorldCatに書誌レコードを提供

フランス国立図書館(BnF)がOCLCに書誌レコードを提供することで合意したと、OCLCが発表しています。想定では、約1,320万件の書誌がOCLCに提供され、WorldCat上で利用できるようになるとのことです。

Bibliothèque nationale de France to add records to WorldCat
http://www.oclc.org/news/releases/200840.htm

参考:
OCLCのWorldCatにTRCが書誌レコードを提供
http://current.ndl.go.jp/node/7908

中国国家図書館がWorldCatに書誌レコードを提供
http://current.ndl.go.jp/node/7358

ドイツ国立図書館、WorldCatに書誌情報を提供へ

ニュージーランド国立図書館、「国民のネットワーク」事業のインパクト評価レポートを公表

ニュージーランド国立図書館が2007年9月から進めてきた「国民のネットワーク(people's network)」事業のインパクト評価レポートを公表しています。これは、全国の公共図書館から国民に対し、(1)インターネットへのブロードバンドアクセス、(2)ICT利用の研修、およびそれらを基盤として(3)デジタルコンテンツ、を提供するというもので、第1フェーズに参加した34図書館を対象として、プログラムの実態、利用者・ライブラリアンの意識などが調査されています。いくつかのケーススタディも紹介されています。

Aotearoa People’s Network Impact Evaluation 2008
http://www.peoplesnetworknz.org.nz/APN_Impact_Report.pdf

出版業界とともに機関リポジトリを評価するプロジェクトPEERがヨーロッパで始まる

欧州連合(EU)の支援を受けて、ヨーロッパ広域で、出版社と図書館、学会、研究所、研究助成団体などが協同で、機関リポジトリへの大規模なシステマティック・デポジットが、ヨーロッパの研究活動への読者のアクセスや著者のビジビリティ、ジャーナルの存続可能性などへどのような影響を与えるかを調査するプロジェクト"PEER"(Publishing and the Ecology of European Research)を開始しています。

参加しているのは、国際STM出版社協会(STM)、ゲッティンゲン州立・大学図書館、マックス・プランク協会(Max Planck Society)、SURF財団などで、2008年から2011年の間実施される予定になっています。