アーカイブ - 2008年 10月 22日 - car

JISCの調査レポート『データ・サイエンティストとキュレーターのスキル、役割、キャリア構造』

大容量のデジタルデータに基づく学術が注目を集める中、そのデータの作成、管理、保存等に関わる人々の役割、キャリアパス、研修等について現状を評価するとともに、将来に向けて課題を整理するという主旨の、英国情報システム合同委員会(JISC)の委託調査レポート“Skills, Role and Career Structure of Data Scientists and Curators - Assessment of Current Practice and Future Needs”が公開されています。

ここでは、データクリエイター、データサイエンティスト、データマネージャー、データライブラリアンの4つの類型を抽出し、英国における各々の役割、資格、キャリアパス、研修制度などが分析されています。

文化庁、著作物の意思表示システムに関する調査報告書を刊行

文化庁が、2007年度に実施した「著作物等のネットワーク流通を推進するための意思表示システムの構築に関する調査研究」の報告書を刊行、公表しています。

この報告書では、自由利用マーク、クリエイティブ・コモンズなど既存の意思表示システムの分析、オープンコースウェアや初等中等教育の取り組みにおける意思表示の実態などの調査をもとに、望ましい意思表示システムの構築方針とマークの類型、留意点、普及に向けた課題などが提示されています。

平成19年度著作物等のネットワーク流通を推進するための意思表示システムの構築に関する調査研究会報告書(平成20年3月)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/ishihyoji_20_03.pdf

参考:
文化庁、著作物等の保護と利用円滑化、著作権制度の改善等に関する調査研究報告書3冊を刊行

JISC、情報の「パーソナライゼーション」の活用に関するレポートを刊行

英国情報システム合同委員会(JISC)が、情報環境における「パーソナライゼーション(personalisation)」についての調査報告書を公表しています。パーソナライゼーションの概要と実態、概念・ニーズ・利点、アーキテクチャ、プライバシーに関する議論の論点と学生・教職員の認識、今後考えられる活用シナリオ、活用のためにすべきことなど、広範な角度から、今後のパーソナライゼーションの方向性について分析しています。

Developing personalisation for the Information Environment : JISC
http://www.jisc.ac.uk/Home/publications/publications/personalisationfinalreport.aspx

NII、学術機関リポジトリポータル"JAIRO"を試験公開

国立情報学研究所(NII)が、日本の学術機関リポジトリに蓄積された学術情報(学術雑誌論文、学位論文、研究紀要、研究報告書等)を横断的に検索できる、学術機関リポジトリポータル"JAIRO"を試験公開しています。JuNii+(試験公開版)の後継サービスとのことです。

10月現在、JAIROで84機関リポジトリ、約54万件のコンテンツが検索可能になっています。

学術機関リポジトリポータルJAIROを試験公開しました
http://www.nii.ac.jp/irp/2008/10/jairo.html

JAIRO: Japanese Institutional Repositories Online
http://jairo.nii.ac.jp/

参考:
NII、機関リポジトリポータル“JuNii+”を試験公開

ALA、機関誌“American Libraries”をオープンアクセス化

2008年10月14日の「オープンアクセスの日」を機に、米国図書館協会(ALA)が刊行している月刊の機関誌“American Libraries”が、2003年1月号からのすべての記事をオープンアクセス化すると発表しています。さしあたっては、ebrary社のウェブサイトで、同社のプラグインをインストールして見ることになりますが、2009年1月からはHTML版が公開されます。

またあわせて、会員限定で配信していたメールマガジン“American Libraries Direct”も、希望するすべての人が配信登録できるようになりました。

ALA | American Libraries lifts access restrictions

山口県立山口図書館、「この人におすすめ!私の読んだベスト3」を募集する企画を実施

山口県立山口図書館が、利用者数1500万人突破を記念して、県民から「この人におすすめ!私の読んだベスト3」を募集する企画を実施しています。

【募集】この人におすすめ!私の読んだベスト3 - 山口県立山口図書館
http://library.pref.yamaguchi.lg.jp/usr/event/osusumebest3_2008.htm

「この人におすすめ!私の読んだベスト3」投稿紹介
http://library.pref.yamaguchi.lg.jp/usr/event/mojikatsuji_osusumebest3_keiji.htm

金融不安下、人々はどんな本を読んでいる?(米国)

ロイター通信は、金融不安が広がる米国では、そうした社会情勢を反映して、売れ筋の本にも変化が表れていると伝えています。米の大手書店Borders Group社やAmazon社の関係者がロイター通信の取材に答えたところによると、過去の金融危機について書かれた本など米国社会の行く末を考えるヒントになるような本、推理小説など気晴らしになる本、料理本など節約につながる本、といったものが、ここ最近ではよく売れるようになったということです。

Cooking to thrillers: a crisis inspires book trends
- REUTERS 2008/10/20付けの記事
http://www.reuters.com/article/marketsNews/idUSN1641471120081020

国立国会図書館関西館で「ノーベル賞をうみだした原典」を展示

南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏の2008年ノーベル物理学賞受賞、下村脩氏の同化学賞受賞を記念して、国立国会図書館関西館では各氏の博士論文や、ノーベル賞の受賞論文の原典を総合閲覧室にて展示しています。

ノーベル賞をうみだした原典
http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/exhibition/exhibition_top.html#nobel_prize

国立国会図書館関西館へのアクセス
http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/visit_info/route.html