アーカイブ - 2008年 10月 17日 - car

日本財団が「日本に関する英文図書100冊」を海外に寄贈する事業を開始

日本財団(The Nippon Foundation)が、海外のオピニオン・リーダーや知識層(非日本専門家)の現代日本の実情理解促進を目的に、日本に関する英文図書を100冊厳選し、海外の団体や個人に寄贈する事業を開始しています。

現代日本理解促進のための図書寄贈事業~私たちが薦める100冊プロジェクト~
http://www.nippon-foundation.or.jp/inter/tosho.html

日本財団カタログ刊行 「日本の書籍100冊」紹介 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080927/acd0809270749003-n1.htm

医中誌パーソナルWebのお試しキャンペーン実施中

医学中央雑誌刊行会が提供する国内医学論文データベース「医中誌Web」の個人版「医中誌パーソナルWeb」が10月の1か月限定で月額基本料金無料キャンペーンを実施しています。

【医中誌パーソナルWebとは】【10月限定】無料お試しキャンペーン - 医学中央雑誌刊行会
https://www.so-net.ne.jp/medipro/touroku/jamas/howto.html

国内医学論文検索サービス 「医中誌パーソナルWeb」、「8時間コース月額基本料金無料キャンペーン」を10月1日より開始
http://japan.internet.com/release/4156.html

共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”について事務局長が語る

シカゴ大学など12大学によるコンソーシアム“Committee on Institutional Cooperation(CIC)”、カリフォルニアデジタル図書館(CDL)およびカリフォルニア大学の10大学図書館による図書館システムなど、合計 25の研究図書館は2008年10月13日、各図書館のデジタルコレクションを一堂に集めた共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”を立ち上げる と発表しました。このほど“HathiTrust”の事務局長(Executive Director)を勤めるミシガン大学図書館の司書、ウィルキン(John Wilkin)氏にLibrary Journal誌が取材を行っています。今回のプロジェクトに至るまでの経緯について、HathiTrustとGoogleはどの点でその取組みが一致し、また異なっているのかについて、技術開発について、著作権問題について、プロジェクトを持続可能とするための資金について、などの質問にウィルキン氏が答えています。

The LJ Academic Newswire Newsmaker Interview: John Wilkin, Michigan Associate University Librarian and Executive Director of HathiTrust

Googleブック検索に参加する出版社が2万社、1年で2倍に

英国のロイター通信が伝えるところによると、Googleブック検索に参加し、書籍のスキャニングを行っている出版社は2万社にのぼり、1年間で2倍の伸びを示したということです。ロイター通信の取材に答えたGoogleの関係者によると、Google Book Searchは100言語で100万冊以上の書籍を提供するという壮大な目標に向かって、今後も意欲的に活動を展開していくということです。またこの関係者によると、現在のところGoogleにはKindleのような電子書籍リーダーを開発する計画はないということです。

BOOKFAIR-INTERVIEW-Google doubles book-scan publisher partners
- REUTERS UK 2008/10/15付けの記事

映画”Hollywood Librarian”のDVDが発売開始

図書館、図書館員を題材にした米国の映画”Hollywood Librarian”のDVDが発売されています。現在のところ米国とカナダからの注文のみを受け付けていますが、間もなくそれ以外の国からも買うことができるようになるということです。

Hollywood Librarian
http://www.hollywoodlibrarian.com/index.html

参考:
映画“Hollywood Librarian”,全米禁書週間に併せて公開
http://current.ndl.go.jp/node/6384

NII、Open Access Day 特別セミナー「日本における最適なオープンアクセスとは何か?」の講演資料を公開

国立情報学研究所(NII)が2008年10月14日に開催した、Open Access Day 特別セミナー「日本における最適なオープンアクセスとは何か?」の講演資料が、公開されています。

SPARC Japan セミナー【Open Access Day 特別セミナー】
「日本における最適なオープンアクセスとは何か?」
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2008/20081014.html