アーカイブ - 2008年 10月 16日 - car

慶應義塾図書館、LibQUAL+による利用者アンケートを実施

慶應義塾図書館(慶應義塾大学メディアセンター)が、図書館サービス品質評価のための利用者調査アンケート"LibQUAL+(R)(ライブカル)"を実施しています。

LibQUAL+(R)は、北米研究図書館協会(ARL)が開発した、図書館サービスの品質評価のためのウェブアンケートで、世界中の大学図書館が参加しています。2008年は、日本から慶應大のほか大阪大学、金沢大学が参加しています。

図書館のサービスを評価してください!(ご協力のお願い)
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/news/#news_20081006_173504

LibQUAL+ 調査にご参加いただける皆様へ - 調査に関するQ&A
http://project.lib.keio.ac.jp/libqual/

LibQUAL+TM Participants

JST、2008年度の電子アーカイブ対象誌を発表

科学技術振興機構(JST)が、2008年度の電子アーカイブ事業対象誌を発表しています。本年度は和文誌48誌をはじめとする、181誌が選定されています。

電子アーカイブ事業「電子アーカイブ対象誌」における平成20年度の選定結果について
http://www.jst.go.jp/pr/info/info577/index.html

平成20年度電子アーカイブ対象誌 一覧
http://www.jst.go.jp/pr/info/info577/besshi.html

参考:JST、2007年度の電子アーカイブ対象誌を発表
http://current.ndl.go.jp/node/6251

Journal@rchive」に新たに収録される雑誌が選定される
http://current.ndl.go.jp/node/4340

2009年度電子ジャーナルの値上がり動向

ユサコ株式会社のUSACO New Media Newsで2009年度の外国雑誌価格値上がりの動向が連載されています。

2009年度:外国雑誌価格値上がり動向(その1))- USACO New Media News No 187{2008年8月号}
http://www.usaco.co.jp/new_media_news/un2fc187.html#1

2009年度:外国雑誌価格値上がり動向(その2)- USACO New Media News No 188{2008年9月号}
http://www.usaco.co.jp/new_media_news/index.html#2

参考:
2008年度電子ジャーナルの値上がり動向
http://current.ndl.go.jp/node/6701

OAに対する人文・社会科学系学会の調査に、メロン財団が助成

米国人類学会(AAA)をはじめとする、人文科学・社会科学系の9つの学協会が、学協会誌のオープンアクセス化に対する経済的問題の調査を行うための助成を、アンドリュー・メロン財団から得たそうです。
AAAのプレス・リリースによると、最終報告書を2009年第1四半期に公表するとのことです。

AAA Awarded Planning Grant to Examine Future of Scholarly Journals
http://www.aaanet.org/issues/press/Mellon-Grant.cfm

Mellon helps nine society publishers study their OA options
(Peter Suber Open Access News 2008年10月15日記事)

経済の混乱状況、図書館への寄付にも影響

American Libraries誌によると、経済の混乱は図書館経営にまで波紋を投げかけています。世界経済を襲った株式市場の損失などの影響で、図書館への寄付金額を減額する寄付主が現れ、十分な図書館の運営資金をまかなえなくなり、重役を解雇することで運営資金を節約する図書館も出始めているということです。一方でカリフォルニア大学バークレー校図書館のように、今行動を起こして事態に対応するのではなく、しばらくは状況を静観し、それから対策を練る、という図書館もあり、米国内の図書館もまた、経済の動向を見守っています。

Economic Uncertainty Spreads to Library Endowments
- American Libraries 2008/10/14付けの記事

英国図書館、2008年から2011年にかけての戦略を発表

英国図書館(BL)はこのほど、2008年から2011年にかけての戦略を発表しました。これは、2005年に発表された3か年戦略『図書館を再定義する』をベースにしており、前戦略と同様、学術研究や研究コミュニティに貢献することに特に重点が置かれています。この戦略でBLは、(1) 英国の電子出版物を広範囲に収集し、保存すること、(2) 利用者をBLのコンテンツに結び付けること、(3) 新聞のアクセスと保存を変容すること、(4) 革新的なサービスと統合的なプロセスによって、英国の研究活動を支援すること、(5) BLの電子的インフラを構築すること、(6) 書庫と物質的なコレクションの保存を統合すること、(7) 組織として発展すること、という7つの戦略的優先課題を挙げています。

BLのニュースリリース

OCLC、図書館に対する非英語資料の需要に関する調査結果を公表

OCLCが小・中規模の大学図書館、コミュニティカレッジ図書館、学校図書館、および公共図書館を対象に実施した、非英語資料への需要に関する調査結果が公表されています。
主な調査結果は以下の通りです。

・回答した公共図書館の約58パーセント、大学・コミュニティカレッジ・学校図書館(以下、大学・学校図書館など)の約48パーセントが、非英語資料への需要があると回答。

・資料のジャンルは、公共図書館では大人向けフィクション(86パーセント)、大人向けノンフィクション(79パーセント)、子ども向けフィクション(77パーセント)の順である。大学・学校図書館などでは、カリキュラム支援資料への要求が圧倒的に高い(67パーセント・2位の大人向けフィクションは39パーセント)。

NIIとJSTが電子ジャーナル化事業における連携・協力についての覚書を締結

国立情報学研究所(NII)と科学技術振興機構(JST)は、学術雑誌の電子ジャーナル化事業について、それぞれの運営するNII-ELS(CiNii)とJ-STAGE及びJournal@rchiveに関し、電子化の重複を回避し、両法人の連携・協力によりさらに多くの学協会誌等の電子ジャーナル化を推進することを目的とした覚書を締結しています。

国立情報学研究所(NII)と科学技術振興機構(JST)の学術雑誌電子化関連事業の連携・協力について
http://www.nii.ac.jp/nels_soc/2008/10/niijst.html
http://info.jstage.jst.go.jp/society/jst-nii/index.html