アーカイブ - 2008年 10月 14日 - car

学術出版社のオンライン出版に関するポリシーと実践に関する調査

英国の学会・専門協会出版協会(ALPSP)が、同協会加盟出版社およびその他の主要な協会に加盟する出版社、合計400社を対象に行った、オンライン学術出版に関するポリシーと実践に関する調査の結果を発表しています。全文の閲覧は有償ですが、主要な結果はプレスリリースの中で公開されています。

この調査は2003年、2005年に続く3回目のもので、調査対象には、商業出版社と非営利出版社の両方が含まれており、また英国外の地域の出版社も多く含まれています。回答率は65%を超えています。

・電子ジャーナルのオンライン入手可能性の成長曲線は、2003年以来堅調に上昇しているが、自然科学・工学・医学(STM)分野では96.1%のタイトルがオンライン入手可能であるのに対し、芸術・人文・社会科学分野では86.5%にとどまっているなど、学問分野による差が大きい。
・料金モデルは複雑化している。

ALPSP加盟出版社を対象としたデジタル保存に関する意識調査

英国の学会・専門協会出版協会(ALPSP)とPorticoが、ALPSP加盟出版社に対し実施した、電子ジャーナル・デジタルコンテンツの長期保存に関する取り組み・意識の調査の結果を発表しました。実施は2008年7月で、240社のうち68社(約23%)が全質問に回答しています。調査結果のすべてがPDFファイルで公開されています。

この調査によると、

・回答した出版社の大多数(91%)が、長期保存は解決すべき喫緊の課題であると認識していた。
・回答した出版社の68%が、保存に関する問題について自社はよく/適度に理解していると回答しているが、業界としてのベストプラクティス、標準の開発を、ほとんどすべての出版社が強く望んでいた。

「象は忘れない」-Google Book Searchをバックアップする共同デジタルリポジトリの名称が“HathiTrust”に

シカゴ大学など12大学によるコンソーシアム“Committee on Institutional Cooperation(CIC)”、カリフォルニアデジタル図書館(CDL)およびカリフォルニア大学の10大学図書館による図書館システムなど、合計25の研究図書館が2008年10月13日、各図書館のデジタルコレクションを一堂に集めた共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”を立ち上げると発表しました。

これは、Google Book Searchをバックアップする役割をも担っており、現段階では、各大学がGoogle Book SearchプロジェクトでGoogleとともにデジタル化した1,000万冊以上のコンテンツのうち200万冊、7.5億ページ以上を収録しています。このうち16%がパブリックドメインになっており、これらはオンラインで提供されます。また著作権保護期間内にあるコンテンツについても、オンラインでは提供しないが確実に長期保存していく対象として含まれています。なおHathiTrustには、Google Book Searchプロジェクト以外のコンテンツも含まれるとされています。

HathiTrust
http://www.hathitrust.org/

Launch of HathiTrust - October 13, 2008

LC、米国連邦議会の立法情報サイト“Thomas”にパーマリンク機能新設

米国議会図書館(LC)が運営する米国連邦議会の総合情報サイト“Thomas”に、パーマリンク機能が設置されています。所定の書式に引き続き、連邦議会の会期と法律案の略称を入力することで、呼び出すことができます。
Thomasのウェブサイトや検索結果から、パーマリンクを直接入手できませんが、Thomasの“help”機能で、詳細な解説がなされています。

書式:
http:// hdl.loc.gov/loc.uscongress/legislation.###( s | sjres | sconres | sres | samdt | hr | hjres | hconres | hres | hamdt )###

例:“Consolidated Appropriations Act, 2008”
http://current.ndl.go.jp/e741 参照)

文化審議会著作権分科会の2小委員会、意見募集を実施

文化庁の文化審議会著作権分科会の法制問題小委員会、過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会がそれぞれ、中間まとめ・中間整理への意見募集を実施しています。いずれも〆切は、2008年11月10日となっています。

文化庁 | 文化審議会著作権分科会「法制問題小委員会平成20年度・中間まとめ」に関する意見募集の実施について
http://www.bunka.go.jp/oshirase_koubo_saiyou/2008/chosakuken_hosei_ikenboshu.html

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会平成20年度・中間まとめ
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/bunkakai/26/pdf/shiryo_03_1.pdf

「オープンアクセスの日」にオープンアクセスについてブログで書くコンテスト

2008年10月14日はオープンアクセスの日(Open Access Day)です。Open Access Dayの運営に参加しているPLoS(Public Library of Science)が、この10月14日に、オープンアクセスに関してブログに書くよう、人々に呼びかけています。書くべき主要な内容として、以下の4点が挙げられています。

・オープンアクセスがあなたにとって重要である理由
・どのようにしてオープンアクセスを知ったのか?
・学術・医学研究が(世界のために)オープンアクセスであるべき理由
・あなたがオープンアクセスを支えるために行っていること、そして他の人ができること

エチオピアでロバ図書館をスタートさせた男性、CNNが選ぶ“Top Hero”にノミネート

米国CNNが選ぶ、2008年の“Top Hero”に、エチオピア出身のYohannes Gebregeorgis氏がノミネートされているということです。彼はエチオピアから米国へ政治亡命し、米国市民としてサンフランシスコ公共図書館で児童サービス担当の司書として働いていたものの、母国の子ども達の読書環境の不備を改善するため、エチオピアに戻り活動(ロバのブックモービル、英語とエチオピアの言葉の両方で読める児童書の刊行など)しています。

CNN’s Top Hero of the Year Includes Children’s Librarian
- School Library Journal 2008/10/10付けの記事
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6604432.html

参考:

東北大学の学生グループ、公共図書館のない福島県桑折町に「カフェ図書」をオープン

東北大学の学生グループ「仙台都市デザイン研究会」がこのほど、公共図書館がない福島県桑折町の蚕糸工場跡地に、カフェと図書館が融合した施設「カフェ図書plat」をオープンさせました。その詳細を河北新報紙が報じています。

カフェ図書plat(福島県桑折町):おいしいコーヒーと紅茶を桑折町で
http://cafe-tosho.net/

2008年10月9日付け河北新報の記事
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/10/20081009t63028.htm

ちなみに、この「カフェ図書」も含む、桑折町の地域活性化事業「街道を活かした桑折のまちづくり実践調査~歩いて楽しむために~」は、内閣官房地域活性化統合本部による2008年度の「地域の元気再生事業」の助成を得ています。

「地方の元気再生事業」選定結果

arXivの収録論文数が50万件を突破

物理学を中心としたプレプリントサーバ"arXiv"の収録論文数が、50万件を突破したと、現在"arXiv"を運営しているコーネル大学図書館(Cornell University Library)が発表しています。

Online Scientific Repository Hits Milestone
With 500,000 Articles, arXiv Established as Vital Library Resource
http://communications.library.cornell.edu/com/news/PressReleases/arXiv-milestone.cfm

The global-village pioneers
http://physicsworld.com/cws/article/print/35983

第2回「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」が発表

社団法人全国出版協会が、第2回「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」を発表しています。

「朝の読書大賞」は川井村立川井小学校(岩手県下閉伊郡)、石垣市立石垣中学校(沖縄県石垣市)、高知県立安芸中・高等学校(高知県安芸市)の3校が、「文字・活字文化推進大賞」は、家族で同じ本を読む「家読(うちどく)」を推進した佐賀県伊万里市が受賞しています。

第2回 高橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」発表
http://www.ajpea.or.jp/ajpea/takahashi/prize2008.html

石垣中に「朝の読書大賞」 全国出版協会 - 八重山毎日新聞
http://www.y-mainichi.co.jp/news/12066/
全国「朝の読書大賞」 石垣中に栄冠 - 琉球新報

英ウェールズ地方の図書館、盗難被害に悩む

Western Mail紙の調べによると英国ウェールズ地方の図書館では、この2年間で、10万冊の本が盗難に遭い、60万ポンド(約1億円)の損害が出ていることが、明らかになりました。盗難被害に遭っている資料には、『ハリー・ポッター』シリーズなど、人気のある児童書、健康に関する資料、小説などが含まれているということです。ウェールズ民族党の南ウェールズの会計主任は、被害額が大きく、インターネットの導入など図書館の他のサービスにかかる費用にも影響を及ぼしかねないとして、図書館に、蔵書を守るための行動を起こすこと、資料の返却を促進するため延滞料を免除すること、を要請しています。また地方政府が、図書館の盗難被害について詳しい情報を収集していないことを問題視しています。