アーカイブ - 2007年 9月 - car

9月 12日

大学図書館問題研究会、2007年の「大学図書館をめぐる動き」を公開

大学図書館問題研究会の第38回全国大会(2007年)が8月に神戸で開催されましたが、このときの討議資料として作成された、大学図書館をめぐる最近の動向をまとめた資料が公開されています。【討議資料】 大学図書館をめぐる動きhttp://www.daitoken.com/taikai/2007/tougi.html参考:大学図書館をめぐる…

9月 11日

総務省、「デジタル・ディバイド解消戦略会議」を開催

総務省が、2010年度までにブロードバンド・ゼロ地帯と携帯電話不感地帯をゼロにすることをめざし、具体的な施策の検討を行うための「デジタル・ディバイド解消戦略会議」の開催を発表しています。「デジタル・ディバイド解消戦略会議」の開催 - 総務省http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070911_1.html

文部科学省、「図書館職員の資格取得及び研修に関する調査研究報告書」を公開

文部科学省が、2007年に行った「図書館職員の資格取得及び研修に関する調査研究」の報告書を公開しています。なお、対象は公立図書館職員です。図書館職員の資格取得及び研修に関する調査研究報告書(平成19年3月) - 文部科学省http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/houkoku/07090599.htm

NEHとJISC、英米協同のデジタル化プロジェクトに助成

米国の全米人文科学基金(NEH)と英国情報システム合同委員会(JISC)が協同で、英米両国の研究者が協同して実施するデジタル化事業に73万ドルの助成を行うとし、対象者を公募しています。Transatlantic collaboration on digitisation becomes a realityhttp://www.jisc.ac.uk/Home/news/stories/2007/09/jiscneh.aspx

総務省、地方公共団体におけるウェブアクセシビリティに関するアンケート結果を公表

総務省が、全国の地方公共団体約1900団体に対して、ウェブアクセシビリティについてのアンケート調査を行った結果を公表しています。ウェブアクセシビリティのJIS規格や「みんなの公共サイト運用モデル」についてはある程度知られてきているものの、それらに沿った基本方針を定めたり具体…

Ariadne (52)

AriadneIssue 52, July 2007http://www.ariadne.ac.uk/issue52/DRIVER: Seven Items on a European Agenda for Digital Repositories Maurits van der Graaf ARROW and the RQF: Meeting the Needs of the Research Quality Framework Using an Institutional Research Repository David Groenewegen and Andrew Treloar Access to Scientific Knowledge for Sustainable Development: Options for Developing Countries Barb…

D-Lib Magazine 13(7/8)

D-Lib MagazineVol.13 No.7/8http://www.dlib.org/dlib/july07/07contents.htmlEnhancing Search and Browse Using Automated Clustering of Subject MetadataKat Hagedorn and Suzanne Chapman and David NewmanGovernment Information in Legacy Formats: Scaling a Pilot Project to Enable Long-Term AccessGretchen Gano and Julie LindenVIVO: Connecting People, Creating a Virtual Life Sciences CommunityMedha Devar…

OCLC Systems & Services 23(3)

OCLC Systems & ServicesVolume 23 Issue 3 2007 The flavors of open access Sha Li ZhangThe catalog's last stand Norm MedeirosPresidential libraries: merging public records and private lives Elizabeth Yakel“The great pig roast” Robert Fox Working through resistance to change by using the “competing commitments model” H. Frank CervoneDigital repository implementation: a tool…

英国公共図書館建築賞2007、ノミネート16図書館を発表

英国図書館情報専門家協会(CILIP)が、2007年の公共図書館建築賞の候補として16図書館をノミネートしました。各館ごとに、館内外の写真と動画が掲載されています。受賞者は、公共図書館委員会会議の出席者による投票と、ウェブでの投票で決まります。Public Library Building Awards - Delegates Choicehttp…

「読みやすい」コンピュータディスプレイ再考

Microsoft社の研究部門、Microsoft Researchがこのほど、紙とコンピュータディスプレイを比較して、「読む」という作業に向いているコンピュータディスプレイはどのようなものなのか研究した報告書を発表しました。報告書では、(1)紙、(2)2画面のデスクトップ型コンピュータディスプレイ、(3)水平の…

9月 10日

Project Shizuku、ウェブサイトリニューアル

情報処理推進機構 (IPA) の未踏ソフトウェア創造事業「未踏ユース」に選ばれた筑波大学図書館情報学専門学群の学生3名による次世代図書館情報システム「Project Shizuku」のウェブサイトがリニューアルされています。ブログも始まっています。Project Shizuku 〜次世代図書館情報システム〜http://www.sh

米国連邦の子どもへの投資総額は減少傾向

米国の経済・社会政策研究組織Urban Instituteがこのほど発表した報告書によると、1965年から2006年にかけて、連邦政府の教育・社会的サポート・就業サポートといった子どもに関わる分野への投資額は、GDPに比して減少傾向にあるということが明らかになったそうです。さらに、現行法下では、2007…

幼児期のテレビ視聴は注意力不足につながる可能性がある?

ニュージーランド、オタゴ大学の研究者が米国の小児科学の雑誌、PEDIATRICSに投稿した論文によると、幼児期からのテレビ視聴は子どもの注力不足に影響を及ぼす可能性が指摘できるということです。全文を無料でダウンロードすることはできませんが、要約は無料で利用できます。Does Childhood Tel…

米国のYahoo!に教師向けSNSサービスが登場

米国のYahoo!が、教師・図書館員が情報共有するためのSNSサービス、“Yahoo! Teachers”を開始しました。この新サイトは、授業の準備に役立てられるほか、教育家同士の協力を推進するものとして、期待されています。Yahoo! Creates Social Networking Site for Teachers- 9/4/2007,Library Journalの記事http://www.schoollibrary

10年後の図書館はこうなる?

ニュージーランド図書館情報協会(LIANZA)の年次大会が、2007年9月9日から12日までの日程で開催中ですが、ニュージーランド国立図書館はこの大会で、10年後の図書館像について意見募集をしています。年次大会の会議資料のなかに、“In 2017 libraries will be …”とだけ書かれた用紙が同封されてお…

発展途上国の研究のインパクトを高めるには?(南アフリカ)

Open Society Institute(OSI)が、南アフリカにおける学術出版についてのレビューを公表しています。国際的な環境の中におかれた南アフリカの研究成果発信のインパクトを高めるために、どのように学術出版を変えていく必要があるのか、について分析しています。Achieving Research Impact for Development: A …

9月 7日

Appleとスターバックスが提携して音楽ダウンロードサービスを開始

9月5日、Apple社とスターバックス社が提携し、スターバックスの特定店舗に入ると、無線通信機能を持つ音楽プレイヤー“iPod Touch”や携帯電話と一体化した音楽プレイヤー“iPhone”などを自動的に音楽提供サービス“iTunes Wi-Fi Music Store”と接続するサービスを提供すると発表しました。視聴は無…

京都国際マンガミュージアムの紹介記事

京都国際マンガミュージアムの紹介記事を、マイコミジャーナル誌が掲載しています。館内の様子やイベントのほか、資料へのビニールカバー掛けの様子なども紹介されています。まさに夢の図書館!! 京都国際マンガミュージアムに行ってきました - マイコミジャーナルhttp://journal.mycom.co.jp/article

日本の機関リポジトリの今2007

DRF(デジタルリポジトリ連合)の第3回ワークショップが、11月9日(金)に、図書館総合展のプログラムとして開催されます。倉田敬子・慶應義塾大学教授と逸村裕・筑波大学教授の基調講演、DRF参加大学による事例報告、学会・出版社とDRF関係者によるパネルディスカッションがプログラムに組…

第55回日本図書館情報学会研究大会

第55回日本図書館情報学会研究大会が、2007年10月13日(土)、14日(日)に鶴見大学で開催されます。 プログラムや発表要旨が公開されています。第55回日本図書館情報学会研究大会http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/seminar/docu/okada_lab/jslis55/

ページ