アーカイブ - 2007年 9月 4日 - car

図書館の投資利益率に関する利用者調査

マーケティング・コンサルティング企業Outsell社が2007年4月に実施した、図書館への投資利益率(return-on-investment:ROI)に関し、企業、政府機関、医療機関、教育機関の図書館利用者について質問した調査の結果の概要が、ウェブサイトで公開されています。図書館へのROIは高いと評価している利…

Mr.Library Manがあなたの質問に答えます?

カリフォルニア州モデストのマーク・トウェイン中学校の図書館員、Barker(Brad Barker)氏が、地元紙に“Mr.Library Manはあなたの率直な声と質問を待っている(Mr.Library Man wants you to speak up and ask questions)”というコラムを投稿し、ともすれば、唯一の楽しみが騒ぐ子どもに注意をすることという、厳…

2007年の全国図書館大会分科会の講師・発表者が発表される

2007年10月29日〜30日に開催される第39回全国図書館大会東京大会の分科会の講師・発表者が発表になっています。【22 新しいステップへ:公共図書館におけるビジネス支援サービス】では前鳥取県知事の片山善博氏(慶應義塾大学大学院法学研究科教授)が、【4 今、「本の読み方」を問う/著…

図書館職員の給与調査2007(米国)

米国図書館協会(ALA)関連専門家協会が、2007年の図書館職員給与調査を行いました。詳細な報告書は有償ですが、結果の概要はALAからプレスリリースの形で発表されています。・ALA認定の図書館情報学修士号(MLS)取得の図書館司書の平均給与は57,809ドル(約670万円)で、昨年より2.8%増加。回…

ランダムハウス社がFirst Bookに100万ドルを寄付

Frist Bookは、低所得層の子どもたちに自分だけの初めての新しい本を手に入れ、読む機会を与えてあげようという活動に取り組む米国の非営利団体ですが、このほど、米国の出版大手ランダムハウス社がFrist Bookに100万ドル(約1.1億円)の寄付を行ったそうです。出版社がこうした団体に寄付を行…

Google Scholarの学術雑誌電子化計画、静かに進行中

Google Scholarのデザイナー兼広報のアチャリヤ(Anurag Acharya)氏がInformation Todayのインタビューに答え、Google Scholarが現在取り組んでいる学術雑誌の電子化について語っています。同氏によると、デジタル化の機会が限られている米・西欧圏以外の学術雑誌に主にターゲットを絞り、論文全文を無料…

ジャクソン郡公共図書館、民間に委託して再開館?

財政難のため全公共図書館が閉鎖された米国オレゴン州ジャクソン郡で、図書館を民間企業“Library Systems & Services LLC(LSSI)”に委託して再開館する案が、8月21日に同郡の予算委員会で承認されました。LSSIとの契約は10月1日に予定されている郡政委員会で承認される必要がありますが、承認され…

BL、JISC Collectionに参加

高等/継続教育機関に代わってオンラインデジタルコンテンツの提供業者と交渉したり,調達業務を代行したりしているJISC Collection社(英国情報システム合同委員会(JISC)の子会社)の会員として、英国図書館(BL)が参加することになったと発表されています。JISC Collections Welcomes the British Libra…

DCMI、2008年からシンガポールを本部に

Dublin Core Metadata Initiative(DCMI)の2007年次大会が、2007年8月27日から31日まで、「アプリケーションプロファイル:理論と実践」をテーマに開催されました。この会議の場で、シンガポール国家図書館委員会(NLB)から、2008年からDCMIをシンガポールでNPO法人化し、NLBとパートナーシップを結んで活…

文化審議会著作権分科会 過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会(第7回)

文化庁の文化審議会著作権委員会に設置された「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会」第7回が、2007年9月3日に開催されました。文化庁のウェブサイトにはまだこの会議についての情報がありませんが、IT系ニュースサイトが委員会の様子を報じています。著作権の保護期間延長問題、…